好きなのに避けるってどういうこと?「好き避け」する男女の心理5選

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

本当は好きなのに、ついつい裏腹な態度をとってしまうことはありませんか?また、自分のことを好きなはずなのに、避けられたという経験はありませんか?あなたや、好きな人のその行動は「好き避け」である可能性が高いでしょう。今回は、好きなのに避けてしまう心理について男女別に紹介していきます。

好き避けとは

本当は好きなのに恥ずかしかったり、周りに悟られることが嫌という理由から冷たい態度や、そっけない態度をとってしまう…それが「好き避け」です。「好き」なのに避けてしまうのです。気になっている人に話しかけられると、目を合わせることができずに、他人行儀になってしまうことも「好き避け」のひとつです。

それとは逆に「嫌い避け」もあります。「好き避け」とは反対の心理で、嫌いだから避けるという意味です。避けられた経験のある方は、それがどちらの心理によるものなのか、以下の項目を参考に見極めてみてください。

出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18)

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

▼withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

▼クロスミーを無料ダウンロード


サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

▼タップル誕生を無料ダウンロード


他には、厚生労働省が利用を推奨している「COCOA」というアプリもおすすめです。

COCOAはスマホのBluetooth機能を利用して、新型コロナウイルスへの感染が判明した人との出会い・濃厚接触の可能性を確認することが可能で、ウイルスの感染拡大、クラスターの発生を防止できるんです。

上で紹介した他のアプリとは異なり、顔写真やプロフィールなどの登録をしなくても使うことができ、非常に手軽で、さらに18歳未満でも利用可能です。

もし自分が陽性になってアプリから情報を登録しても、個人情報は公開されないので安心。

ただし、このアプリはみんなで使わなければ効果も期待できないので、「どうせみんな使ってないでしょ」などと言わず、まずはあなたがダウンロードして使ってください。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan無料posted withアプリーチ


好き避けする女性の心理5選

今回は、「好き避け」する女性の心理を紹介していきます。ある女性に避けられていると感じた人。もしかしたらそれは「好き避け」かもしれません。女性特有の心理もあるので、男性は注目して読んでみてくださいね。

プライドが高い

好き避けをする女性心理の1つが「軽い女だと思われたくない」、「自分から好意を見せたくない」というプライドの高さからくるものです。相手のことを本気で好きだからこそ、「軽く見られて中途半端な都合のいい女になりたくない」という気持ちから、避けてしまう人もいるようです。

両想いの場合、男性側から積極的に近づくことでプライドによる女性の好き避けをなくすことができます。

恋愛を駆け引きと感じている

恋愛を駆け引きだと考えている女性は、好き避けしてしまいがちです。「最初から積極的に行くと、男性は自分に興味を持ってくれない」などと考え、「好き避け」をしてしまいます。恋愛の経験が少ないほど、駆け引きに集中してしまうようです。

この場合は、あとから「避けないほうがよかったかな」と考え直して後悔する人も多くいます。女性は男性よりも恋愛を戦略的に考える傾向にありますね。

恥ずかしい

好きな人を目の前にすると、誰でも恥ずかしくなるものですよね。うまく対応ができず、そっけない態度をとってしまう女性もいます。目を合わせるなんてもってのほか。会話の際は、声が小さくなってしまうこともあり、男性が「嫌われているのかな」と勘違いしやすくもなります。

自分に自信がない

自分に自信がなく、喋る勇気が出ない女性心理から、好き避けになってしまうケースです。一緒に居るところを想像すると、「自分に釣り合わない」と思ってしまい、話すことも目を合わせることも難しくなってしまうのです。このような女性は大人しめで、自己主張が強くないタイプに多いです。男性側から「一緒に居ても嫌じゃないよ」という雰囲気を出すことで、好き避けがなくなる場合もあります。

ばれたくない

好きな人に気持ちがばれたくないからこそ、好きだけど避けてしまうということはよくあります。もちろん相手に対してもですが、他に周りの人にばれたくないということもあります。

好きな人や周囲に、自分の気持ちを気づかれると、誰かに見られているような気持ちになりますよね。特に、片思いなどの場合は、好きな人に気持ちを悟られることで関係性が崩れたりすることも怖いのです。

好き避けをする男性心理5選

好きな人を避けてしまう男性も存在します。女性からすると「あれ?避けられてる?」と思うかもしれませんが、そこには男性特有の気持ちがあるようです。ここからは、「好き避け」をしてしまう男性の心理を紹介していきます。

冷やかされたくない

男性は周りに冷やかされることを嫌いがちです。そのため、周りに人がいるような状況では、あなたとあえて距離を置くこともあるでしょう。2人きりでは仲良くしてくれるのに他の人が周りにいる状況で冷たくされると、女性は「嫌われてるのかな」なんて思ってしまいます。

誤解を与えたくないのであれば、男性は逆に、「人前は冷やかされるのが嫌で避けてしまう」という気持ちを、正直に女性へ伝えてみてくださいね。

周りに悟られたくない

そもそも自分の気持ちを周りに感づかれたくないということも、男性の心理にはあります。この点は女性とも共通の心理です。周りに知られることで、冷やかされたり、当の本人に気持ちが伝わってしまうことを危惧しているのです。自分の片思いを先に知られて、気まずい雰囲気になるなんて、悲しいですものね。

好きな人ほど目を合わせれない

男性で好き避けをしてしまう人の中には、異性と目を合わせることができないという人も多いようです。意外かもしれませんが、男性のほうが恋愛において恥ずかしがり屋なことも多いのです。好きな人の前では特に、「自分がどう見られているか」が気になってしまって、まともに目も合わせることができなくなるという意見も多くあります。

クールに見せたがってしまう

男性は、一般的に好きな女性の前であればあるほど、格好をつけたくなります。クールな自分を演出するために、避けるような態度をとってしまうことがあるのです。好きな女性を前にすると、少しでも知的でクールに見せたくなり、自然体でいることが難しくなるのです。女性から男性の自然体な様子、行動などを褒めてあげることで、好き避けがなくなる場合もあります。

気を引きたい

好きな人に注目してもらいたいがゆえに、好き避けをしてしまう男性もいます。男性は好きになった女性に対しては他の女性に対する態度とは異なった態度をとります。他の人には優しいのに私だけなんとなく冷たくされるなんて思ったとき、その男性は実はあなたのことが好きかもしれません。

特に、好きな女性がみんなからモテるような場合、自分はあえて簡単に寄って行かないことで注意を引こうとしているのです。

 

今回は、「好き避け」について、男女別の心理を紹介してきました。自分が好きなのに避けてしまうという方は、理由を知って少しスッキリしたことでしょう。逆に避けられていると感じた方は、異性の好き避けをしてしまう心理を理解することで、上手な付き合い方ができるようになります。ぜひ参考にしてみてください。