既婚女性に告白しちゃう男の心理5つ|ピュアな恋心かそれとも遊び…

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

世の中には、既婚女性に対して恋愛感情を抱き、告白をしてしまう独身男性も少なくありません。告白されても「結婚しているから」と断る女性がほとんどですが、中にはそのままお付き合いする人もいるでしょう。既婚女性に告白をしてしまう男性の本音は恋なのか、それとも遊びなのか…。この記事では、結婚している女性に告白してしまう男性の心理についてご紹介していきます。

既婚女性に告白する男の心理①:寂しい心の穴を埋めたい

「現在彼女がいなくて寂しい…」、「結婚を考えられる相手がいなかったけど、やっぱりひとりでいると寂しさを覚える…」など、寂しさから既婚女性に告白するという男性も多いです。

既婚女性に告白する男性は、これまでの恋愛経験で、独身女性との恋愛が上手くいかなかった人が大半でしょう。恋愛がうまくいかないと、人は「ありのままの自分を受け入れてくれる人がいないのではないか」と不安に駆られます。そんなとき、包容力のある既婚女性に出会い、優しく接してもらうと、心が癒されます。

また、彼女もおらず、趣味もなく、友達も少ないとなるとますますひとりの時間が増え、余計に孤独を感じ、寂しくなります。寂しさから心の穴を埋めて欲しいと思うようになり、実らないことが分かっていても、自分の気持ちを相手に伝えたくて告白をしてしまうのです。

この場合はどちらかというとピュアな恋心でしょう。「夫から奪って結婚したい」までの気持ちではない可能性もあります。男性が単に寂しさから告白をしてきているなと感じたときは、相手の思いには答えてはあげられないことを伝えた上で、友達として接してみるのはありかもしれないですね。

既婚女性に告白する男の心理②:ワンナイト目的

恋というよりも、ただの遊び目的の軽い気持ちで告白する独身男性もいます。この心理は、女性としてはあまりいい気がしないですよね。

ちなみに、ワンナイト目的とは文字どおり一回限りの関係を持とうとすることです。このワンナイトを目的としている男性は、相手の家庭のことなどそもそも考えておらず、逆に既婚女性の方が後腐れがなくて都合がいいと思っているでしょう。

男性が性欲を満たす相手として独身女性を選ぶと、のちに結婚など色々な責任が出てくるリスクがあります。結婚をする気がない男性にとって、既婚女性は結婚を考える必要がないため、ワンナイトの相手としてちょうどいいのです。

また、男性は女性と違って心と体がセットではないといわれています。つまり、たいして好きではない女性相手でも、性欲を満たすために、すんなり体の関係を持ててしまうのです。

ですから、告白後すぐに体の関係を持とうとする男性は注意が必要です。相手はただ体の関係だけが目的だということを、肝に銘じておきましょう。

既婚女性に告白する男の心理③:アルコールの勢いでつい…

飲みの席で、つい飲みすぎて酔いがまわると、開放的な気持ちになり、勢いでつい自分の気持ちを言ってしまうこともあるでしょう。働いている既婚女性であれば、仕事場の飲みの席でそんなことに遭遇することがあるかもしれません。

しかし、いくらアルコールが入っていたとしても、全く関心のない女性に対して告白をするという大胆な行動は起こせません。告白をするということは、常日頃から好意を抱いているのは確かでしょう。お酒の勢いもあり、胸に秘めていた思いを止めることができなくなってしまったのですね。

相手の男性によりますが、アルコールの勢いで告白するパターンは、恋心と遊びどちらの場合も考えられます。どこまで真剣な思いかは人それぞれです。また、なかには、飲みすぎてて、次の日には告白したことを覚えていないというケースも。いずれにせよ、深入りは禁物です。真剣な気持ちであろうとなかろうと、相手の気持ちに応える気がないなら、お酒の席のことと聞き流しておくのが賢明です。

既婚女性に告白する男の心理④:夫よりも自分が上だと証明したい

こちらは遊びではなく、既婚女性を本気で愛してしまっている場合の心理ですね。
「結婚していることはわかっているけれど、簡単に諦めきれない…。」
このように頭ではわかっていても、割り切ることができない段階まできているため、最終的には夫より自分の方を愛して欲しいと望んでしまうのです。

さらには、夫と離婚して欲しいと望む場合も。それを叶えるための第一段階として、告白して、自分の気持ちをストレートにぶつけてくるのです。そして、自分の方が夫よりも幸せにできる男だと証明しようとしているのですね。

特に、既婚女性が夫の愚痴を言っているなら、男性は夫の欠点なども知っています。また、女性が夫のどこに不満を持っているのかもよくわかっています。そこを突いて、自分の方が男として上だとアピールしてくるのです。

男性の気持ちが強すぎてちょっと困ってしまう場合は、夫の悪口などを男性の前で言わない方がいいでしょう。

既婚女性に告白する男の心理⑤:本当に好きでたまらない

こちらも、遊びではなく本気の恋愛モードに入っている場合の心理です。このタイプは、もう理性よりも感情で突っ走ってしまいます。また、そもそも相手が独身か既婚かすら関係なく、単に「好きになった人が既婚者だっただけ」と思っている人もいます。

その女性のことがとにかく好きでたまらなくて、「とにかくこの気持ちを伝えたい」、「早く告白したい!」という思いから告白してしまうのでしょう。

告白すること自体は問題ありませんが、これが行き過ぎてしまってストーカーのようになると危険です。「家庭の事情を無視して連絡してくる」、「待ち伏せをされる」など、精神的に追い込まれるレベルであれば注意が必要ですね。

こうならないためにも、告白されたときには、はっきりとその気がないことを伝える必要があります。
告白には感謝の気持ちを伝えたうえで、自分にはその気がないことを伝えれば、相手の心の傷は最小限で済みます。

既婚女性に告白をしてしまう男の心理をご紹介してきました。現代では、結婚後も共働きの家庭が多いので、既婚女性が配偶者以外の異性と出会う機会が多くなっています。そのため、職場の男性から好意を持たれて告白される可能性もあります。専業主婦の方でも、趣味や昔からの男友達と遊ぶこともあるでしょう。
ピュアな恋心か遊びか…。どちらにしても夫と別れるつもりがないなら、あらぬ誤解を受けないように接することが一番です。既婚女性に告白してしまう男性の心理を理解したうえで、冷静に自分にとって適切な対応をしましょう!