女性とのデートで会話の話題に困らなくなる鉄板ネタ5選

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

「好きな女性とデートをしたいけれど、何を話したらいいのか分からない。だからデートに誘う勇気も出てこない」

このような悩みを抱えている男性は少なくありません。そもそもこのような悩みを持っている男性は、コミュニケーションが得意ではありません。

コミュニケーションが得意ではないのに、ぶっつけ本番で相手のリアクションを見ながら、盛り上がる会話を展開していくのは難しいですよね。そんな悩める男性のために、この記事では女性とのデートでの会話に困らなくなる鉄板ネタを5つ紹介します。

子供のころなど昔の話

デート中の会話は、話題を用意して”こちら側がしゃべり続ける”というよりも、適切なタイミングで相手に質問をし、それに答えてもらうというスタイルがベストです。ただ、まだそれほど親密になっていない人には話しづらい話題というのもありますよね。

例えば、家族の話や自分の過去の恥ずかしい失敗談。恋愛などもそれにあたるでしょう。そういった話しづらい話を引き出すためには、「まず自分から秘密を話す」ようにしましょう。

そのために、事前に話題を用意しておくことが重要です。失敗しないネタで一般的なのが、「子供のころの話」。子供時代は誰もが経験しているので、何かと共通点が見つかるものです。

  • 子供のころにしていた遊び
  • おにごっこなどのローカルルール
  • 学芸会の出し物と役柄・セリフ
  • 好きだった給食のメニュー

子供のころの話は、話題が尽きません。ただし、学生時代にネガティブな思い出を持っている女性もいるかもしれません。なるべく幼いころ(小学生)の話をするのが良いでしょう。

出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18)

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

▼withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

▼クロスミーを無料ダウンロード


サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

▼タップル誕生を無料ダウンロード


他には、厚生労働省が利用を推奨している「COCOA」というアプリもおすすめです。

COCOAはスマホのBluetooth機能を利用して、新型コロナウイルスへの感染が判明した人との出会い・濃厚接触の可能性を確認することが可能で、ウイルスの感染拡大、クラスターの発生を防止できるんです。

上で紹介した他のアプリとは異なり、顔写真やプロフィールなどの登録をしなくても使うことができ、非常に手軽で、さらに18歳未満でも利用可能です。

もし自分が陽性になってアプリから情報を登録しても、個人情報は公開されないので安心。

ただし、このアプリはみんなで使わなければ効果も期待できないので、「どうせみんな使ってないでしょ」などと言わず、まずはあなたがダウンロードして使ってください。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan無料posted withアプリーチ


第一印象の話

知り合ってしばらくしてから使うと効果が高いのが、「相手の第一印象を聞く」というもの。自分と初めて会ったときにどのような印象を持ったのかという話は、案外盛り上がるものです。ポイントは相手のギャップを褒めること。

相手を褒めて、よい気分にさせることが目的の会話です。どうせ後で褒めるからと、悪いイメージをうっかり言ってしまわないように気を付けましょう。気分を害してショックを与えてしまうと、その後のフォローが全く耳に入っていきません。

「最初はおとなしい子かと思ったけど、趣味も合うし、しゃべりがすごく面白いよね」とか、「天然かと思ったけど、実際はしっかりもので頼りになる存在だよね」といった感じで会話を広げていきましょう。

もしもの話

「もしも○○だったら」「もしも○○なら」という空想の話も意外と会話が弾む話題です。

  • もしも宝くじが当たったら何に使う?
  • 願い事が3つかなうとしたらどんなお願いをする?
  • 1日だけ性別が入れ替わったら何がしたい?
  • ドラえもんのひみつ道具で1つもらえるとしたらどれ?
  • 無人島に1つだけ持っていけるアイテムは何を選ぶ?

空想の話ですから、いくらでも会話のストックを増やせるのも魅力的です。いくつかの話題を用意しておくと、いざデートで会話がなくなったときに重宝しますよ。

もしもの空想話は、ただ「間を持たせるための捨てネタ」ではなく、実は質問の内容によっては、相手の価値観を知ることができます。

例えば「宝くじが当たったら何をする?」という質問に対して、彼女が「旅行に行って、普段いけない高級レストランで食事して、エステをして、ブランドバックを買って…」と答えたなら、彼女はもしかしたら、自分に金銭を使うことを惜しまない性格なのかもしれません。

一方、まずは両親や家族の誰かのためにお金を使いたいと言ったなら、自分の欲求よりも、他の人を優先できる、思いやりのある性格の持ち主なのかもしれません。

このように、ただのネタではなく、”相手の本音”を知ることができるのも、”もしもの話”のメリットなのです。

どっち派ネタ

「どっち派?」という話題も、大変盛り上がる鉄板ネタです。これも、もしもの空想ネタと同じように、どんどんとストックを増やすことができますし、ネタが切れることがありません。

  • 犬と猫どっち派?
  • 山と海ならどっち派?
  • 幽霊信じる派?信じない派?
  • 一番大事なのはお金?愛?
  • 目玉焼きにはソース?しょうゆ?
  • 性格の悪いイケメン?性格の良いブサメン?
  • タイムマシンで行くなら未来?過去?
  • 好きなものは最初に食べる派?最後までとっておく派?

ざっと挙げただけでも、これだけのネタがあります。どれも盛り上がりそうな話題ですよね!相手の好みなどを直球で聞くのもいいですが、ちょっとした工夫をすることで、楽しく相手の本音を引き出すことができるのです。

どっち派ネタは、相手の価値観や好みを知りたいときに、ユーモアを交えながら展開できる、おすすめ会話テクニックです。ぜひ覚えておきましょう。

恋愛ネタ

男女の関係を近づけるのに最も効果的な話題は、やはり「恋愛ネタ」です。恋愛についての話は、単純に盛り上がるだけではなく、自分と相手との恋愛を意識させる効果があります。進展を望んでいるなら、必ず交わしておきたい話題ですね。

  • デートで手はつなぎたいタイプかどうか
  • 理想のデートのシチュエーションは?
  • どんな雰囲気に弱い?
  • どんなシチュエーションで告白をされたいのか
  • 理想のプロポーズは?

女性は一般的に恋愛話が大好きですし、彼女との関係を進展させたいなら、絶対に恋愛話が外せない大きな理由があります。女性は、情報が全くないものに対して、興味や関心を抱きにくい傾向があります。

性格や価値観も知らない男性に恋愛感情を抱くことは、ほとんどありません。人によっては、ひとめぼれをすることもあるかもしれませんが、多くの場合、ルックスや雰囲気だけで好きになることは難しいでしょう。

そのため、まずは自分のことを知ってもらい、相手のことを知るという過程を踏む必要があります。そこで手っ取り早いのが、恋愛話。他愛もない会話ばかりでは、「話しやすい異性の友人」止まりになりかねません。

恋愛話をすることで、「男と女の関係なのだ」「恋愛の対象なんだ」という認識を、相手の女性に持ってもらうことができます。関係を発展させたいなら、恋愛話は絶対外せない話題なのです。

 

いかがでしたか?会話を盛り上げる話題はこんなにもあるのですね!今回は、他愛のないネタから、盛り上がること間違いなしのネタ、恋愛をしたいなら欠かせないネタまで5つ紹介しました。

好きな女性との会話でぜひ参考にしてみてくださいね。