正直、これさえあればいい。秋コーデに悩むメンズに向けたアイテム紹介&コーデ19例

この記事を書いた人
ジョン(仮)

もともとファッションメディアを中心に執筆活動を行っていましたが、予定調和的な記事を書くことに嫌気がさし、DARLに参加させていただく運びとなりました。 趣味は”価値転倒”です。既存のメディアとはまた違った、毒のある記事作成に努めていきたいと考えています。 ”Fair is foul, and foul is fair."

読書の秋、食欲の秋、そして、”ファッションの秋”…。

ファッションの秋とは言いませんが、夏場に比べて着用できるアイテムのバリエーションが増え、ファッションの自由度がより高まる季節が秋だというのは、洒落者でなくとも、誰もが認めるところだと思います。

とはいえ、一口に秋といっても、まだ夏の余韻が残る9月と冬に片足を突っ込んでいる11月とでは、当然着るべき服も変わってきますよね。

そこで本記事では、秋口のファッションを楽しむ上で必要なアイテムをご紹介。

先に結論めいたことを言ってしまうと、秋口のメンズファッションを楽しむ上での基本アイテムは、ズバリ「厚手のトップス」、「羽織りもの」、「ジャケット」です。

その3種類のアイテムさえ持っておけば、とりあえずは安心。秋口のコーデを制したといっても過言ではありません。

要約すれば、「トップスを制するものは秋コーデを制する」です。それでは一緒に見ていきましょう。

必ずワードローブに加えておきたい「厚手のトップス」

厚手のトップスは、9月の終わり頃から10月の中頃にかけて、メイントップスとして大活躍してくれるアイテム。もちろん寒さが厳しくなってきても、インナーとして大活躍してくれます。

厚手のトップスがなければ、秋コーデを楽しむことは不可能だと言ってもいいでしょう。夏場におけるTシャツみたいなものです。

①プルオーバーパーカー

まず持っておきたいのは、ラフな格好にうってつけの「プルオーバーパーカー」。デニムやチノパンと合わせるだけでコーデが完成してしまう。面倒くさがりには最適のアイテムです。

しかしながら、ただ単にラフなだけでなく、かっちりしたコーデにカジュアルな雰囲気を取り入れたい時など、全体の雰囲気を和らげる際にも活躍してくれるスグレモノ。グレーやネイビーなどのベーシックな色合いで、かつ無地のものをワードローブに加えておくのが吉ですよ。

パーカー選びの際にオススメのブランドは、チャンピオンと、カーハートWIP。前者はカジュアルな雰囲気、後者はストリートらしさを具えつつも、若干キレイめな雰囲気が魅力です。

②ニット

カットソーやスウェットに比べると上品な質感のものが多く、かつ防寒性も申し分なし。シンプルながらも、お手軽に上品な雰囲気を演出できるのが「ニット」です。

ハイゲージやミドルゲージのものを選べば、アウターと合わせても着膨れすることがない点も素晴らしいところです。シャツとの相性も非常に良し。

ニットでオススメのブランドは、マルタン・マルジェラのものとジョンスメドレーのもの。多少値段は張りますが、ベーシックなアイテムこそいいものを、というのがファッションにおける合言葉です。

一着あるだけでかなり助かる「羽織りもの」

Tシャツなどの上にサッと着用するだけで、一気に秋らしい雰囲気が高まる「羽織りもの」。

とりわけ9月下旬などの一日の寒暖差が激しい時には、容易に体温調節ができてしまうというのが嬉しいポイントです。

羽織りものは数多くあれど、とりあえずゲットしておくべきなのは「カーディガン」と「ジップアップパーカー」です。

①カーディガン

羽織りものの定番アイテムといえば「カーディガン」。Tシャツやシャツの上に羽織るだけで、上品でありつつもかっちりとしすぎない、絶妙な雰囲気を漂わせてくれます。

カーディガンのいいところは、デザイン性のあるものでも奇抜になりすぎないところ。シンプルなものも、もちろんいいのですが…。

個人的にオススメしたいのが、コムデギャルソンが展開しているデザイン性のあるカーディガン。メイントップスとしての活用はもちろん、シンプルなジャケットのインナーとして用いるのも格好いいですよ。

コムデギャルソン オムCOMME des GARCONS HOMME ウールローゲージニットカーディガン チャコール黒M位【中古】 【メンズ】
created by Rinker

②ジップアップパーカー

先ほどプルオーバーパーカーについて説明しましたが、他のアイテムとの組み合わせを考えた時には「ジップアップパーカー」も持っておいたほうがいいです。

シンプルなものを選べば、汎用性もすこぶる高し。コーデを程よくカジュアルダウンする際に非常に役立ちますよ。ジップアップパーカーでオススメのブランドは、Nハリウッドのもの。程よく身体にフィットするシルエットとフードの収まりの良さは、他のブランドと比較しても群を抜いています。

秋口のコーデを彩る「ジャケット」

秋が深まってくるにつれて必要になってくる「ジャケット」。

一口でジャケットといっても様々な種類のものが存在するので、ここではマストで押さえておきたいアイテムを紹介します。

①デニムジャケット

まずはじめは、問わず人気の「デニムジャケット」。定番アイテムにも関わらず意外と着こなしが難しいとされているアイテムでもあります。

デザインを注視せずに選んでしまうと野暮ったいものを引きかねないので、できるだけ細身のもので、できるだけ色の落ちていないものを選ぶのが、洗練された印象に仕上げるコツです。個人的にはA.P.C.のデニムジャケットがオススメです。

アーペーセー メンズ アウター ジャケット【New Raw Denim Jacket】Indigo
created by Rinker

②ミリタリージャケット

無骨なルックスで男らしい印象を強めてくれる「ミリタリージャケット」。元々は民間品ではなく、軍隊のために作られたものなので、機能性、耐久性共に抜群です。

ただカジュアルコーデに合わせると野暮ったい雰囲気を強めてしまうことになりかねないので、少しドレッシーなコーデに取り入れると、上手くバランスが取れますよ。ちなみにミリタリージャケットは古着屋でリーズナブルな価格で購入できる点も見逃せないポイントですよ。

③ライダースジャケット

重厚感漂うハードなルックスが特徴の「ライダースジャケット」。何気ないコーデに取り入れるだけで、グッとワイルドな雰囲気を手に入れられますよ。

ただそのハードさが仇になるケースもあるので、ミリタリージャケットと同じくきれいめコーデに合わせるのがベターですね。個人的にオススメのブランドは、ライダースの定番ブランドであるショットか、ドメスティックブランドのビューティブル・ピープルです。

【beautiful people】ビューティフルピープル『ヴィンテージレザーライダースジャケット size170』1715402811 メンズ 1週間保証【中古】b03f/h14AB
created by Rinker

④テーラードジャケット

ドレススタイルにおいて欠かすことのできないアイテム「テーラードジャケット」。普段のコーデに合わせるだけでしっかりした雰囲気に仕上がるのがいいですよね。

ただし、あまりにフォーマルなテーラードジャケットでは全体の印象がチグハグになってしまうので、多少遊びのあるデザインのものを選ぶのがオススメ。秋口ならツイード素材のものとかがグッドです。

これは見習うべき!上記のアイテムを活用したコーデ一覧

秋口のコーデに必要なアイテムを把握できたのなら、次はそのようなアイテムをフルに活用したコーデをご紹介。トップスにどんなものを合わせているのかにも、目を光らせてくださいね。

テクニックを盗むにも技術が必要ですが、必要なアイテムをどのように組み合わせているのかに意識を集中させるだけで、得られるものも違ってきますよ。

ミリタリージャケット×プルオーバーパーカー

カモ柄のデザインが目を引くミリタリージャケットを中心に組み立てたこちらのコーデ。他のアイテムを淡い色合いに統一することで、メイントップスの存在感をフルに引き立てています。プルオーバーパーカーでカジュアルな雰囲気を演出しつつも、ハットでかっちり感をプラスした点にも要注目ですよ。

ミリタリージャケット×ジップアップパーカー

ミリタリージャケットとプルオーバーパーカーの組み合わせが特徴のこちらのコーデ。濃紺デニムとボーダーTシャツを採用することによって、泥臭い雰囲気を見事に払拭しています。

デニムジャケットを中心に

 

グレーのワイドスラックスに黒のローファー、そしてベレー帽と、ドレッシーなアイテムの並びの中にデニムジャケットを大胆に投入したこちら。ドレスコーデにありがちな”いやらしさ”を、デニムジャケットの力によって解消しています。

オールブラックで

ブラックデニムを中心にしたこちらのコーデ。全てのアイテムを黒に統一することで、スタイリッシュな雰囲気に仕上げています。微妙なトーンの違いによって個々のアイテムを際立たせたところもベリーグッドですね。

少しだけ色味を

グレーのケーブルニットにブラックデニムをいう組み合わせのこちら。インナーにデニムシャツを採用し、程よいラフさを演出。オールバックでタイトにキメたのもいいですね。

小物使いが粋

若干オーバーサイズのニットを中心にしたこちらのコーデ。ニット以外のアイテムをダークトーンにまとめ、さらにハットを採用することで、だらしなさを感じさせないスタイリングに。

鮮やかな色合いだけど

ヴィヴィドな色合いが目を引くグリーンのカーディガンを中心にしたこちらのコーデ。インナーには白シャツ、そしてネクタイを採用し、子供っぽい印象を拭い去っています。ネクタイのゆるさもナイスですね。

ライダースを品良く

ハードなダブルライダースを中心にしたこちら。スリムフィットのデニムパンツにシャツの組み合わせで、まるでテーラードジャケットと合わせているような印象に。シャツのボタンを一番上までしめているのもいいですね。

さりげなくポップに、カジュアルに

ダブルライダース×黒のジップアップパーカーを用いたこちら。カモ柄のパンツにハイカットスニーカーで、ストリート感漂う雰囲気に仕上げているところがグッド。このさりげなくポップな感じがいいんです。

ショート×ワイド

ショート丈のダブルライダースにワイドデニムを合わせた、男らしさ漂うこちらのコーデ。タックインしてベルトを見せた小技もハナマル。この組み合わせのいいところは、なんといってもスタイルが良く見えるところです。

組み合わせで清潔感を

ネイビーのテーラードジャケットにベージュのチノパンという組み合わせのこちら。インナーには白Tを忍ばせ、清潔感漂う仕上がりに。首元のゴツめのネックレスもいいアクセントになっています。

これは上級者

デニムのセットアップスタイルにテーラードジャケットを組み合わせた上級者コーデ。インナーのシャツや黒ぶちのメガネなどで、土臭い雰囲気を解消しているのもポイント。ロールアップの幅も格好いいですね。

トップスさえ揃えておけば、基本的には問題なし

本記事では秋コーデのマストアイテムおよび、それらを上手く活用したスタイリングを紹介しました。変な話、ボトムスはデニムとチノパンさえあれば十分。あとは組み合わせ次第で、いくらでも格好良く仕上げられます。

ちなみにリネン素材のアイテムやショーツなどは、秋コーデには取り入れない方がベターです。それさえ守れば、あとは怖いものなしですよ。