看護師の彼女って魅力的?看護師の女性と付き合うメリット・デメリットとは?

この記事を書いた人
❁.。IZUHAZU。.✽

2年間の社内恋愛を経て7歳年上の男性と2014年結婚。2015年長男を出産し、2018年に長女を出産。現在2人の育児に奮闘する専業主婦。

男性のほとんどが、憧れを持っている看護師。看護師の女性に対して「高嶺の花」のようなイメージを抱く方もいるのではないでしょうか?

今回の記事では、看護師の女性と付き合うメリット、デメリットを解説しています。

また、看護師の女性が好む男性のタイプや、看護師と出会えるおすすめのスポットまで詳しく紹介。

憧れの看護師を、ゲットするためのノウハウがたっぷり詰め込まれています。

彼女が看護師って魅力的?

マイナビウーマンが、このようなアンケートを実施しています。それは「結婚したい女性の職業BEST10」というもの。

気になる1位は『看護師』でした。

やはり、多くの男性にとって看護師という職業は魅力的なのでしょう。「安定している」というのも、魅力ポイントなのかもしれませんね。

結婚したい女性の職業BEST10

af0100013785w

まずは未婚男性に、結婚したい女性の職業について、アンケート調査してみました。

☆Q.結婚したい女性の職業は?

・第1位 看護師(8.9%)
・第2位 医師(5.2%)
・第3位 公務員(4.2%)
・第4位 保育士・保母さん(3.6%)
・第5位 キャビンアテンダント(CA)(3.1%)
・第6位 アイドル(2.1%)
・同率6位 アナウンサー(2.1%)
・第8位 事務職(1.6%)
・第9位 弁護士(1.0%)
・同率9位 会社員(1.0%)
・同率9位 女優(1.0%)

※有効回答203件、11位以下省略

出典;https://woman.mynavi.jp/article/170426-15/#anchor-2

看護師の女性と付き合うメリット・デメリット

「看護師の彼女は魅力的」と思っている方は大勢います。しかし、「どうして魅力的なの?」と聞かれたら、具体的な魅力ポイントを言語化できない人もいるはず。

ここでは、看護師の女性と付き合うことで得られるメリット、デメリットを解説していきます。

看護師の女性と付き合うメリット

まずは、看護師の女性と付き合うメリットから紹介していきましょう。

①自立した大人の付き合いができる

看護師という仕事は「人の命を預かるもの」です。責任を持って業務に当たっているため、自立している女性がほとんど。

男性と交際したからといって、頼りきりになるのではなく、適切な距離感を保てます。

「自分の時間と、2人の時間どちらも大切にしたい」と割り切り、大人の関係を求める男性との相性はバツグンです!

②病気や風邪を引いた時に頼りになる

病気や風邪を引いている人の対応は、心得ているのが看護師です。一般的な職業の女性に比べ、知識が豊富なことは当たり前。

最新の知識で看病に当たってくれることでしょう。弱っている時に、頼れる存在がいるのは、大きなメリットです。プロの看病を無料で受けれるのも、なんだか特別感がありますよね。

③金銭的に安定している

女性も、社会の第一線で活躍できるようになりました。とはいえ、給料面で男性に追いつくのは、まだまだ難しいのが現実。

しかし、看護師は女性の職業の中でも高収入と言われています。彼女の給料を当てにはしなくても「安定している」という安心感で、将来の不安は軽減されますよね。

看護師の女性と付き合うデメリット

看護師の女性と付き合うことは、メリットだけではありません。メリットがあれば、デメリットももちろん存在します。看護師の女性と付き合うデメリットを解説。

①生活リズムが合わない

好きで付き合っているのですから

  • 「休日は2人で出かけたい」
  • 「仕事の疲れを彼女に癒されたい」

と思うのは、通常のことでしょう。

しかし看護師は、夜勤があったり、土日休みではなかったりと不規則な生活を送っています。そのため、思うようにデートができないことも少なくありません。

「自分の休みに合わせてほしい」と思う男性は、生活リズムが合わないことが不満になるでしょう。

②男性よりも高収入な場合がある

先程、看護師は女性の職業の中でも高収入だと紹介しました。「高収入ってメリットじゃない?」と思われるかもしれませんね。

もちろん、高収入であることはメリットに変わりありません。しかし、彼女の給料が自分の給料より多くてもメリットだといえるでしょうか

男性は、プライドが高い生き物です。女性の給料が、自分の給料より上だと劣等感を感じる方もいるのです。

③尻に引かれてしまう

看護師は、責任を持って業務に当たっているため、自然と気が強くなってしまうもの。気が強くないと看護師の仕事は務まらないといってもいいでしょう。

看護師の女性は、彼氏や友人にも言いたいことは、はっきりと伝える傾向があります。

そのため、長い年月一緒にいると、かなりの確率で尻に引かれることになるでしょう。

看護師の女性が好む3つの男性の特徴

自立している看護師の女性は、どのような男性を好むのでしょうか?

看護師の女性が好む男性の特徴を3つ紹介します。

①融通が利く職業の人

看護師には、土日がありません。また夜勤があったりもするため、生活リズムが不規則だと紹介しました。

しかし、忙しい看護師だって好きな男性からの癒しを、諦めているわけではありません。忙しいからこそ、好きな人からの癒しの時間を人一倍求めています。

だからこそ、休日に融通が利く職業に就いていて、フットワークが軽い男性に惹かれます

②自分のペースに合わせてくれる人

看護師の女性は、仕事が激務でストレスフルな分、プライベートでわがままになってしまう方が多いです。

そのため、彼女のペースに合わせて付き合っていける大人な男性が好み

  • 「今日は、家でゆっくり休みたい」
  • 「思いっきりストレス発散したい!」

など、彼女の要望を快く受け入れられる、懐の広い男性が看護師達の憧れです。

③自立していて包容力がある人

人の命を扱っているため、勤務中は休まる時間なく、いつも気が張っています。彼氏にまで、甘えられていたら、彼女の心は、休まる時間がありませんよね。

自立していて安定している男性には、思いっきり身を委ねることができます。看護師の女性は、交際する男性に包容力を求めているのです。

看護師の彼女をゲットできる3つの出会いの場

「看護師の彼女をゲットしたいけど、どこで出会えばいいの?」なんて方もいるのでは?

看護師の彼女をゲットできるおすすめの出会いスポットを3つ紹介します。

①病院で出会う

看護師が病院にいるのは、当たり前です。一番手っ取り早いのは、病院に通うことでしょう。病院に行けば、看護師と確実に出会えます。

しかし、連絡先などをいきなり聞くのはタブー。「めんどくさい患者」のレッテルが貼られますよ。まずは、少しずつコミュニケーションをとることからスタートさせましょう。

②看護師の友人の紹介や合コン

「看護師や医者は、忙しいから飲み会とかしてなさそう」というイメージはありませんか?実は、それは大きな勘違いなのです。

医者や看護師は、忙しい合間を縫って飲み会などに頻繁に参加しています。1人でも医療関係に知り合いがいれば、そこから輪を広げていくのも一つの手

③病院の近くの居酒屋

病院近くの居酒屋は、医者や看護師の溜まり場になっている確率が高いです。看護師の女性は、インスタ映えするようなお店より、男勝りな居酒屋が好み。

サクッと飲めそうな居酒屋に、足繁く通い好みの女性に声をかけてみましょう。

下心を見せるのではなく、あくまで「一緒に楽しく飲みませんか?」のスタンスで声をかけるのがポイント

看護師の彼女との上手な付き合い方

看護師という職業は特殊です。看護師という仕事を理解しなければ、上手く交際することは困難。

看護師の彼女と上手く付き合っていくために、押えておきたいポイントを3つ解説!

①連絡するタイミングを見極める

看護師の中には、24時間体制で働いている方もいます。連絡するタイミングを見極めなければ、あなたの存在が負担に変わりかねません。

彼女の生活リズムが不規則なことを理解し、連絡するタイミングを見極めましょう

②彼女の給料を当てにしない

彼女が高収入だと、中には彼女の収入を当てにする男性も出てきます。しかし、この行動は2人の関係に溝をつくるだけ。

彼女の収入がいいからといって、

  • デート費用は彼女もち
  • 彼女にお金をせびる

など、彼女の収入を頼るのはやめましょう

③彼女の飲み会が多くてもイライラしない

看護師は、

  • 仕事終わりにサクッと飲みに行く
  • 医療関係者との会合

など、飲み会の多い職業でもあります。

彼女のプライベートに、いちいちイライラしていては、あなたの気持ちが持ちません。

飲み会が多くても「付き合い。仕事の一環」だと割り切ることが大切です。

看護師の彼女も、恋人からの癒しを求めている

看護師の女性と付き合うメリット、デメリット、好みのタイプや付き合い方まで紹介しましたが、いかがでしたか?

彼女たちは『白衣の天使』と称されていますが、1人の女性であることは変わりません。1人の女性として「好きな男性に癒されたい」と思っているのです。

白衣の天使との交際は、困難もたくさんあることでしょう。しかし、その困難は2人に愛があれば乗り越えられることばかり

看護師の女性との交際を求めているなら、看護師の女性を包んであげられる包容力を磨くことから始めましょう