彼女に甘えたい男性は意外に多い?甘えさせ上手な女性の特徴も紹介

この記事を書いた人
❁.。IZUHAZU。.✽

2年間の社内恋愛を経て7歳年上の男性と2014年結婚。2015年長男を出産し、2018年に長女を出産。現在2人の育児に奮闘する専業主婦。

あなたは「彼女に甘えたい」と思ったことありますか?

今回の記事では、彼女に甘えたいと思う男性の心理を紹介しています。

甘えさせ上手な女性の特徴や、女性に引かれず上手に甘える方法も併せて解説しています。

「日々の生活に疲れて、彼女に甘えたい」と思っている男性、必見の内容となっています。

彼女に「甘えたい!」と思う男は意外に多い?

恋人に甘えるといったら、なんだか女性のイメージがありませんか?しかし「甘えてもいいのは女性だけ」なんて決まりはありませんよね。

女性だって、恋人に甘えたくなるのと同じで、男性も時に「恋人に甘えたい」と感じています。

マイナビウーマンが、このようなアンケートを実施しています。それは『Q彼女に甘えるのは好きですか?』というもの。結果は、

  • はい(61.8%)
  • いいえ(38.2%)

と、約6割の男性が「甘えたい」と思っていることがわかりました。

「予想より多い」と感じた方が、多いのではないでしょうか?

普段から、気を張って働いている男性だからこそ、プライベートは彼女に甘え、癒されたいと思うのでしょう。

Q彼女に甘えるのは好きですか?
はい(61.8%)
いいえ(38.2%)
※有効回答数387件

出典;https://woman.mynavi.jp/article/150307-137/

出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18)

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

▼withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

▼クロスミーを無料ダウンロード


サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

▼タップル誕生を無料ダウンロード


他には、厚生労働省が利用を推奨している「COCOA」というアプリもおすすめです。

COCOAはスマホのBluetooth機能を利用して、新型コロナウイルスへの感染が判明した人との出会い・濃厚接触の可能性を確認することが可能で、ウイルスの感染拡大、クラスターの発生を防止できるんです。

上で紹介した他のアプリとは異なり、顔写真やプロフィールなどの登録をしなくても使うことができ、非常に手軽で、さらに18歳未満でも利用可能です。

もし自分が陽性になってアプリから情報を登録しても、個人情報は公開されないので安心。

ただし、このアプリはみんなで使わなければ効果も期待できないので、「どうせみんな使ってないでしょ」などと言わず、まずはあなたがダウンロードして使ってください。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan無料posted withアプリーチ


男性が「甘えたい!」と思う5つの瞬間

約6割の男性が「彼女に甘えたい」ということがわかりましたね。では、実際にどういった時に「甘えたい」と感じるのでしょうか?

ここでは、男性が思わず「甘えたい」と思う5つの瞬間を紹介します。

①仕事がうまくいかない時

男性は、ほとんどの時間会社で過ごしています。

会社でうまくいかないときは「自分の居場所がなくなるかも…?」という恐怖に襲われる方もいるのです。

そんなときは、大好きな彼女に甘えたくなるのも当然。彼女に甘えることで、エネルギーを充電しているのです。

②落ち込んでいる時

男性だって落ち込むことはあります。落ち込んでいるときに、1人でいたら気持ちはどんどん沈む一方。

落ち込んでいる時、誰かにそばにいてもらえるだけで、安心するのは男女共通なのです。

③嫌なことがあった時

②と似ているかもしれませんね。嫌なことがあると、誰かに話しを聞いてもらいたくなるのも当然。

大好きな人に、気持ちを話して共感してもらいたいですよね。

④寂しい時

彼女がいるから、寂しくないわけではありませんよね。彼女がいても「なんだか、寂しいな…」と感じることはあるのです。

  • 1人でボーっとしているとき
  • デートを終えて家に帰ったとき

など、楽しかった時間があるからこそ、余計に寂しさが増すものです。そんな時は「今すぐ彼女に会いたい」と甘えたな気分になってしまいます。

⑤彼女に久しぶりに会えた時

  • 仕事が立て込んでいて会えなかった
  • 遠距離で久々の再会

など「やっと会えた喜び」と「次会えるまでの寂しさ」が入り混じり、甘えるという行動になる男性は多いです。

彼氏が甘えてきた!気になる女性の本音とは

世の中の多くの男性は、彼女に甘えているようです。

しかし、実際に甘えられた女性は、どのように感じているのでしょうか?

彼氏が急に甘えてきた時、女性はどう感じているのか、気になる本音を紹介していきましょう。

①子犬みたいで可愛い

甘えくる男性が年下だと特に「可愛い」と感じてしまうのだそう。

人懐っこく甘えてくれるその姿は、なんでも聞いてあげたくなっちゃうのかもしれませんね。

②素を見せてくれている気がして嬉しい

普段、男らしくしている男性が甘えてきたら、自分にだけ弱みを見せてくれている気がしますよね。

女性は、特別感に弱い生き物。自分しか知らない姿を見せてくれるあなたに、キュンとしているのです。

③ママにはなりたくない

男性は、いつまでも母親が大好きです。そんな男性は、甘えさせてくれる女性に対して『お母さん』と重ねてしまう傾向が。

彼女は、あなたにとってお母さんではありません。母親に甘えるように、甘えられたら「あなたのママじゃないから」と思うのは当然でしょう。

④自分に余裕がないと、イライラする

男性が余裕を持てない時があるのと同じで、女性も余裕がない時があります。自分に余裕がないときに、甘えられてもイライラするのは仕方ありません。

自分の感情を優先して、彼女に甘えるのは控えた方がいいでしょう。

⑤常に、男らしくいてほしい

「常に男らしくいるべき」という男性像が固まっている女性は、なかなか甘えてくる男性を受け入れられないかもしれません。

中には「男のプライドはないの?」なんて厳しい意見を持った女性も存在します。

甘えさせ上手な女性に共通する5つの特徴

プライベートで「彼女に甘えたい」と思っているなら、甘えさせ上手な彼女と付き合うのが一番!

ここでは、甘えさせ上手な女性に共通する5つの特徴を紹介しています。甘えさせ上手な彼女をゲットして、心置きなく甘えちゃいましょう!

①人の気持ちを考えられる女性

相手の立場になって物事を考えられる女性は、とても思いやりのある人です。

あなたが「今、どうして甘えたいのか?」その気持ちを考えてくれることでしょう。

②癒される雰囲気が出ている女性

「何かそうさせているのか?具体的なことはわからないけど、なんだか癒される」そんな女性はいませんか?

癒しの雰囲気が漂う女性は、甘えさせ上手。ふわっとした優しい空気で、甘えたいあなたの心を包んでくれることでしょう。

③聞き上手・褒め上手な女性

聞き上手で褒め上手な女性は、あなたの自尊心を満たしてくれるに違いありません。

あなたが納得いくまで話を聞き、あなたの頑張りを認めてくれるはずです。

それが、あなたの自信に繋がることでしょう。

④精神的に自立している女性

精神的に自立している女性は、弱っている男性を受け止められる強さを兼ね備えています

彼氏に依存せず、自分の時間も充実させられる女性は、男性の甘えたな気持ちもドシっと受け止めてくれることでしょう。

⑤いつでも味方でいてくれる女性

  • 「いつでもあなたの味方でいる!」
  • 「いつも心は繋がっている!」

など、心がパッと明るくなる言葉をくれる女性は、

  • 背中を押してほしいときは、背中を押す
  • 甘えたいときは、甘えさせる

などと、あなたの希望を叶えてくれます。

彼女に引かれず甘える3つの方法

甘えさせ上手な彼女でも、甘え方を間違えたらドン引きしてしまいます。彼女に引かれず甘えるポイントを押さえておくことで、彼女の母性本能をくすぐれます。

では早速、彼女に引かれず甘える3つの方法をみていきましょう。

①空気を読んで甘えること

人がたくさんいる場所など、公共の場で甘えるのは厳禁。

今すぐ甘えたいからといって、突き進むのはNG

今甘えてもいい時か?そうでないか?空気を読むことは忘れてはいけません。

②甘えても、ぶりっ子しない

男性が甘えるのは可愛いと思えても、ぶりっ子は嫌う女性が多いです。

甘えたいならとって、ニャンニャンモードで甘えるのは、女性をドン引きさせるでしょう。

③「甘える」と「わがまま」をはき違えない

「甘えさせてくれる」を「わがままを聞いてくれる」と捉えるのは、大きな間違い

「甘える」と「わがまま」をはき違えたら、女性の気持ちは離れてしまいます。懐の広い女性だからといって、自分勝手な意見を受け止めてくれるわけではありません。

女性の気持ちを考えず、

  • しつこく甘える
  • 自分本位な意見を押し付ける

など「迷惑」に繋がる行動は控えましょう。

彼女に上手く甘えて、モテる男になろう♡

どれくらいの男性が「彼女に甘えたい」と思っているのか?甘えさせ上手な女性の特徴や、甘えられた時の女性の本音を紹介しましたが、いかがでしたか?

甘えさせ上手な女性は、男性に甘えられることで、母性本能が満たされることがわかりました。

男性が甘えたい時に甘えれば、母性本能が満たされ、男性の欲も満たされる。なんだか一石二鳥な感じがしますよね。

男性は「いつも強くあるべき」なんて決まりはありません。誰かに甘えたい時は、甘えたっていいのです。

上手な甘え方を身につけて、男らしさと可愛らしさのギャップで、モテる男を目指しましょう