一緒にいて楽な人ってどんな人?楽だと感じる人の特徴を男女別に解説

この記事を書いた人
❁.。IZUHAZU。.✽

2年間の社内恋愛を経て7歳年上の男性と2014年結婚。2015年長男を出産し、2018年に長女を出産。現在2人の育児に奮闘する専業主婦。

自分を飾ることなく、ありのままで過ごせる人って「一緒にいて楽」ですよね。

今回の記事では、どんな人に「一緒にいて楽」と感じているのか男女別に紹介しています。

また、結婚するなら「一緒にいて楽な人」がいいのか「ドキドキする人」がいいのかなども、解説していますよ。

この記事をチェックすれば、異性が何を求めているのかがわかります!

一緒にいて楽な人って魅力的

恋愛関係はもちろん、友人関係でも「一緒にいて楽な人」って魅力的ですよね。

心の底からリラックスできる相手が見つかると「運命」を感じ、その出会いを大切にしたくなるのは当然。

ですが、ありのままの自分をさらけ出し、気を遣わずにいられる関係は、なかなか手に入るものではないのも事実

「好きなタイプは?」と聞かれた時に「一緒にいて楽な人」と答える方が多いのは、その理由からではないでしょうか。

男性が、一緒にいて楽と感じるのはどんな女性?

男性は、どんな女性に「一緒にいて楽だ」と感じているのでしょうか?

一緒にいて楽と感じる女性の共通点を紹介します。

①笑顔が絶えない女性

毎日、職場で気が張っている男性は「プライベートくらい笑顔で過ごしたい」というのが本音です。

笑顔は、あくびと同じように人にうつります。いつもとびっきりの笑顔でいる女性だと、一緒にいる空間の雰囲気は格段にアップ。

笑顔は「一緒にいて楽」だと感じさせるためには、必要不可欠です。

②同じ共通点がある女性

初対面の人と会う時「何を話そう?」と迷ってしまいませんか?

そんな時、趣味や特技など共通点がある人とは、自然と会話が盛り上がりますよね。

初対面の人に限らず、共通点があれば親近感が湧きます。

親近感がわけば、心の扉も開きやすくなります。自分の素をさらけ出せる関係は「一緒にいて楽」と誰もが感じるでしょう。

③リアクションのバリエーションが豊富

「自分の話を、楽しそうに聞いてくれてる!」とわかれば「嬉しい」と感じると同時に、男性の自信にも繋がります。

•うなずくだけ
•ワンパターンの相槌

ではなく、男性の話を聞く時には「リアクションはバリエーション豊かに」を、心掛けるといいでしょう。

④頭ごなしに否定をしない女性

男性は、誰にも言えない悩みを多く抱えています。

「やっとの思いで、悩みを打ち明けたら、女性に頭ごなしに否定された」なんてことになると、男性の心が萎縮してしまいます。

男性が、悩みを打ち明けてきた時には、カウンセラーをイメージして傾聴してみましょう。

⑤のんびりとしている性格の女性

お仕事中は、分刻みのスケジュールで働いている男性も多いです。

そのため「休日はのんびり過ごしたい」と思っている男性がほとんど。

おっとりとした性格で、のんびりと過ごせる女性だと「楽だな〜」と感じるのはもちろん、ストレス解消もできてしまいます

⑥さりげない気遣いができる

男性が「一緒にいて楽」だと感じる女性は、空気を読むのが得意です。

•今はそっとしておいた方がいいかな?
•今なら甘えてもいいかな?
空気を読めることで、さりげない気遣いができるのです。

⑦自尊心を満たす褒め方が上手

男性は、褒められて伸びる生き物。けなされてばかりでは、プライドがズタズタになってしまいます。

「すごいね〜」「さすがだね〜」といった、単調な褒め言葉ではなく、その人が喜ぶ褒め言葉を使うのがおすすめ。

褒めて褒めて、男性の自尊心を満たしていきましょう!

⑧自立していて精神が安定している女性

精神状態が安定していない女性と一緒にいて「気が休まる」と感じる男性は、いないといっても過言ではありません。

生活面はもちろん、精神面が自立している女性には、男性も安心。思わず、身も心も女性に預けてしまうでしょう。

⑨理想を押し付けてこない女性

誰にだって、理想の男性像や家族像は存在します。ですが、

•男なら◯◯であるべき!
•理想の結婚生活は◯◯!
など、自分の頭に描かれている理想を、押し付けてくる女性には、息が詰まってしまうのも当然。

「理想は理想。現実は現実」と割り切れる女性には「一緒にいて楽」と感じます

女性が、一緒にいて楽だと感じる男になるために

女性が「一緒にいて楽だ」と感じる男になるために、何を身につければいいのでしょうか?

女性がどんな瞬間に「この人といると楽だな〜」と感じているのか紹介します。

①どんな時でも優しく接する

優しい性格の男性とは「一緒にいて楽」と感じてしまうのは、簡単に想像がつきますね。ですが、彼女にだけ優しい男性は、求められていません。

店員さんや部下など、立場の弱い人に向かって、横柄な態度を取る男性から、居心地の良さは微塵も感じられません。

②大きな器、包容力を身につける

女性の多くは、男性に「大きな器」や「包容力」を求めています。

いざという時に、頼り甲斐のある男性に「一緒にいて楽」と感じるのは、当然のことです。

③ダメなところはダメと叱る

男性の中には「なんでもいいよ、いいよと許すことが大切」だと勘違いしている方がいます。女性は、そんな優しさは求めていません。

善悪を理解し「ダメなことは、ダメ!」と叱ってくれる男性にこそ、安心感と信頼が生まれます

④沈黙が気まずいと感じさせない

沈黙になると「なんとかして、会話を広げないと」と思うのは、かなり辛いです。

会話をしようと頑張りすぎて、返って気まずい思いをした経験、誰にでも一度はあるでしょう。

「会話がなくても、全く気にならない」間柄は、気が楽ですよね。お互いが気を遣わずとも一緒にいられるような関係を築きましょう

⑤女性の話を否定せずに聞く

男性は結論が聞きたい生き物、女性は話に共感してもらいたい生き物です。

そのため女性は、自分の話を否定されることを特に嫌います。

男性の性質から、つい否定したり、結論だけを求めてしまいますが、その行動はタブー。

女性が話をしているときには「共感する」ことを肝に銘じておきましょう

⑥細かいことを気にしない

細かいことを気にする男性と一緒に過ごすのは、女性も息が詰まります。

自分がどうしても譲れないことは、仕方ないとしても、女性の行動全てにチェックを入れるのは、細かすぎです。

細かすぎる男性と「一緒にいて楽」だと感じる女性は、いないでしょう。

⑦女性の笑いに共感する

笑いのツボが同じであることは、恋愛関係や友人関係にはとても重要なポイントです。

いくら趣味や特技の話が合っていても、笑いのツボが合わない男性とは、一緒にいても「楽しい」と思いません。

笑いのツボが一緒な人には、女性だけでなく、男性も「一緒にいて楽」だと感じます

「一緒にいて楽」と「好き」って同じ?

「一緒にいて楽」だと感じるけど「好き?」と聞かれたらわからない。そんな微妙な感情の間で悩んでいる方も少なくありません。

「一緒にいて楽」と感じるのは、恋愛感情の他に友人関係にも当てはまります。

そんな時は、「あなたが一緒にいて楽な人の、異性の友人の存在が気になる?」と自分に問いかけてみてください。自ずと答えが見つかるはずです。

結婚相手は、一緒にいて楽な人?orドキドキする人?

マイナビウーマンが、このようなアンケートを実施しています。

それは「結婚するなら、一緒にいて『楽な女性』と『ドキドキする女性』のどちらがいいですか?」というもの。その結果は、

•一緒にいて楽な女性(82.8%)
•一緒にいてドキドキする女性(17.2%)

と一目瞭然。「一緒にいて楽な女性」に軍配があがりました。主な理由として、

•緊張しなくていい
•ストレスがない

などが挙げられています。世の中の男性陣は、どうやら刺激的な毎日よりも、安定を好むようですね。

Q結婚するなら、一緒にいて「楽な女性」と「ドキドキする女性」のどちらがいいですか?

一緒にいて楽な女性(82.8%)
一緒にいてドキドキする女性(17.2%)

出典;https://woman.mynavi.jp/article/160121-187/

長続きの秘訣は、一緒にいて楽な関係でいること

男女別に「一緒にいて楽」だと感じる人の特徴を紹介しましたが、いかがでしたか?

恋愛に、刺激は必要不可欠なのはもちろんです。しかし、刺激だけを求めた恋愛は、長続きしません。長続きしているカップルの多くは「一緒にいて楽」だと答えます。

刺激的な毎日を求めるのもいいですが、せっかく恋愛するなら、安定も手に入れたいですよね。

それなら「刺激を与えてくれる人」を探すのではなく「誰よりも自分のことを理解してくれる人」を探すといいですよ。