男もメイクで大変身!メンズメイクのやり方を完全解説

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

最近では男性も女性の服装を楽しんだり、メイクを楽しむ人が多くなりました。服装だけではなく、女性用の化粧品でスキンケアをしたり、女性よりもこまめなケアをして自分磨きをしている人も案外多いのです。

しかし、中にはメイクには興味はあるけれど、どこから始めれば良いのかわからない、という人も少なくありません。今回はメンズメイクのやり方を、部位ごとにまとめて解説していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

メイクをしている男性に対する女性のホンネ

男性がメイクをすることに対して、女性はどう思っているのでしょうか?不安に感じている人も多いことでしょう。

「男がメイクをするなんて…」
「男性がメイクをしてどうするの?」

と言われていたらどうしようと、心配になってしまいますよね。

しかし、男性がメイクをすることに対して、好感を抱いている女性は案外多いのをご存知ですか?女性は清潔感のある男性を好みます。せっかく髪型や服装にこだわっていても、顔のケアを怠っていれば、不潔だと感じてしまいます。

男性も、ナチュラルメイクをして顔を清潔に保つことで、女性からの好感度もアップ!男性がメイクをすることに対して、何も不安に思う事はないんです。ぜひ積極的に試してみましょう!

男性だから、女性だから、という考え方はもう時代遅れ。現在では、街中にメンズエステも多く見られるようになりました。男性が自分のケアをする事は、何もおかしいことではありません!

男のメイクのポイント

初めてメイクをする人は、どのようにすれば良いのかわからない場合も多いでしょう。女性のメイクと男性のメイクは全く違いますし、女性雑誌を見てもあまり参考にはなりません。

ここからは、どのようなポイントを押さえてメイクすれば良いのか、またどのようなメイク道具を使えば良いのかを解説していきます。

本気でイメチェンをしたい人、自分に自信をつけたい人はこれを機会にメイクで生まれ変わりましょう!

まずはアイメイクをするためのメイク道具を解説します。

キリッとした目力のある目元は、イケメンの代名詞とも言われているほど、重要な部分です。アイメイクをすることに対して抵抗を抱いている人も多いですが、さりげなくメイクすることで男性らしくてかっこいい目になれます。

アイメイクのポイントは、やりすぎないこと。自然なメイクでも、印象はがらりと変わるのでおすすめです。

アイラインだけで印象UP!

女性のようにマスカラやアイシャドーなどを用いてメイクする必要はありません。男性はアイラインを引くだけで十分キリっとした目元に変身できます

アイラインとは、まつげの間や生え際に引くラインのことです。ラインも太めに引くか、細めに引くかで印象が全然違ってきますので、自分の好みに合わせて太さを決めましょう。

まつげも目元の印象を変化させます

ビューラーを使用してまつげを引き上げるのもおすすめです。まつげが上がることで目元をはっきりさせることができるので、目力が強まりますよ。

今度は目元のメイク方法を順序だてて紹介します。基本的にはアイラインの仕方は、女性も男性もあまり変わりはありません。まつげの隙間を埋めていくような感じで、あくまでも自然に細くラインを描いていきましょう。

まぶたを指で引き上げながら描くと、やりやすいです。最初は慣れないかもしれませんが、徐々にきれいに素早く引けるようになるので、大丈夫です。

さらに目尻を少し長めに引いてみましょう。切れ長効果が出てくるのでおすすめです。
アイラインを引いたら、最後は綿棒でぼかしていきます。軽く輪郭をぼかすだけでも、違和感のない自然な目元にできるので、試してみてください。

眉毛

まずは、眉毛をメイクするときのメイク道具を覚えましょう。

キリッと細めの眉毛はクールな印象を与え、少し太めな眉毛は男らしい印象になります。眉毛も目元同様に、顔を決める重要なパーツです。眉毛を少し変えるだけでも、顔の印象が全く違って見えるので、眉毛メイクのポイントはしっかり押さえておきましょう。

眉毛を描くペンシルの色選び

眉毛をメイクする際は、眉毛用のペンシルを使用します。ペンシルにも様々な色があります。瞳と髪の毛の色の中間色を選ぶと、自然な眉毛を作ることができます。髪の毛を染めているのであれば、髪の毛の色よりワントーンを落とした色を使用すると良いでしょう。

ナチュラルな仕上げを意識

それでは、眉毛メイクのやり方を解説していきます。

女性の眉毛メイクと違い、メンズメイクでは自分の眉毛の外側に、少しだけ眉毛を付け足すような感じでメイクをしていきます。眉尻を極端に下げることなく、あくまでも自然であることを心がけましょう。

書き始めを眉頭より少し内側にしておくことで、鼻を高く見えさせることができるのでおすすめです。最後はペンシルについているブラシでぼかしていきましょう。ぼかすことでよりナチュラルな仕上がりになりますよ。

頬(ベースメイク)

次に、ベースメイクで使うメイク道具や化粧品について解説します。

ニキビ跡が残っていたり、肌荒れを起こしていると、不潔な感じが出てしまい、女性からの印象も悪くなってしまいます。本気でお肌をきれいにしたいと思っているのであれば、日頃のケアとファンデーション、コンシーラーなどでベースメイクをすることが大切です。

日頃のケアも大切

また、日頃からお肌のケアもしっかりしておきましょう。化粧液、乳液、できれば美容液も使うと良いですね。最近では、男性用の乳液や美容液も多く販売されているので、ぜひ使ってみましょう。

化粧液だけでは、せっかくお肌に水分を与えても蒸発してしまいます。乳液でしっかり蓋をしてあげることで、キメの細かい綺麗な肌を手に入れられますよ。

朝と夜の洗顔後は、必ず基礎化粧品で肌の状態を整えてあげるのを忘れないようにしましょう。顔のコンディションが整ったら、次はベースメイクです。ベースメイクをする際は、ファンデーションを使用しましょう。メンズ用のファンデーションを使用することで自然な仕上がりになります。

ベースメイクの手順

それでは、ベースメイクの方法を紹介していきます。ファンデーションの色は自分のお肌に合った色を選びましょう。あまり自分のお肌と違うファンデーションを選んでしまうと、顔色が浮いて見えてしまうのでNG。

まず最初に基礎化粧品でお肌を整えます。次に、おでこ、顎、頬、鼻に少量ずつファンデーションを置いて、少しずつ伸ばすように、顔全体になじませていきます。

ファンデーションは肌になじませるように薄く塗るだけで、十分顔のトーンを明るくできます。決して厚塗りしないよう注意してくださいね。輪郭部分は、首の色となじむようにぼかしていくと、違和感なく仕上がりますよ。

この3点メイクをするだけでも、かなり印象を変えることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

メイク後はメイク落とし・ケアを忘れずに

メイクは肌に負担をかけるので、出先から戻ったらしっかりメイクを落とし、洗顔とその後のお肌のケアは欠かさずに行いましょう。

以下、男性の肌ケアの参考になる情報をまとめていますので、参考にしてみてください。

スキンケアの記事を見る