やる気UPが成功のポイント!筋トレやダイエットのモチベーションを上げる7つの方法

この記事を書いた人
マッスル北川

筋肉と愛の戦士。某格闘漫画にハマったことをキッカケに体を鍛え始める。「脂肪が筋肉に変わる」「腹筋だけしていれば痩せる」そう思っていた時期もありました。間違った知識で時間を無駄にしたことを教訓に、効率的に痩せる&鍛える方法をお届けします!

「筋トレを始めたけど、いつも挫折…」「いつも筋トレは三日坊主になりがちで…」という人も多いんじゃないでしょうか?

理想のスタイルは手に入れたいけど、いつも筋トレを途中でやめてしまう人も多いはず。

そこで今回は、筋トレのモチベーションを上げる方法についてご紹介します。筋トレを長続きさせたい人は、是非参考にしてください!

モチベーションの維持が筋トレを長続きさせる鍵!

筋トレは自分が理想としているスタイルをゲットできる方法の1つ。健康にもよく、生活習慣病の予防にも繋がるなどメリットもたくさん。

健康のためにも筋トレは継続すべきと理解していても、途中でモチベーションが低下し中途半端になるという人も多いはずです。

そこで、以下では筋トレを長続きさせるの2つのポイントをご紹介します。

  • どうしてモチベーションが下がってしまうのか?
  • どうしたらモチベーションを上げられるのか?

原因と対策が分かれば、筋トレを継続することも難しくありません!

筋トレのモチベーションが低下する5つの理由

筋トレを長く続けられないのは、途中でやる気が無くなってしまうから。

モチベーションが低下する主な理由には、以下のようなものがあります。

  1. 筋トレをする明確な目標がない
  2. 肉体的・精神的に疲弊している
  3. 仕事やプライベートが忙しい
  4. 筋トレ以外の趣味にのめり込んでいる
  5. 短期間で効果が出るのを求めている

これらの理由でモチベーションが低下すると、途中で筋トレが頓挫しかねません。

1.筋トレをする明確な目標がない

明確な目標を定めないまま筋トレを始めると、モチベーションが低下しやすいんです。

「なんとなくお腹が気になるなぁ」など、曖昧な理由で筋トレを始めても、途中で何かと理由をつけてやめてしまうもの。

筋肉を鍛える理由がないのに、苦しい思いをして筋トレをしたいと考える人は多くありません。

2.肉体的・精神的に疲弊している

体や心が疲れていると、筋トレをするのも億劫になりがち

筋トレは体を痛めつける行為。体や心が疲弊している際の筋トレは、苦痛でしかありません。

また、疲れ切っている時に筋トレをしても、思うように体が動かず集中力も切れ気味に…。

無理をして筋トレをしたとしても、ダンベルなどを落として怪我をするだけです。

3.仕事やプライベートが忙しい

筋トレを途中で諦める人の多くは、仕事やプライベートが忙しく、筋トレをする時間を作れないのも原因のひとつ。

筋トレをしたいと思っていても、仕事やプライベートが優先されるのは仕方がないこと。忙しくて時間が作れないと、筋トレどころではなくなります。

結果、筋トレが後回しになってしまい、徐々にモチベーションが下がってしまいます。

4.筋トレ以外の趣味にのめり込んでいる

誰だって「楽しい!」と感じる趣味の方が、筋トレよりも熱中しやすいもの。

中には「筋トレが趣味で、鍛えることに生きがい」という人もいるでしょう。しかし、多くの人は筋トレよりも別の趣味を楽しいと感じます。

結果、筋トレよりも趣味を優先し、モチベーションが下がり筋トレを途中でやめてしまいます。

5.短期間で効果が出るのを求めている

筋トレを始めたら、1週間位で結果が出ると考える人が意外に多いんです。結果、望んだ変化が肉体で確認できないまま、途中で投げ出してしまう人が多数。

筋トレを本気で始めようと考えているなら、短期間で結果を求めるのはやめましょう。体に変化が現れるのは、早くても3ヶ月は必要。

いくら目標が高くても、自分が望んだ結果を得られないとモチベーションは一気に下がってしまいます。

筋トレは長期間を目安に行うべきもの。短期間で結果を求めるのはやめておきましょう。

筋トレ・ダイエット中の食事はマッスルデリがおすすめ!

高たんぱく低カロリー
「筋トレ中の食事管理が大変で、バランスの取れた食生活が続けられない」と悩んでいる人は多いでしょう。コンビニでサラダチキンなど美味しくて低脂質、高たんぱく質の食事も手軽に買えるようになりましたが、毎日食べると飽きてしまいますし、自炊は面倒になってしまうときもありますよね。

そんな人におすすめなのが、自分がダイエットや筋トレで目指すスタイルに合わせて管理栄養士が栄養バランスを計算したお弁当を届けてくれる「マッスルデリ」です。

PFC(たんぱく質・脂質・炭水化物)バランスが優れており、ビタミンやミネラルも豊富な栄養満点、しかも美味しい食事を冷凍便で届けてくれるので、忙しい人でも簡単にボディメイクのための食事を摂ることができるのです。

お弁当は1食ずつ小分けになっており、レンジで温めればすぐに食べられます。本格的に食事制限をして理想のボディを手に入れたい方は、ぜひチェックしてみましょう。

▼マッスルデリをチェックする

筋トレモチベーション上げる7つの方法

筋トレを成功させたいなら、高いモチベーションを維持することが必要。そこで、モチベーションを上げる7つの方法をご紹介します。

モチベーションを上げる方法には、主に以下のようなものがあります。

  1. 目標を立てる
  2. 動画を視聴する
  3. 音楽を聞く
  4. 映画を鑑賞する
  5. 漫画を読む
  6. 言葉から元気をもらう
  7. カフェインを摂取する

どれも簡単に行える方法ばかり。「モチベーションを上げて筋トレに望みたい!」という人は、是非参考にしてください。

筋トレモチベーション上げる方法①:目標を立てる

筋トレをするなら、なんでも良いので最初に目標を立ててください

例えば、「スポーツでいい成績を出したい」「理想的なスタイルを手に入れて異性にモテたい」など、なんでも構いません。

大きな目標を立てたら、次に小さな目標を立てましょう。例えば、腹筋を6つに割る、腕を太くする、胸板を厚くする、ヒップアップを目指すなど。

そして、小さな目標を叶えるために必要なトレーニングの目標を決定。腹筋を割るためにクランチを週に○回する。胸筋をつけるために腕立て伏せを○回といった具合です。

目標を細かく分解して達成感を味わう

大きな目標を立てても、実現が難しいといずれモチベーションは低下。そこで、達成可能な小さな目標を立て、順番に叶えていくのです。

簡単に達成できる目標は、成果が目に見えるためモチベーションがUP。「自分はやればできるんだ」という自己効力感が高まり、実際に物事を達成できるようになるんです。

これを筋トレにも活用。叶えたい目標を定めたら小さな目標に分解。1つずつ達成し、自己効力感を上げてゴールを目指しましょう。

筋トレモチベーション上げる方法②:動画を視聴する

動画の視聴は、筋トレのモチベーションを上げる便利な手段のひとつ。

初めて知った知識を他人に話したくなったり、実際に試してみようと思ったことはありませんか?

筋トレでも同様に、以前まで知らなかった知識を動画で得ることで、「試してみたい!」とモチベーションが上がるんです。

そして、試したことが上手く行けばさらにモチベーションUP。「どんどん試してみたい」「知りたい」という欲求が高まります。

また、トレーニーのビフォーアフター動画もおすすめ。筋トレ前はガリガリだったのに、トレーニングを頑張ったことで見違える筋肉を手に入れた動画は、モチベーションの向上につながるもの。

「よし!自分も頑張るぞ!」と励みになります。

筋トレモチベーション上げる方法③:音楽を聞く

音楽は昔からモチベーションを高めたり、気分を落ち着かせるために活用されてきました。

音楽を聞きながらトレーニングをすると、いつもより楽に感じるはず。その理由は、好きな音楽を聞くと脳内物質のひとつ「ドーパミン」が分泌されるから。

ドーパミンにはモチベーションUPや集中力、運動能力の向上が期待できるんです。筋トレをするなら、テンションの上がる好きなBGMを用意するといいでしょう。

参考文献
Intensely pleasurable responses to music correlate with activity in brain regions implicated in reward and emotion

筋トレモチベーション上げる方法④:映画を鑑賞する

数ある映画の中でも、アクション映画はモチベーションUPにピッタリです。

悪者を格闘技や武器を使ってなぎ倒すような、ド派手なアクションがウリの映画はテンションが上りますよね。

アクション映画を観終わった後は、まるで主人公になったかのような高揚感を感じるはず。テンションも上がっており「自分も強くなりたい!」と筋トレのモチベーションが上がります。

筋トレモチベーション上げる方法⑤:漫画を読む

好きな漫画を読むことも、モチベーションアップに繋がります。

努力をしている主人公が登場する漫画を読んでいると、キャラクターに共感してやる気が湧いてきませんか?

特に筋トレをやりたくなるのは格闘漫画。強い主人公に憧れをいただくのは男子の性といっても過言ではありません。

「格闘マンガの影響を受けて鍛え始めた!」という人は、意外と少なくなくないはず。

モチベーションが下がってきたら、あなたのやる気を呼び覚ます漫画を読み直してみると良いでしょう。

筋トレモチベーション上げる方法⑥:言葉から元気をもらう

筋トレで頑張っている人、もしくは実績を出している人の名言や格言など、言葉に触れてみましょう。

筋トレが辛くなり、モチベーションが低下する日もあるはず。時には「なんのために筋トレをしているのか見失った…」と、落ち込むこともあるかもしれません。

そんな時は、動画などでボディビルダーやトレーニー、アスリートなどの言葉から元気をもらいましょう。

あなたと同じかそれ以上の苦労をしてきた人の言葉はとても共感できます。自分を励ましたい時にピッタリといえるでしょう。

筋トレモチベーション上げる方法⑦:カフェインを摂取する

筋トレ前にコーヒーなどでカフェインを摂取することで、様々なメリットが得られます。

コーヒーなどに含まれるカフェインには、やる気や集中力の増加、運動時のパフォーマンスUPといった様々な効果があるという研究結果が報告されています。

さらに、脂肪の燃焼効果もあるといわれており、ダイエット目的で筋トレをしている人にもおすすめです。

ただし、飲みすぎれば体に害となります。適量を守って利用するようにしましょう。

▼関連記事
コーヒーは筋トレの効果を高める!?コーヒーを飲む量とタイミングなどを解説

筋トレのモチベーションを上げて理想の体を目指そう!

筋トレやダイエットを成功させるには、モチベーションを高めることが必要不可欠。どんなに頑張りたくても、やる気がなくては長続きしないもの。

モチベーションが重要なのは筋トレだけに限った話ではありません。仕事でもモチベーションを高く維持することで、良い結果を必ず出せます。

今回ご紹介した7つの方法を活用し、筋トレのモチベーションを上げて理想の体型を目指してください!