肌荒れは食事で改善できる?食事と肌の関係と肌が喜ぶ栄養を解説!

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

美肌は美人の条件といっても過言ではないくらい、肌の美しさはその人の魅力を大きく引き立ててくれます。

理想の肌に近づくためには、正しいスキンケアを学び実践するだけでなく、食べ物にも気を遣うことが大切です。ここでは、食べ物と肌の関係性と美肌づくりに役立つ食べ物について解説します。

肌は食べているもので作られる!肌トラブルと栄養の関係

「ニキビを繰り返す」「保湿しても肌が乾く」など、さまざまな肌トラブルは栄養不足が原因かもしれません。

肌は普段食べているものの影響を受けやすいため、肌荒れを何とかしたいなら食べるものにも気を遣うことが大切!
ここでは、肌荒れを引き起こす主な原因と、肌荒れ対策に効果的な食べ物について紹介していきます。

複数の要因が重なることも!肌荒れを引き起こす主な原因

肌荒れの原因は外的要因と内的要因の2つに分けられますので、主な原因について理解しておきましょう。

また、肌荒れの原因は1つではなく、複数の原因が重なり合って起こっていることも多いのです。

紫外線やスキンケアなどの外的要因

毎日美肌をつくるためと頑張っているスキンケアのやり方が誤っていると、肌荒れを引き起こすことがあります。

例えば、顔がべたつくからといって洗浄力の強い洗顔料を使うと、肌に必要なうるおいまでうばってしまい、肌を乾燥させてしまうのです。

また、肌を乾燥させないことが大切だと思って、化粧水による保湿をしっかりとやっていたとしても、仕上げにクリームやオイルを使っていないと逆に肌を乾燥させる原因になります。

さらに、1年中降り注いでいる紫外線も、肌に強いダメージを与えてしまうため、きちんと対策をしておかないと肌の老化や肌荒れをすすめてしまうので注意が必要です。

誤った認識でスキンケアを行っていたり、お手入れ不足だったりすることで、肌荒れが進行していくため、正しいスキンケアについて学ぶことが大切です。

偏った食生活は腸内環境を乱す原因に!

肌荒れを引き起こす主な内的要因は「睡眠不足」「ストレス」「栄養不足」です。

栄養不足により、内側から肌を健やかに保つ、肌をうるおす力が弱まるので肌荒れが起こるのです。

乾燥は肌トラブルの大きな原因になりますが、外側からの保湿だけではインナードライ肌になってしまうため、食べ物や飲み物から適度な水分を補給する必要があります。

そして、栄養不足は腸内環境の乱れを引き起こします。

実は、腸と肌には深い関係があり、腸内環境が乱れていると肌トラブルが起こりやすくなるのです。

肌は皮脂や汗などが流れ出る排泄器官の1つ

本来、スムーズなお通じがあれば、食べ物などから摂取した老廃物や毒素が便として排出されます。

ところが、便秘などが原因で老廃物や毒素が腸にとどまってしまうと、それらが皮脂と共に肌から排出されるため、吹き出物やくすみなどのトラブルが起こるのです。

つまり、食事から肌荒れを改善したいなら、健やかな肌をつくるのに必要な栄養をとるだけでなく、腸内環境を整えることを意識することがポイントです。

食べ過ぎには注意が必要!肌トラブルを引き起こす食べ物

 

普段何気なく食べているものが、実は肌トラブルの原因になっていることも。

ここでは、肌トラブルを引き起こしやすい食べ物について理解していきましょう。

インスタント食品などのジャンクフード全般

ジャンクフードには、「糖質」「脂質」「食品添加物」が多く使われていますが、これらを必要以上にとりすぎてしまうと、身体にとって「毒」となります。

手軽に手に入ってしかもおいしいので、つい食べ過ぎてしまうかもしれませんが、美肌のためにも適量を心がけましょう。

ちなみに、ジャンクフードとは以下のような食べ物です。

  • スナック菓子
  • カップラーメン
  • 市販のお弁当
  • 清涼飲料水

近頃は、健康志向の方に向けて、添加物を省いたり、材料に気を遣ったりと身体に優しい食品も販売されています。

ジャンクフードを全く食べないのはストレスにもなるので、これらの食品を食べるときは、食べる量と原料などに気を配ってください。

食品添加物が多く使われている食べ物

私達が普段よく食べている食品にはなんらかの食品添加物が使われていることがほとんどです。

しかし、食品添加物は、体内に蓄積されると細胞の機能を低下させる原因になり、肌荒れを引き起こしてしまいます。

ちなみに、食品添加物とは以下のようなものを指します。

  • 保存料
  • 甘味料
  • 着色料
  • 香料

食品添加物を全て排除するのは難しいので、できるだけ添加物が少ないものを選んで食べることが大切です。

市販の食品には、食品自体を長持ちさせるために食品添加物が多く使われている可能性が高いので、できる範囲で構わないので自炊を心がけましょう。

過剰な皮脂分泌を促す原因となる脂っこいもの

唐揚げやポテトなど、脂っこいものも摂りすぎに要注意です。
飲み会や外食に出かけたときに、脂っこいものが出されることがよくありますが、脂っぽいものをたくさん食べてしまうと、それらが皮膚から汗など排泄物と一緒に出てきてしまいます。

皮脂分泌が増えると、顔全体が脂っぽくなってしまいニキビができる原因にもなります。

また、肌が脂でテカってくると、洗浄力の強い洗顔料を使うなど、肌の乾燥を招く誤ったケアに陥りがちに。

さらに、汗に含まれる脂の量が増えると汗や頭皮の臭いにも影響してくるので注意が必要です。

肌の老化を促進させる甘いもの

チョコレートやケーキなど、疲れたときに甘いものを食べると幸せな気持ちになれますよね。

しかし、糖分を過剰にとってしまうと、肌を「糖化」させる原因になります。

「糖化」とは、タンパク質や脂質が糖と結びつくことで、老化を促進させる物質をつくりだす現象のことを指し、「酸化」とともに老化を引き起こす原因として注目されています。

また、糖分を過剰に摂取すると余分な皮脂を多く分泌させてしまい、肌荒れを招いてしまいます。

甘いものをとりすぎるのは肌にも健康にもよくないので、適量を心がけましょう。

肌が喜ぶ食べ物とは?肌荒れ改善に役立つ栄養素

 

肌荒れを改善に導いてくれる食べ物や栄養について理解し、食生活に取り入れてみましょう。

細胞をつくるもと!タンパク質

肌だけでなく、血液や筋肉、骨など私達人間の身体を構成している細胞をつくるもとになっているのがタンパク質。

そのため、タンパク質が不足すると肌を健やかに保てなくなるので、意識して摂ることが大切。タンパク質を多く含んでいるのは以下の食品です。

  • 肉(鶏、豚、牛など)
  • 大豆製品(納豆、味噌など)
  • 牛乳などの乳製品

タンパク質を摂取するときに大切なのは、特定のタンパク源に偏らないこと。
できるだけいろいろな食品からタンパク質を摂るように心がけてください。

どうしても食事からタンパク質を摂取するのが難しいときは、プロテインで摂取するのもおすすめですよ。

プロテインは、溶けにくい、飲みづらいといった印象がありますが、近頃は女性でも積極的にプロテインを飲む人が増えており、味も飲みやすさも格段に向上しています。苦手意識を持たず、試してみてください。

腸内環境を整える食物繊維

身体に蓄積された老廃物を排泄するには便通を整えることが大きなポイント。また、食物繊維は胃の中でふくらむので食べ過ぎを防ぐのにも効果的ですよ!

食物繊維は以下の食品に多く含まれています。

  • 穀類(雑穀米、全粒粉のパン、蕎麦)
  • 芋類(さつまいも、こんにゃく)
  • 野菜類(
  • キノコ類
  • 海藻類

ちなみに、食物繊維は水に溶ける水溶性と、水に溶けにくい不溶性の2種類に大別できます。

水溶性食物繊維は、海藻類や麦類に多く含まれていて、血糖値の急上昇を防いでくれたり、コレステロールを排泄したりする働きがあります。

また、不溶性食物繊維は、野菜や豆類、キノコ類に多く、腸を刺激して便通を促してくれます。

水溶性、不溶性それぞれ異なる働きがあるので、片方の食物繊維に偏って食べるのではなく、両方の食物繊維をバランス良く摂るのが理想です。

肌の乾燥を防ぐビタミンA

肌の乾燥はトラブルを引き起こす原因に。
ビタミンAは、肌を健やかに保ってくれるビタミンの1つなので、積極的にとりましょう!

  • レバー
  • 卵黄
  • 緑黄色野菜

上記の食品にビタミンAが多く含まれているので、意識して食べることが大切です。

皮膚を健やかに保つビタミンB

肌の「ターンオーバー」が乱れると、肌トラブルが起こりやすくなるので、肌の代謝を促すビタミンBが多く含まれている以下の食品を積極的に摂りましょう。

  • レバー
  • うなぎ
  • 豚肉
  • 豆製品
  • 乳製品

肌はターンオーバーと呼ばれる代謝を30日前後のサイクルで繰り返しています。

ターンオーバーのときに古い角質から新しい角質に生まれ変わるので、肌を健康に保つことができています。

コラーゲンの生成に必要なビタミンC

肌に弾力を与えてくれるコラーゲンを生成するときに必要となり、くすみやシミの原因となるメラニンの生成を抑えてくれるのがビタミンC。

  • 果物(レモン、アセロラ、キウイ、柑橘類など)
  • 野菜(ブロッコリー、パプリカ、豆苗など)

ちなみに、柑橘類に含まれている「ソラレン」を多く含む食品を朝に摂取してしまうと、紫外線吸収率が高まって、シミができやすくなるのでビタミンCは夜に摂るのがおすすめです。

肌の老化を防ぐビタミンE

肌荒れや肌トラブルを引き起こす原因の1つが「老化」。
その老化を防ぐのに一役買ってくれるのがビタミンEです。

  • アボカド
  • 植物油(オリーブオイルなど)
  • アーモンド

良質のオイルは、肌に適度なうるおいを与えてくれる、乾燥改善に役立ちますよ。

くすみを防ぐ 鉄分

女性に不足しがちな鉄分は、血液のもととなり、コラーゲンの生成に関わるなど、肌を健やかに保つために活躍してくれる栄養素。

女性は生理があり、特に鉄分が不足しやすいので下記の食品を意識して摂ることが大切です。

  • レバー
  • ひじき
  • 小松菜
  • プルーン

「忙しい」を言い訳にしない!無理せず肌荒れを改善するコツ

仕事や家事にと毎日忙しく過ごしていると、栄養バランスを意識して食事をとるのが難しいですよね。

そこで、無理なく美肌をつくれる食生活のポイントをご紹介します。

スーパーやコンビニで手軽に手に入る美肌食材

忙しいときはスーパーやコンビニで食べ物や飲み物を調達しますよね。そんなとき、買うものを意識するだけで美肌づくりに繋がりますよ。

腸内環境を整えるヨーグルト

ヨーグルトには、腸内環境を整えてくれる乳酸菌、肌の代謝を促すビタミンB、肌をつくるもとになるタンパク質など、栄養がたっぷり。

コンビニやスーパーでも豊富に種類が揃っていますが、市販のヨーグルトには糖分が多く含まれているものがあるので、低脂肪、低糖質のものを選ぶのがおすすめ。

ダイエットにも効果的なナッツ類

肌の老化を防ぎ、肌の代謝を高めてくれるナッツは、コンビニやスーパーで手軽に購入できますので、小腹が空いたときやおやつにおすすめですよ。

ただし、脂質が高いので食べ過ぎには要注意です。

飲み物は野菜ジュースか豆乳

お茶以外の飲み物を買うときは、野菜ジュースや豆乳がおすすめ。

野菜ジュースには食物繊維やビタミンが豊富なので、お弁当やおにぎりと合わせて食べるのに適しています。

豆乳はタンパク質やビタミンが豊富で、美肌づくりに深く関係している女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。

おにぎりの具はツナか鮭

コンビニやスーパーでおにぎりを買うなら、具材も慎重に選びたいところ。おすすめは、ツナか鮭です。

ツナも鮭もタンパク質が豊富で、特に鮭は抗酸化作用が高い成分が含まれているのでアンチエイジングにも効果を発揮してくれますよ。

おやつはナッツ類か干しいも

おやつを買うときはスナック菓子ではなく、ビタミン豊富なナッツ類か食物繊維が豊富な干しいもを選びましょう。

足りない栄養素はサプリメントで

栄養バランスを意識した食事を毎回摂取するのは大変なこと。
しっかり栄養を摂れないことがストレスになってしまうのであれば、無理せずサプリメントの力を借りましょう。

サプリメントで栄養を摂るのは、あくまでも食事の補助としてであり、足りない分だけをサプリメントで補うようにすることです。

徹底保湿で肌を乾燥させない!

肌の乾燥は様々な肌トラブルにつながるため、外側からのケアも大切。

保湿を入念に行って肌の乾燥を防ぎましょう。

忙しくても、保湿効果の高いスキンケアアイテムを使ったり、パックを活用したりと、わずかな時間でも保湿ケアができます。

外側と内側からのダブルケアで肌荒れを撃退!

肌荒れは外側からのケアと内側からのケアを行うことで、速い改善が期待できます。

肌荒れを引き起こす原因や食べ物、美肌に導く食べ物や栄養についてしっかりと理解して、食生活に活かしてみましょう。

ニキビ治療なら渋谷クリニックのオーダーメイド治療がおすすめ

  • 色んなニキビケアコスメを試したけど、ニキビが治らない
  • 同じ場所に何度もニキビが出来てしまう
  • ひどいニキビ跡が残っている

こうした深刻なニキビの悩みには、渋谷クリニックのオーダーメイドニキビ治療がおすすめです。

ニキビ治療に精通したドクターがあなたの肌状態を診断し、適切な治療方法を提案してくれます✨


初回の肌診断は無料で受けられるので、セルフケアでは改善しにくい肌トラブルを抱えている方は、まず渋谷クリニックのドクターに相談してみましょう。

無料肌診断に申し込む

※渋谷クリニック所在地(渋谷・新宿・池袋・新橋・横浜)