恋愛が怖いと感じてしまう原因と克服方法|新しい一歩を踏み出そう!

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

「恋愛をするのが怖い!」と悩んでいる人は、意外と多いのではないでしょうか。恋愛は、平凡だった毎日を、キラキラと輝くような幸せな日々に変え、刺激も与えてくれます。心理的にもストレスを軽減できる効果があります。一方、失恋してしまったときのダメージがすさまじいのも、また事実です。

時にマイナスに作用することもありますが、そんなことはどうでもよくなるくらい幸せな気持ちにしてくれるのが、恋愛です。恋愛が怖いと思っている人も、その怖さを克服して、「恋愛」がどんなに素晴らしいものなのかを知っていただきたいと思います!

今回は「恋愛が怖いと感じてしまう原因と克服方法」を紹介していきます。恐怖心を克服して、新しいあなたの恋愛の第一歩を踏み出してみませんか?

過去の恋愛がトラウマになっている

恋愛をするのが怖いと思っている人に、一番多い原因が「過去の恋愛のトラウマ」でしょう。過去の恋人に裏切られたことをきっかけに、異性を信じられなくなってしまうのです。好きだった相手に裏切られるのは、本当につらいもの。しばらくその辛さを引きずってしまうのは致し方ないことです。

たとえば、恋人の浮気が原因で別れることになったとしましょう。浮気を原因に別れた場合でも、次に好きになった人から告白されたら、最初は嬉しく感じます。しかし、過去の裏切られたときのことがフラッシュバックして、「この人もどうせ裏切るんだ…」と思ってしまい、次の恋愛に踏み出せなくなってしまうのです。

そのような「過去の恋愛がトラウマになっている」人の対処方法は、過去にとらわれ過ぎないようにすることです。裏切られたということはとてもショックだったことでしょう。しかし、過去にとらわれすぎてしまうと、次の恋愛に踏み出すことができません。

ただ、トラウマになってしまった出来事は、簡単にその過去を忘れることはできませんよね。そのようなときは、友達にたくさん話を聞いてもらったり、ひとりでカラオケに行き、思いきり歌ったりなど、過去のことを思い出さないようにすることが大切です。もし、次に好きになった人に告白されたのであれば、その相手のまわりにいる友達に、相手がどのような人なのかを聞いてみると良いでしょう。

今の恋愛に不安が付きまとっている

今付き合っている恋人に対して、「このまま付き合い続けて大丈夫なんだろうか…」と思っている人は多くいます。そのような場合は、しっかり相手と話し合うことが大切です。自分の今の気持ちを相手にも知ってもらいましょう。

あなたの気持ちを聞いて、ないがしろにする相手であればキッパリと別れましょう。そのまま付き合い続けていても、不安が解消されることはありません。むしろ、どんどん不安は増幅していくばかりです。

もし、相手がしっかり自分の話を聞いてくれる人であれば、ふたりで話し合うことで、不安な気持ちを拭い去ることができます。次に付き合う異性に対しても、「恋愛に対して不安を持っている」と、正直に打ち明けてみましょう。相手が本当に自分のことを好きなのであれば、その気持ちに対して、親身に対応してくれるはず。

自分の気持ちを話すのは怖いと思うかもしれませんが、将来の自分のためにも今の気持ちをきちんと話しておきましょう。

自分に自信がない

「自分は格好よくないから」「自分は太っているし」など、とにかく「今の自分に自信がない」人は、恋愛に対して恐怖心を抱いている人が多いです。

いつでも相手が自分をバカにしているのではないかと、ネガティブに考え過ぎてしまうので、気になる相手が自分に対して興味を持っていたとしても、被害妄想をしてしまうのです。

自信を急に持つことは少し難しいかもしれませんが、あまり自分に厳しくなりすぎないようにしましょう。自分が思っているほど、まわりは大して気にしていないことが多いものなのです。

つまり、自分に対する自信のなさは、大半が「自分が勝手に気にし過ぎているだけ」なのです。自分を卑下するのではなく、友人の良いところを学んで、取り入れてみましょう。また、ひとつだけでよいので、自分の魅力を発見してみてください!小さなことでいいのです。なんでもいいのです。あなたの魅力は絶対にありますから。

「自分なんか…」と、卑下するのではなく、自分を褒めてあげましょう。他人の目なんて関係ありません。自分は自分なのですから。他人の目を気にし続けながら生きていくなんて、しんどくありませんか?自分を大切にしてあげてください。

ひとつだけでもあなたの魅力が発見されれば、徐々に自分に自信がついてきます。そうすれば、自然に恋愛にも一歩足を踏み出すことができるはず。あなたを受け入れてくれる異性は、必ずいます。自信を持って、恋愛しましょう!

そもそも異性が苦手

「恋愛が怖い」理由の一つとして、そもそも「異性に対して苦手意識を持っているから」という人も多くいます。たとえば、今まで異性と触れ合う機会が少なかったりすると、何を話してよいかわからないですし、どのように接すれば良いのかもわからないのです。

「ずっと男子校だったから、女性とどのように接すればいいのかわからない」、「姉妹だったから、男性とのかかわり方がわからない」、などと悩んでいる人は多いですね。

たしかにずっと同性に囲まれていたのであれば、異性と出会うのは、それこそ「未知との遭遇」です。怖いと思うのも、仕方がありませんね。

今まで異性とかかわる機会がなかった人は、臆病になってしまい、恋愛にまで発展させることが、なかなかできません。今まで異性とかかわらなくて済んだという経験が、恋愛へと踏み切れない理由になっています。

もしあなたがそれに当てはまり、それでも「恋愛をしてみたい!」と思っているのであれば、まずはコミュニケーションが取れる場所に積極的に行き、異性との話し方や接し方を学びましょう。異性との話し方や接し方がわかったら、徐々に恋愛に発展させていけばいいのです。

焦らなくても大丈夫。まずは、異性に対しての苦手意識をなくしていくことから始めましょう。

また、異性に対して偏見を持っていたり、苦手意識を持っている人もいます。「女はうるさくて、影で悪口ばかり言う」、「男は傲慢で自己中に決まってる」などの思い込みが苦手意識を生み、その偏見がさらに苦手意識を増長させていく悪循環に陥っているのです。

しかし、決して全員がそうとは限りません。恋愛をしたいのであれば、一度そのような偏見を捨て、たくさんの異性と触れ合ってみてください。多くの異性と関わることで、あなたの偏見は徐々になくなっていくでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。あなたに当てはまる原因はありましたか?思い当たる原因が見つかった場合、この記事を参考に、少しずつ克服してみてください。恋愛を怖いとばかり思うのではなく、克服して幸せな恋愛を見つけに行きましょう!