LINEが嫌いな女性の特徴とLINE以外のアプローチの方法を解説します

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

もし、気になる女性にLINEを送っても、あまり返信が返ってこない場合、その人は、「LINEが嫌いな女性」である可能性が高いです。LINEが嫌いな女性に共通する特徴はあるのでしょうか。

また、記事の後半では、「LINEが嫌いな女性」に対して、男性からできる「LINE以外のアプローチの方法」についても解説していきます。気になる女性に適切な方法でアプローチすれば、成功率はグンと上がるはずです!

LINEが嫌いな女子は意外と多い?

あなたは、「LINEが嫌いな女子」が意外と多いということを知っていましたか?「文章だから相手の感情が読めない」、「ラリーのようなやりとりが苦手」というのが、LINE苦手女子の意見です。

他にも、「長話をするなら、直接会ってしゃべりたい」と考える女子も多いようです。たしかに、 LINEだと相手の返信のタイミングがあるので、直接しゃべる方が話に花が咲きますよね。

では、LINEが嫌いな女子には、どんな特徴があるのでしょうか。

出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18)

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

▼withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

▼クロスミーを無料ダウンロード


サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

▼タップル誕生を無料ダウンロード


他には、厚生労働省が利用を推奨している「COCOA」というアプリもおすすめです。

COCOAはスマホのBluetooth機能を利用して、新型コロナウイルスへの感染が判明した人との出会い・濃厚接触の可能性を確認することが可能で、ウイルスの感染拡大、クラスターの発生を防止できるんです。

上で紹介した他のアプリとは異なり、顔写真やプロフィールなどの登録をしなくても使うことができ、非常に手軽で、さらに18歳未満でも利用可能です。

もし自分が陽性になってアプリから情報を登録しても、個人情報は公開されないので安心。

ただし、このアプリはみんなで使わなければ効果も期待できないので、「どうせみんな使ってないでしょ」などと言わず、まずはあなたがダウンロードして使ってください。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan無料posted withアプリーチ


LINEが嫌いな女子の特徴①既読になってから返信が来るまでが遅い

LINE好きな女子は、メッセージを読むと、すぐに返信します。しかし、LINEが嫌いな女子は、既読になってから返信が来るまでかなりの時間がかかります。
例えば、「19時にLINEを送り、相手の既読がついている。しかし、返信がくるのは、いつも翌日の朝…」という経験はありませんか?この場合、相手は「LINEが嫌いな女子」である可能性が高いです。

返信が遅くなってしまう理由としては、「どんな返信が適切なのか、考えるのに時間がかかってしまう」、「何回もやり取りをするのが面倒なので、ついつい後回しにしてしまった」などがあげられます。

後者の女性は、「すぐに返信してしまうと、またメッセージが戻ってきて、やり取りを続けるのが面倒だ」と思っています。既読をつけてもすぐに返信せずに、あえて時間が経ったころに返信するパターンですね。面倒くさがりな女子や、仕事で毎日忙しい女子に多い傾向です。

また、1対1のトークだけでなく、グループLINEで返信が遅い人も、「LINEが嫌いな女子」に当てはまるでしょう。

LINEが嫌いな女子の特徴②既読無視もしばしば

グループLINEでやり取りをしていると、「たった10分間に、数十件もの通知がたまっていた!」なんて経験はありませんか?

LINEが嫌いな女子は、通知がたまることに対して「面倒だ」、「返信する気が起こらない」と感じています。「LINEで何回もやり取りをするくらいなら、直接会って話した方が早く用事を済ませられるのに」などと考えている女子も少なくありません。これが、あえて既読無視をする理由です。

また、1対1のトークの場合でも、同じような理由から既読無視をする場合があります。特に「返さなくてもいい内容のLINE」には、既読無視を行うことが多いです。例えば、「話題のカフェに来てます!」や「昨日遅かったから眠い…」など、報告のようなメッセージは既読無視されやすいです。メッセージを見て、「ふーん、そうなんだ」と思うだけで終わってしまうのです。

既読無視をされた場合は、”質問系”の内容を送ってみましょう。相手は質問が来ると、返信しないといけなくなるため、既読無視しづらくなります。ただ、質問を送り過ぎると、ウザがられてしまうので注意が必要です。

LINEが嫌いな女子の特徴③スタンプだけの反応が多い

LINEの返信がスタンプだけということが多いケースも、その女子は「返信すること自体が面倒だ」と感じています。文章ではなく、パパッと送れてしまうスタンプを利用して、返信を済ませているのです。

スタンプだけの反応で済ませがちな女子は、普段のLINEのやり取りも「短文」である場合が多いです。もしあなたがLINEを送っても、「短文」やスタンプばかり返ってくるのであれば、相手の女子はLINE嫌いな人である可能性大です。直接会って話すときは普通に会話をしてくれるならば、LINE嫌い女子であることは決定的でしょう。

LINE以外のアプローチが効果的

あなたが好意を抱いている女子がLINE嫌いの場合、いくらLINEのやり取りの注意点をクリアしても、根本的な問題の解決にはなりません。つまりは、「LINE以外で相手にアプローチする必要がある」ということなのです。
では、どのようなアプローチが効果的なのでしょうか?

1.会ったときにアプローチをかける

LINEが苦手な女子なのでしたら、LINEで一生懸命アプローチをかけても意味がありません。むしろ相手に「めんどくさい」と思われて、印象が悪くなってしまうばかりです。

LINEが嫌いな女子には、実際に会ったときにアプローチをかけにいきましょう。あまりしつこすぎるアプローチはうざがられてしまいますが、相手の話を親身に聞いたり、相槌をうつだけでも好印象を与えることができます。
LINEではあまり話さないけど、実際に会ったらよくしゃべる子だったなんてこともあります。自分の話を聞いてほしいと思っている女子も多いので、じっくり話を聞いてあげましょう。

また、ストレートに自分の気持ちを伝えるのも効果的です。遠回しのアプローチではなく、直球勝負のアプローチでも女子はキュンとしてしまうものなので効果的ですよ。

2.電話をしてアプローチをかける

LINEが嫌いな女子には電話をかけましょう。相手の返事を待っているよりも電話のほうが効率よく会話をすることができますし、声で相手の反応がわかるので臨機応変に対応できて会話も盛り上がりやすいです。

会話の流れが落ち着いたら、デートの約束を取り付けてみましょう。LINEではすぐに決めることができない内容でも、電話だったらすぐに会う約束を取り付けられる可能性が高いです。

 

いかがでしたでしょうか。今回は、LINEが嫌いな女子の特徴と、LINE以外のアプローチの方法について解説しました。好きな女子からのLINEがそっけないと、誰でもショックを受けます。そのときは、直接会ったり、電話をかけるなどして、アプローチをかけてみましょう。

あなたと気になるあの子との距離が近づくために、少しでもこの記事が参考になれば幸いです。