男女別に恋人と別れる理由を紹介。円満に解決できる方法を伝授

この記事を書いた人
❁.。IZUHAZU。.✽

2年間の社内恋愛を経て7歳年上の男性と2014年結婚。2015年長男を出産し、2018年に長女を出産。現在2人の育児に奮闘する専業主婦。

あなたは、自らの意思で恋人に別れた経験はありますか?

別れを告げられるのも辛いですが、自分から別れを告げるのも辛いものですよね。

今回の記事では、何がきっかけで「恋人と別れたい」と思うのか男女別に紹介します。

本当は、嫌いじゃないけれど、やむ終えない理由から別れを決断する方もいるのだとか…。

円満に別れを告げるための方法も併せて解説していますよ。

出会いがあれば、別れがあるのも当然

「出会いがあれば、別れがあるのは当然」というのは、誰だってわかっていることではないでしょうか?

しかし、わかっていても大好きな恋人と別れるのは辛いこと。

付き合いが長くなれば「情」も生まれてしまいますよね。

女性に聞いた!彼氏と別れる理由とは?

好きで付き合い始めたのに「何か違ったかも」と別れがチラつくことは、誰にだってあるものです。

では女性は、どんな時に「彼氏と別れたい」と思うのでしょうか?

早速、女性の多くが「別れたい」と思う理由を見ていきましょう。

①プライドが高すぎてついていけなくなった

「男性はプライドが高い生き物」だと女性はしっかり理解しています。

しかし、あまりにプライドが高いと理解不能とお手上げ状態になってしまうケースも…。

  • 喧嘩しても絶対に謝らない
  • 自分の価値観だけを押し付ける

など、交際に不必要なプライドは女性の気持ちを一瞬で冷ましてしまいます

②彼氏が浮気をした

男性は「浮気相手に本気にならない」なんて説もありますが、どれだけ弁解しようが浮気は浮気。

例え一度きりの不貞行為だったとしても、女性側からすれば簡単に許せるはずありません

③彼氏がマザコンだった

「親を大切にするのがいけない」という女性はいません。しかし、彼氏にとって一番の存在がお母さんで、二番が彼女だと別れがチラつく気持ちもわかります。

お母さんを大切にしたい気持ちもわかりますが、彼女・お母さん・あなたの関係を良好に築きたいのなら、彼女を最優先にするべきです。

④必要以上に束縛されることに疲れた

女性の中には、束縛されることで愛されていると実感する方が存在します。

「束縛されることが嫌」という女性は、案外少ないものなのです。

ただしそれは「程よい束縛」に限った話。

  • 他の男と連絡をとるのは禁止
  • 同窓会や打ち上げなど、男性がいる飲み会は禁止

など、彼女の人間関係も脅かす束縛は「別れたい」と思われて当然です。

⑤自分を演出することが嫌になった

女性は、自分の全てを愛してもらいたい生き物。

「彼氏から嫌われたくない」と、ついいい彼女を演出してしまうもの。

始めのうちは、上手く演じられていてもだんだん辻褄が合わなくなり、交際することに疲れてしまうのです。

男性に聞いた!彼女と別れる理由とは?

女性が恋人と別れたくなる瞬間を紹介しました。次は、男性が「彼女と別れたい」と思う瞬間を紹介していきます。

女性と男性が「別れたい」と感じる瞬間には、どのような違いがあるのでしょうか?

男性の多くが「別れたい」と思う5つの理由を紹介していきます。

①彼女のワガママに付き合えなくなった

女性のワガママを「可愛い」と思える男性も存在します。

しかし、それはあくまで「可愛らしいワガママ」だからです。

  • 相手に対する思いやりがないワガママ
  • お金が絡むワガママ

など、行き過ぎたワガママは男性の気持ちが離れていきますよ。

②彼女が浮気をした

女性が「別れたい」と感じる理由にも入っていましたね。

やはり、恋人が別の人と関係を持つのは、男女共に許せないようです。

自分以外の人に気持ちが傾いているわけですから、当然といえば当然ですよね。

③デートや連絡がめんどくさくなった

付き合いが長くなると、新鮮味もなくなりマンネリ化してしまうもの。

  • デートが楽しくない
  • 毎晩、電話するのが億劫になっている

など「彼女との時間が自分にとって負担になっている」と感じると「別れようかな」と気持ちが揺らいでしまうのかもしれません。

④彼女との価値観が合わなかった

「女性はプライベートが一番」「男性は仕事が一番」と価値観が一致することはありません

合わない価値観をすり寄せながら、いい関係を築くのです。

しかし、中には「私と仕事、どっちが大事なの?」と無茶な質問をする女性も存在。

男性の仕事事情を理解できない女性とは、価値観が合わないと感じるのも仕方ありません。

⑤奢るのが当たり前になった

奢ることに限らず、デートの送り迎えなどが当たり前になるのも、別れの原因になるようです。

毎回、最大限に感謝の気持ちを伝えるのもわざとらしいですが、当たり前になるのは「寂しい」と感じてしまうのでしょう。

好き同士でいるのに別れる理由ってあるの?

ここまで、男性と女性が「恋人と別れたい」と思う理由を紹介しました。

男女別に別れたくなる理由を調べていると「別れたくないのに、別々の道を歩む決断」をしたカップルが、実は多く存在することが判明したのです。

好き同士でいるのに、別々の道?という矛盾に疑問を抱く方も多いかもしれません。

しかし、どの理由も「それなら別れを選ぶのは仕方ない…」と納得せざるをえないものばかりでした。

では早速、別れたくないのに別れを選ばなければならない3つの理由を見ていきましょう。

①親に反対された

家族は、絶対的な存在です。家族の反対を押し切ってまで交際を続けるカップルは多くありません。

自分に似た価値観を持っている家族だからこそ、信憑性もあります。

また「家族の気持ちを無視できない」というのも、別れを後押しするのかもしれません。

②遠距離恋愛になってしまった

進学や転勤などで、遠距離になってしまうカップルもいます。

気軽に会えない環境が辛いからこそ、別々の道を歩む決断をするのでしょう。

③どちらかに結婚する意思がないから

長く付き合っていれば「結婚」を意識するのも当然。

特に女性は、出産などタイムリミットもあるため結婚を決断しない男性に、しびれを切らすこともあるようです。

結婚願望がない恋人と付き合っていても、「年をとるだけで、時間の無駄!」と、好きでも次の恋へステップアップするのでしょう。

円満に別れるための3つの方法

振られるのも辛いけど、振るのも辛いと記事の冒頭で紹介しました。

一度は好きになった相手を自ら傷つけるのは、誰だってしたくないですよね。

しかし「傷つけたくない」と思いながら別れを告げると曖昧になり「もっと傷つけてしまった」と最悪の結末になることだってあるのです。

恋人に別れを告げる時に、気をつけておきたい3つのポイントを解説しましょう。

①LINEや電話で別れるのはNG

別れを告げる時、言いにくいからとLINEや電話に頼りたくなる気持ちはわかります。

しかし、一度は好きになった相手です。

別れたいなら、その理由を面と向かって伝えるのが礼儀でしょう。

②別れを告げるときは、きっぱりと

別れを告げた時、相手が「別れたくない」とすがってくるかもしれません。

しかし、そこであなたが揺れていては相手の気持ちを混乱させるだけ。

別れを告げる覚悟をしたなら、きっぱりと別れるべきです。

覚悟もできていないのに、別れを告げるのはもってのほかです。

③最後は感謝の気持ちを伝える

嫌いになって別れたとしても、最後は感謝の気持ちを伝えるのがマナー。

恋人がいるから、今の自分がいることを忘れてはいけません

「別れる別れない」は人それぞれ。別れる理由も各々ある

男性・女性、それぞれが「別れたい」と感じる瞬間、別れたくないのに別れを選ぶ理由や、円満な別れ方のコツを紹介しましたが、いかがでしたか?

嫌いになって別れるカップルもいれば、好きだけど別れるカップルもいるのです。

カップルが100あれば、出会いも100通り、別れも100通りあることが、今回の記事で理解できたのでは?

別れの危機は、どれだけ幸せそうなカップルにも訪れるものです。その別れの危機を、

  • これからも一緒に過ごすために解決する
  • お互いのためを思って別れる

と、どう向き合っていくのかは、あなた達次第。

それがどんな結果であれ、あなた達が納得していれば正解なのです。

答えが導き出せないときは「あなたがどうしたいのか?」を考えてみて。自ずと答えが見つかるはずよ。

恋人に真摯に向き合って、自分が納得いく素敵な恋ができることを祈っています。