「好きだけど別れたい」と発言してしまう心理とは?男女別にわかりやすく解説

この記事を書いた人
❁.。IZUHAZU。.✽

2年間の社内恋愛を経て7歳年上の男性と2014年結婚。2015年長男を出産し、2018年に長女を出産。現在2人の育児に奮闘する専業主婦。

お互いに好きで付き合っているのに、やむを得ない事情から、別れを選ぶカップルも実は多く存在します。

今回の記事では「好きだけど別れたい」と、発言してしまう心理を男女別に詳しく解説。

また、交際相手に別れを告げられた際の対策法も併せて紹介しています。

「好きだ」と思っているのに、どうして別れを決断するのか?

その心理を理解することで、別れを回避できます。

さらに、復縁方法もご紹介。「もう別れてしまった…もう一度戻りたい」と、後悔している方も、まだまだ間に合いますよ。

好きだけど別れるのって正解?

自身のやむを得ない事情で、別れを選択する場合もあります。

ですが「好きだけど、別れた方がお互いのためなのかも」など、自分の気持ちは置いておいて、別れを選択するカップルもいます。

果たして、その選択は本当に正しいのでしょうか?

相手のことを思って別れたとしても、その別れが、相手を苦しめるかもしれません。

•その別れは、本当に必要なのか?
•相手のための別れが、相手を苦しめないか

もう一度考える必要があります。

「好きだけと別れたい」と発言する男性の心理とは?

「好きだけど別れたい」と発言してしまう男性の心理をご紹介。

彼女のことを思っているのに「別れたい」と、言ってしまうのはなぜなのか?

隠された本音を、紐解きます。

①仕事が忙しく、彼女との時間をつくれない

自分のキャパシティ以上の仕事を任されると、彼女との時間が取れなくなるのは、想像できます。

たくさんの仕事を抱えたせいで、彼女との時間が取れないことを「申し訳ない」と感じているのでしょう。

②自分では彼女の相手が務まらないと思った

男性は、自分のプライドが傷つくことを嫌います。あなたと自分に、格差があると感じているのかもしれません。

•自分の力では、彼女を幸せにできない
•自分と彼女は、釣り合わない

と、自信をなくした結果「好きだけど別れる」という選択をしてしまうのです。

③彼女との将来が見えなくなってしまった

「2人の時間は充実しているし、心は休まるけど、なぜか彼女との将来が想像できない」と、感じている男性も実は多く存在。

結婚適齢期が近づくと「楽しいだけの恋愛ではなく、紹介の奥さんを見つけたい」と思うのは当然。

女性が見えない彼女とは、早いとこ見切りをつけようと別れを切り出すのでしょう。

④本当はもう好きじゃない

男性は、嫌いな女性にも嫌われたくない生き物

•「嫌いになったから」
•「他に好きな人ができたから」

と、本音を伝えたら、嫌われるかもしれない。

それなら「本当は好きなんだけど…」と、本音を隠し、嫌われることを避けているのです。

彼氏に「好きだけど別れたい」と言われた時、女性がとるべき3つの行動

彼氏に「好きだけど別れたい」と言われてしまった。その時、女性はどんな行動をとるべきなのでしょうか?

彼氏を引き止める効果的な行動を3つ紹介します。

①彼氏の気持ちを尊重する

「別れたい」と思っている時にグイグイ来られると、余計気持ちが冷めてしまいます。

自分の気持ちだけを押し付けるのではなく、相手の気持ちも尊重できるスタンスが大切。

大人な対応ができるあなたをみると、彼の気持ちにも変化が生まれるかもしれません。

②感情的にならずに話合う

大好きな彼氏に別れを告げられると、つい感情的になってしまうこともあるでしょう。涙が溢れることもあるかもしれませんね。

ですが、この行動は彼氏の気持ちを遠ざけてしまいます。

自分の気持ちを伝えるなら、感情的にならず、冷静に話しましょう。

③彼氏の不安材料を取り除く

彼が別れを決断したのには、何かしらの不安材料があるということ。
それなら、

•家庭的な面が見えない→料理に挑戦!
•彼女に寂しい思いをさせている→1人で楽しめる趣味をつくる

など、彼氏の不安材料を取り除く対策を考えるのも、おすすめです。

「好きだけど別れたい」に隠された3つの女性の心理

「好きだけど別れたい」と、思うのはもちろん男性だけではありません。

ここでは「好きだけど別れたい」と発言する、女性の心理を3つ紹介していきます。

①彼氏の浮気癖に耐えられない

浮気をする癖は、治そうと思ってもなかなか治せません。

「何度も浮気を許してきたけど、もう限界!」と、彼氏の治らない浮気癖に、別れを選びたくなる気持ちもわかりますよね。

②束縛されすぎて、精神的な負担が大きい

•「今どこにいるの?誰といるの?」
•「LINEはすぐに返事してね!」
など、男性の束縛が強いと、精神的に負担がかかります。

「束縛さえなければ、大好きなのに」という思いが強くなると、衝動的に「別れる!」と、言ってしまうこともあるのです。

④価値観の違いが増えてしまった

お互い別の環境で育った訳ですから、価値観に違いがあるのは当然。どちらかが歩み寄ればうまく回っても、どうしても譲れないことだってあるのも事実。

価値観の違いが我慢できず、嫌いで別れるくらいなら、好きだけど別れる選択をすることもあります。

「好きだけど別れたい」と言う彼女を引き止める3つの対処法

「好きだけど別れたい」と言っている彼女。あなたが彼女を思っているなら、なんとしてでも引き止めたいところ。

彼女が「別れたい」と、思っていても気持ちが残っているなら、あなたの行動次第で別れを回避できます。

①少しだけ距離を置いてみる

いきなり別れるのではなく、

•しばらく連絡をとらない
•一定期間、デートをしない

など、少し2人の距離を置いてみるといいでしょう。距離を置くことで、冷静さを取り戻し、新たな気持ちでより良い2人の関係を築けることも。

②男らしく引き止める

•「俺には、◯◯しかいないから!」
•「俺は、絶対◯◯を幸せにしたいから!」
など、男らしいセリフで引き止められたら「別れたい」なんて気持ちは、忘れてしまう女性もいるでしょう。

③更生しようと努力の姿勢を見せる

彼女の別れたい理由が束縛や浮気癖なら、更生しようと努力の姿勢を見せましょう。

•「絶対にもうしない!」
•「これから、俺は変わる!」

など、セリフだけでは「どうせまた、口だけでしょ?」と、思ってしまうでしょう。

どうしても彼女を引き止めたいなら、口ではなく、態度で気持ちを表現することが重要

好きだけど別れた時、復縁ってできる?

好き同士だけど、別々の道を歩むこともあるはず。ですが、未練が残っていればなかなか前に進むことはできません。

そんな時は、思い切って復縁できるように努力してみるのも、一つの手。ここでは、復縁の可能性を高める方法を3つ紹介します。

一番は別れを選んだものの「もう一度恋人関係に戻りたい」そんな思いを抱いている方、必見です。

①別れた原因を追求し、徹底的に解決する

相手がどうして「別れたい」と思ったのが、まずは思い当たる原因を、書き出してみましょう。

そして、書き出した原因を徹底的に解決していくことが重要。これができなければ、復縁しても、同じ結果を招いてしまいます。

②冷却期間を長めに置いてみる

冷却期間を長めに置くのは、辛いことです。好きなのに、何もアクションを起こせないのは、もどかしいですよね。

冷静期間は、お互い冷静にするもの。アクションを起こしたくても、ここは我慢の時。

好きだけど別れの道を選んだ場合は、冷却期間が、復縁に近づける期間といえるのです。

③自分に足らない部分を身につける

相手に「復縁したい!」と持ちかけても、あなたが何も変わっていなければ「復縁しよう」とはなりません。

まずは、あなたの足りない部分を磨き、成長することが大切。

冷静になって、後悔のない答えを見つけましょう

付き合うことは、楽しいことばかりではありません。好きだけで、上手くいくことの方が少ないでしょう。
•喧嘩が絶えない
•心配事が絶えない
など、様々な困難があるでしょう。だからといって感情的に、別れを選ぶのは、後に大きな後悔を招きます

「好きだけど別れよう」と、すぐに諦めるのではなく、好きなら別れ以外の解決策がないか、探してみましょう。

お互いが真剣に向き合うことで、きっと2人の関係がより良いものになるに違いありません。