彼女にキープされやすい男の特徴5選|セカンドメンズは優しい男?

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

「彼女が自分より友達との予定を優先する」、「都合よく扱われている気がする…」など。本気で好きだと思っていた彼女に、実はキープ扱いをされていたという経験はありませんか?「女性が男性にキープされてる」という話もよく耳にしますが、実は女性側も男性をキープするパターンがあるのです。そんな男性は、いわゆるセカンドメンズと呼ばれています。一見優しくて良い人なのに、どうして本命になれないのか?この記事では、彼女にキープされやすい男の特徴についてご紹介していきます。

彼女にキープされやすい男の特徴①:恋愛経験が乏しい

過去の恋愛経験が乏しい男性は、キープされやすい傾向にあります。女性への接し方をわかっていないため、女性にいいように扱われやすいからです。

さらに、恋愛経験が乏しいため、女心もあまり理解していません。彼女が「どうして気づかないの?」と思うこともよくあり、次第に本命の彼氏として扱われなくなるのです。

恋愛経験の乏しい男性は、少し女性に優しくされたり特別扱いされるだけで、自分は好かれているのだと自信を持つ場合もあります。そのため、自分がセカンドメンズ扱いされているなんて、気づいていないでしょう。まさか彼女がキープ男を作るような女で、自分が今キープされてるなんて、認識すらできないのです。

そんな恋愛経験の乏しい人がキープ男を抜け出すためには、まず男性をキープするような女性を見極め、毅然とした態度でいることが大事。男性をキープする女性は、どこか小悪魔チックで恋愛上手な傾向があります。表情がコロコロと変わりやすく、甘え上手で褒め上手なのです。そんな女性は、本命候補の男性が現れると、キープ男を捨ててあっさりと乗り換えてしまうでしょう。

そんな彼女の手のひらで転がされないようにするためには、以下の点に注意しましょう。

  • あえてLINEをまめに送らないようにする
  • 褒めるだけではなく、ときには彼女を叱る

彼女にキープされやすい男の特徴②:女性へ過剰に尽くす

女性に尽くす男性は、優しくて一見モテそうなイメージですよね。もちろん、「好きな女性に尽くしたい」という気持ちは大事です。しかし、過剰に尽くすほどになると、逆に彼女から本命と扱われづらくなるのです。その理由は、男らしくなく、どことなく頼りない印象を彼女に与えてしまうから。

また、「彼女のお願いはどんなことも聞く」、「呼び出されたらすぐ駆けつける」など、彼女の言うことに対してNOと言えないため、都合のいい男になりさがってしまうのです。

キープ男にならないためのステップとして大事なのは、彼女のペースになんでも合わせないこと。たまには彼女からの誘いをきっぱり断ることが重要です。

自分の時間をすべて彼女に捧げるのではなく、暇ができれば会うくらいのスタンスでいましょう。

彼女にキープされやすい男の特徴③:良い人だけど面白みがない

優しくて良い人といわれるのに、なぜかキープされてしまう男性は、彼女に「面白くない」、「つまらない」と思われている可能性もあります。一緒にいて安心はするけど、要はただの良い人。それ以上の関係までは考えられないと思われています。

結婚願望がまだない女性は、良い人相手の安心感よりも、どこか危険な雰囲気をまとった男性との“ときめく恋愛”を好みます。もちろん、最初のうちは彼女もあなたとのドキドキとした恋愛を楽しんでいるかもしれませんが、何度か遊ぶうちに物足りなさを感じ始めるのです。そこから、次第にただの良い人どまりになって、ドキドキもしなくなると面白みがなくなり、彼氏候補からセカンドメンズへと降格してしまうのです。

そんな理由でキープされてしまう男性は、ニコニコと彼女のいうことをただ聞いているだけでなく、ときには男らしく彼女を引っ張っていくような面を見せなければいけません。また、仕事で頑張ったり体を鍛えたり、趣味に没頭したり、男性としての魅力を磨いて、女性がほっとかないような男性を目指しましょう。

彼女にキープされやすい男の特徴④:素直すぎる

素直な人は、自分の気持ちに対して正直です。周りになんと言われようと、素直に相手のことを想い続けるのです。また、たとえ彼女にいいように扱われようと、嘘をつかれようと、彼女のことを信じて疑いません。

そして、素直すぎると自分の思っていることや気持ちを、彼女に全てさらけ出してしまう傾向があります。それは、「思っていることは正直に彼女に伝えるべき」だと思っているから。しかし、気持ちを全てさらけ出してしまうと、「良い人だけどなんか一緒にいてもつまらない」と彼女に思われ、キープ止まりになりやすいのです。

女性はどこかミステリアスな男性に惹かれるものです。そのため、男性の全てを最初に知ってしまうと、恋愛相手というより男友達のような位置付けになるのですね。

また、素直すぎるがゆえに、彼女の言う冗談を真に受けてしまうこともあります。冗談に対して本気で傷ついてしまったりすると、彼女も「この人、扱いづらいな…」と思ってしまうでしょう。

素直すぎる男性が、キープ男にならないために大切なのは、自分の意思をしっかりと持って彼女の言うことに一喜一憂しすぎないことです。

好きだから「彼女と一緒にいたい」という気持ちもわかりますが、彼女以外に趣味の時間、家族との時間も大事にしましょう。

彼女にキープされやすい男の特徴⑤:真面目すぎる

もともと真面目な性格の男性は、恋愛に対しても一生懸命です。「大好きな彼女には喜んでほしい」、「彼女の笑顔がもっと見たい」このような理由で、とにかく彼女に尽くすのです。恋愛に関して固定概念のようなものがあるため、「食事は男が払って当然」、「荷物は男が持って当然」など、つい女性を姫扱いしてしまうでしょう。

このように真面目すぎるために、都合がいいだけのセカンドメンズになってしまいやすいのです。また、真面目すぎると恋愛の駆け引きというものが理解できないため、彼女をドキドキとときめかせるような恋愛ができません。彼女は、恋愛の駆け引き以前に彼から好かれていることがわかってしまっているため、ドキドキできずに恋愛対象として見れなくなります。

さらに、真面目な男性は軽い気持ちで彼女を作りません。結婚を前提としている場合もあるため、彼女との価値観が合わず、彼女の本命の彼氏になれないのです。キープ男を脱却するためには、まず彼女にとって都合のいいことばかりをしないことです。なんでもかんでもお金を出すのではなく、払うのなら上限を決めましょう。

好きという言葉を安易に何度も言わないことも大事です。「この人は私のこと好きだから、別に頑張って追いかける必要もない」と、彼女が思ってしまうを防ぐため。「彼は私のこと好きなの?なんとも思ってないのかな?」と思わせるくらいの距離感がいいですね。

 

彼女にキープされやすい男の特徴をご紹介してきました。当てはまる項目はありましたか?

セカンドメンズは確かに優しい男性ですが、それだけでは彼女の本命になれません。ただ彼女の言うことを聞くだけのイエスマンでは、都合のいい男として扱われてしまいます。

ご紹介したキープ男にならないための方法もぜひ参考にして、大好きな彼女の本命彼氏に昇格しましょう!