モテる営業マンから学ぶ5つの恋愛テクニック|女性心理は顧客と同じ

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

モテる営業マンのほとんどは、会っていきなり商品の紹介を始めることはしません。

まずは、お客さんと信頼関係を持とうとしますし、気軽に話し合える仲になろうと努力します。なぜなら、信頼関係がなければ、商品を買ってもらうことは難しいからです。恋愛も同じで信用できない人に対して、恋愛感情を抱く人なんていないと言ってもいいでしょう。

今回は、モテる営業マンから学べる恋愛テクニックには、どういうものがあるのかを注目していきたいと思います。

モテる営業マンから学べる恋愛テクニック①:オシャレすぎないが清潔感はある

人の印象は「見た目9割」と言われていますが、モテる営業マンは服装もこだわっています。

モテる営業マンはお客さんにいい印象を持たれるために、会う前に身だしなみを整えます。

たとえば、汗などはこまめに拭いておいたり、髪の毛も寝癖などがないようにしっかりとセットします。
また、爪などもこまめに切ったり、鼻毛が出ていないかなどのチェックも欠かせません。
こうした細かい部分に気を使い、お客さんから嫌われないように努力をしているのです。

もちろん服装にも注意は怠りません。背広やYシャツもキッチリと汚れやシワのないようにチェックをします。

しかし、営業マンの場合は、あまりにかっちりとした、おしゃれな背広を着て訪問をすると、怪しがられますし、話を聞いてもらうのも難しくなります。

恋愛も同じで、実はあまりにオシャレすぎると逆効果で、なかなかうまくいかないことがあります。相手に圧を感じさせない程度のさりげないオシャレををすることが大切です。

例えば、あまりに体にフィットした、ファッションをしていると、自分をアピールできそうですが、女性からの評判はイマイチです。逆に、ダボダボの服装も、”短足に見える”という理由で嫌われる可能性もあります。

また、清潔感は女性にモテるために欠かせないものです。

女性は男性よりも細かい部分をよく見ているので、爪なども定期的に切っておいたり、寝癖がついたまま出かけないように髪の毛もちゃんと整えておくことは大切です。

自分にはわかりにくい口臭や体臭も、ケア商品で臭わないようにしておきましょう。

モテる営業マンから学べる恋愛テクニック②:第一印象で一定レベルの好印象を与える

恋愛も営業も、第一印象で全てが決まってしまうといっても過言ではありません。第一印象が良ければ、営業や恋愛も、大抵は上手くいきます。どんなに話し上手な営業マンでも、第一印象が悪ければ信頼を得るのはむずかしいでしょう。

恋愛も同様にどんなに話し上手でも第一印象が悪いと、悪いイメージがなかなかとれず、上手くいかないことが多いです。良くない印象を持たれてしまうと、そこから信頼を得ることが難しくなるのです。

では、モテる営業マンが第一印象を良くするために、気を付けていることは何でしょうか?それは、ハッキリとした口調で話をすることです。口の中でボソボソと話をしたり、聞きづらい声だと第一印象が悪くなります。

恋愛も同様で、口の中でボソボソ話をしたり声が聞こえにくい不明瞭な話し方をする男性は、相手にいい印象を与えるのは難しいでしょう。聞きづらい声で話をする男性は、頼りない感じに見えますし、おのずと第一印象が悪くなります。

女性の場合も小さな声もマイナスのイメージを持たれます。声の小さい女性と聞くと、可愛らしい女性だと思う人もいるでしょう。しかし、デートや会話中の声が、いつも小さくて聞き取りづらいと、最初は良くても徐々にイラっとした感情をもつようになっていくことも。

第一印象を良くするためには、声を大きく出す努力をしましょう。

モテる営業マンから学べる恋愛テクニック③:その後のコミュニケーションでさらに印象アップ

モテない営業マンは、「コミュニケーションは、言葉で行ない、人を動かすのは話の内容」だと思っていますが、実は逆。モテる営業マンは人の目を見て話をします。決して途中で目が泳いだり、挙動不審な目の動かし方はしません。

また、自分の話ばかりするようなこともありません。商品の特徴をいきなり、ガンガンセールスされても、話を聞く側からすれば、早く終わって気持ちが強くなるだけですよね。これを恋愛に置き換えると、自分のことばかりアピールする男性は、女性に敬遠されるということです。

積極的に話をする男は、基本的にはいい印象を持ってもらえます。しかし、自分の話ばかりするということではありません。

女性は、話を聞いてほしいもの。ですから、自分のことばかり話す男性とは恋愛したいとは思えないのです。自分のことしかアピールしないという点に関しては、男女共通して嫌われる傾向にありますので、気をつけてくださいね。

話し上手は聞き上手といいますよね。モテる営業マンは聞き上手で、相手の話をしっかりと聞きます。自分の話はあまりせず、話を聞き出すことに徹しているのです。

恋愛でも聞き上手な人はかなりモテますし、相手から好意をもたれやすいです。もし、相手の女性が人見知りするタイプなら、自分の話を少ししたら相手に質問するなどして、話がしやすい環境にしてあげる努力をしましょう。

私の経験では、おとなしい女性の場合は、緊張していて話ができないことが多いので、話しやすいように色々と質問をしていきます。その中で話が合いそうなテーマを絞り込んで、相手の関心のある話を広げていきます。

つまり、人見知りな女性には、相手の関心のある言葉を投げかけて、なんとか喋ってもらおうというイメージです。おとなしい女性も、自宅では家族とワイワイ楽しく話をしていたりします。決して話すのが苦手なわけでも、話したくないわけでもないので、興味がありそうな話題を持ち出して、会話の糸口をつかみましょう。

お互いに信頼関係を築いていくことで、人見知りの人でも心を徐々に開いてくれるもの。話をしてもらえるように、色々と話題作りをする努力をしましょう。

モテる営業マンから学べる恋愛テクニック④:自分の欲望の押し付けは絶対にNG

モテる営業マンというのは、決して押しは強くありません。たとえば、高額な商品を買ってもらうために強引にセールスをすると、嫌われてしまいます。もう二度と会ってくれないかもしれません。

恋愛でも、自分の理想や欲望を、人に押し付けるというのは、嫌われてしまいます。自分の欲望を押し付けるのではなく、相手のすべてを受け入れるくらいの余裕をもっていると、よりモテますよ。

もちろん、素直な気持ちを相手をぶつけて、逆にうまくいくケースもありますが、稀なケースだと心得ましょう。

モテる営業マンから学べる恋愛テクニック⑤:いつも相手本位で物事を考えて行動

モテる営業マンは常に相手の立場に立って物事を考えています。相手が幸せになることを常に考えていて、どうすれば喜んでもらえるかを考えます。そして、その考えたことを行動にうつすことによって成功しています。

恋愛でも相手本位で物事を考えて行動をしないと、嫌われてしまいます。

どうすれば相手が喜んでくれるかをいつも考え、言動に表せたら、相手からの信頼や愛情を勝ち得ることができるでしょう!決して、自分の気持ちの押し売りでは、相手の気持ちを手に入れることはできません。

今回はモテる営業マンから学べる恋愛テクニックについて紹介しました。

営業でも恋愛でも、大切なのは自分よがりにならず、相手のことを考えて行動することです。行き過ぎたオシャレはただの自己満足。基本的な身だしなみを整えるというのは、相手へのマナーです。
また、”相手が話をしやすいように会話をする”というテクニックは、相手の気持ちに立って行動しないと、できないこと。思いやる心が、人付き合いでは大事なのです。
今回ご紹介したテクニックがあなたの恋愛のお役に立てれれば幸いです。