女性との距離を縮めるには?モテる男がデートで実践している6つの行動

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

意中の女性を落とせるか落とせないかの勝負となるのが、デート。デートの約束を取り付けたら、なんとしても成功させたいですよね。そこで今回は、モテる男性がデートで実践している6つの行動をご紹介します。「毎回、自分のデートに自信がない」「次のデートで絶対に彼女をモノにしたい」という人は、是非参考にしてくださいね。

モテる男がデートで実践している行動①初めての場所に行く

デートを計画するとき最初に決めるのが、デートの行き先。デートの行き先を決めるのって意外と難しいもの。気になる女性とデートの約束を取り付ける度に「女性を喜ばせるためにはどこへ行くべきか?」と悩んでしまう人は多いでしょう。

こんなとき、モテる男性はデートの行き先にふたりが今まで行ったことのない場所を選びます。食事をするレストランにしても、ドライブの行き先にしても、遊園地などのアミューズメント施設にしても、ふたりにとって初めての場所を選ぶのです。

中には「初めての場所より、今まで行ったことのある場所のほうが余裕を持って女性をエスコートできるんじゃ?」という人もいるかもしれませんが、それはおすすめできません。

というのも、今まで行ったことのある場所をデートの行き先にすると、女性は「過去に誰と来たんだろう?」と、男性の過去に対して不安を抱きます。その結果、いらないことを考えさせてしまい、心行くまでデートを楽しんでもらうことができないのです。

この点、男性も女性も行ったことがない場所をデートの行き先にすれば、女性は男性の過去を気にすることがありません。

2人にとっての「はじめて」が距離をグッと縮める

今まで行ったことのない場所へ女性を連れていくと、女性は「私は過去の女性よりも特別なんだ」「過去の女性と比べることなく、私をちゃんと見てくれているんだ」という印象を抱き、男性に対して好意を持ちやすくなります。

そして、はじめてを共有することで、ふたりしか知らない特別な思い出を作ることもでき、結果としてふたりの関係が縮まりやすくなるのです。

モテる男がデートで実践している行動②女性に支払いをさせない

モテる男性の辞書に、割り勘という言葉はありません。モテる男性は、女性の前では良い恰好をすることが当たり前と思っているので、女性に対して支払いを求めるなんていうことはしません。

中には、「女性と割り勘のほうが、相手に気を遣わせないんじゃ?」という人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

女性の本音と建前を見抜こう。男は良い格好してなんぼ!

「私も支払うよ!」と会計時に財布を出す女性もいますが、それはあくまでも建前。心の中では男性が支払ってくれるのを望んでおり、それと同時に男性の器の大きさをチェックしています。

「私も支払うよ!」と財布を出した女性の言葉に甘えれば、出費を減らすことはできますが、女性には「小さな男」「甲斐性のない男」として思われてしまうのです。また、「これからのデートも割り勘なんだろうなぁ」という不安も女性に与えてしまいます。

デートを成功させたいなら、出費を気にすることなく全てのデート代を持ち、心行くまで女性を楽しませる器の大きさが必要です。

モテる男がデートで実践している行動③スマホを触らない

仕事や特別な事情に関する電話が鳴らない限り、モテる男性はデート中にスマホを触りません。

考えてみてください。あなたの前で女性が四六時中スマホを触っているのを見たら、どう思いますか?「つまんないのかな?」「退屈なのかな?」と思うはずです。

つまり、デート中に男性が女性の前でスマホを触ると、「私ってつまらないんだ」「私って退屈なんだ」と女性を勘違いさせてしまうのです。

女性を不安な気持ちにさせないのが、モテる男。

スマホを触る行動は「ほかの女性とLINEしている浮気男なんじゃ?」「もしかして仕事が大変なんじゃ?」と、女性に変な誤解を与えてしまうことにもつながりかねません。

女性とのデートを満喫していること、女性との時間を大切にしていることをアピールするためにも、デート中は極力スマホを触らないようにしましょう。

モテる男がデート中に実践している行動④送り迎えを欠かさない

家の近い中学生や高校生のデートではよくある女性の送り迎えですが、モテる男性は大人になってもデートでの女性の送り迎えを欠かしません。

デートの約束では「現地集合で!」「〇〇駅の改札前で!」と待ち合わせ場所を決めがちですが、モテる男性は車があっても車がなくても女性の家の近くまで迎えに行き、帰りは家の方向が正反対でも女性を家の近くまで送るのです。

「そこまですると、逆に迷惑がられるんじゃ?」と思うかもしれませんが、女性はお姫様気分を味わいたい生き物。ちょっとした優越感を感じさせてくれる男性の行動に対して嫌な気はしないはずです。

相手を大切に思う気持ちが伝わるのは、言葉でなく行動。

デートで送り迎えをするという行動は、「君に対しては時間や交通費も惜しくないよ」という女性に対しての気持ちの表れでもあります。

女性は男性のちょっとした行動を深読みする傾向にあるため、「この人は私のことをそれほど大切に思ってくれているんだ」「私と少しでも一緒にいたいと思ってくれているんだ」という気持ちを抱き、男性に対して好意を抱きやすくなるのです。

モテる男がデート中に実践している行動⑤聞き上手になる

モテる男性は、デート中の会話で女性の聞き役になるのが上手です。

女性は聞くよりも話したい生き物。デート中、男性は自分の話をして女性にアプローチをしてしまいがちですが、女性をいい気分にさせるなら、自分が話すよりも女性に話を振って聞き役になるのが正解。

会話を切り出すと同時に女性に質問を投げかけ、女性の話を聞いてあげましょう。

女性は共感を求める生き物

なお、相談事を持ち掛けられた際には、はっきりとした結論を言わず、女性に同調してあげるのが鉄則。女性は会話において結論や意見を求めておらず、ただ自分に共感・同調して欲しいだけなのです。

「仕事こんなことがあったんだ~。大変だったよ~。」なんて言われると「じゃあこうすれば?」と具体的なアドバイスをしたくなるところですが、「それは大変だったね。俺も同じ立場だったらそう思うよ」と女性側の気持ちに便乗してあげてください。

また、女性は話すことでストレスを解消するため、オチのない話もします。その際、「それで?」と話のオチを求めるのもNG行為です。

話のオチを求めると女性に恥をかかせてしまうため、オチの話をされた際には「うんうん」と頷いて話を聞いてあげるか、「そういえば」と話を切り替えるかで会話をうまくやり過ごしましょう。

モテる男がデート中に実践している行動⑥女性を気遣う

女性は恥ずかしがり屋且つ辛抱強いので、デート中にトイレへ行きたくなっても我慢しますし、疲れていても笑顔を振りまいて耐えようとします。モテる男性はそんな女性心理を理解しているため、こまめにトイレやカフェで休憩をしたりして、女性の身体を気遣ってあげることができます。

一緒にいて居心地の良い存在を目指そう

男性の気遣いある行動は、女性からすれば非常に居心地の良いもの。女性にとって一緒にいて楽な存在となり、距離が縮まりやすくなります。

なお、女性を道路側に歩かせない、女性の歩幅に合わせてあげるといった行動も女性への気遣いを感じさせるもの。女性の立場になって物事を考えれば、自然と気遣いある行動ができるはずです。

6つの行動で女性が胸キュンするようなデートを

今回ご紹介したモテる男性が実践している6つの行動を心掛ければ、デートで女性を満足させられること間違いなし。「今までのデートで一番良かった!」と女性を胸キュンさせるためにも、デートの際には是非実践してみてくださいね。