【デートのマンネリを吹っ飛ばす】新鮮な3つのデートプラン&スポット

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

長く付き合っていると、デートのパターンもマンネリ化してしまうことは誰にでもよくあることです。一緒にいる時間が長ければ長いほど、新鮮さや刺激がなくなり、マンネリに悩まされることも多いのではないでしょうか。

しかし”誰にでも起こるもの”といい加減にしてしまうと、ふたりの気持ちがどんどん離れてしまうことになりかねません。放っておくと、浮気や別れを早めてしまうことも。

そこで今回はマンネリ化してしまう理由を探り、マンネリ解消のデートプランをご紹介します。

デートにマンネリを感じてしまう理由

出会った頃はドキドキの連続で、何をするにも感動したり、ちょっとした言葉で一喜一憂したりするものです。知らない相手のことを新しく発見しただけで、胸がキュンキュンし、「家族ではない他人に想われることが、こんなにも幸せなんだな」と実感する時間が流れます。

しかし時間を重ねるにしたがって、相手が「いることが当たり前」になってしまい、ドキドキがなくなっていきます。マンネリの理由は”同じ人と同じことを繰り返す”ために起こります。

つまり、デートコースが毎回同じ場合は、会いたいから会っているのか、義務や惰性でデートをしているのか分からなくなってしまうのです。また長い間付き合っていくと、相手の価値観や好き嫌いなど、いろいろなことを把握できるようになります。

自分のことを何も言わなくても理解してくれるのが嬉しい反面、言わなくても成立する関係は、恋愛で感じられるドキドキ感を失うことになるのです。

マンネリ解消のデートプランの組み方とは?

マンネリを解消するためのデートプランを組むためには、まず一緒にいる時間を制限してみるとよいでしょう。距離を取ると、別れを早めてしまうのではないかという不安があるかもしれません。

しかしマンネリは、”同じ人と同じことを繰り返す”ことにより起こるため、同じことをする「頻度を減らす」のは効果的です。

例えば、仕事終わりにデートをするため、デートコースがワンパターン化してしまう場合は、「金銭的に余裕がないため、どうしても近場でのデートになってしまい、新鮮味がない」「遠出をしたいけれど、ちょっとした旅行になってしまい、日程が合わない」といったケースがマンネリカップルに共通しています。

簡単に言うと、デートのマンネリ化を防ぐためには、前述の要素をなくしてしまえばいいわけです。そのためにできることをあげてみると、

  1. 雑誌やインターネットなどで情報収集をし、遊ぶ場所を提案する
  2. 行ったことがある場所に行くなら、前回とは違う工夫をする
  3. 記念日などの特別な日はあらかじめ予定を組み、遠出などをする
  4. 季節によって出かけるデートスポットを変える
  5. 食べ歩きのできる店を調べ、行ったことのない場所へ出かける
  6. 共通の趣味を持ち、新しいことを始める

などになります。このように工夫をしてデートプランを組めば、マンネリ化は解消できるでしょう。「毎週デートをしなければならない」と考えているなら、それは大きな間違いです。デートが義務になってしまわないように「会いたい気持ちを我慢する」ということも、ドキドキ感を失わない秘訣なのです。

マンネリさせないデートは何をすればいい?

場所を変えることが難しいなら、同じ場所でも「やること」を変えることで新鮮味を与えることができます。「どこに行くか」も大事ですが、「何をするのか」もマンネリ解消には重要になってきますよ。

例えば公園に行くとしても、ちょっと広めの公園に行き、バドミントンやバレーボール、キャッチボールなどをして体を動かしたり、周囲にいる子供たちと一緒に野球を楽しむといったことも、普段はできない体験になり、刺激を感じられることでしょう。

トレッキングをすることもおすすめです。ふたりで一緒に自然の景色を楽しみながら山の頂上を目指すと、連帯感と達成感が生まれます。体を動かしながら風景を楽しめるので、会話がなくても十分に楽しむことができますよ。

体を動かすというアクションは、ふたりのコミュニケーションも増えるため、マンネリ解消に一役買ってくれます。心拍数が上昇し、うっすらと汗をかく状態は、気分が高まっており、高い刺激を受けている状態といえます。

刺激のあるアクションを行うことで、同じ場所に行ったとしても、いつもとは違ったデートになるはずです。

「斬新で楽しい!」関東地区おすすめのデートスポット

それでは実際に、マンネリ解消に使える、新鮮味を感じられる関東地区のおすすめデートスポットを紹介しましょう。

おすすめスポット①:江戸東京たてもの園

「江戸東京たてもの園」は、文化的価値が高い歴史建造物を移築・復元し、保存を目的としながらも展示を行う野外型の博物館です。江戸時代から昭和中期までの建物が再現されており、「非日常を感じられる」デートスポットとしておすすめです。

「昔の人はこんな生活をしていたのか」という新しい発見もできるでしょう。大ヒットアニメ映画「千と千尋の神隠し」に出てくる釜爺の部屋のモデルになったとされる建造物もあり、1日中いても飽きないおすすめ場所です。

おすすめデートスポット②:和船乗船体験


江東区横十間川親水公園内で利用できるのが、「和船乗船体験」です。貨物輸送船として江戸時代には活躍していた和船に乗ることができます。乗船時間は20分程度であるものの、のんびりと船に揺られながら下町の街並みを眺めるのは、「江戸っ子の粋な遊び」といえるでしょう。

横十間川親水公園には、他にも水上アスレチックや貸しボートなどもあり、自然を堪能できるデートスポットになっています。そこまでコストもかからないので、「普通の公園デートでは物足りない」というカップルにおすすめのデートスポットです。

おすすめデートスポット③:JAL・ANA工場見学


意外と大人になってからも楽しめるのが「工場見学」。小学生のころ、社会科見学でお菓子などの食品の製造工程を見学したり、職場体験をしたことがある人も多いと思います。
今回紹介する航空会社の工場見学は、見学料は無料!コスパが高いデートプランとしておすすめです。

東京モノレール「新整備場駅」から徒歩2分のアクセスで行ける「JALの工場見学」は約90分。ANAの工場見学は、同じく「新整備場駅」から徒歩15分のアクセスで約100分と時間もたっぷりです。普段は一般人が入ることができない格納庫で、機体整備の様子などが見学できます。大人でも知らないことが多くあり、新しい発見ができることでしょう。どちらも6ヵ月前からの予約が必須なので、早めにチェックをしておくとよいですね。

 

今回はデートがマンネリになってしまう原因とマンネリ化を解消するポイントを紹介しました。長く付き合っていれば、誰にでも起こりうるマンネリ化。仕方ないと諦めず、会う頻度や場所を変えたり、やることを変えたりするという工夫をすれば、意外と簡単に解消できます。マンネリに悩む人は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。