職場や学校の告白で気まずい関係になった際の対処法5つ!仲直り不可になるNG行動も解説

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

片思いをしていた女性に告白したまでは良かったけれど、告白後に気まずくなってしまったことはありませんか?どうしたらいいのか悩んでしまいますよね。
中には、「こんな風に変にギクシャクしてしまうなら、友達関係のままでいた方が良かった…」と告白を後悔している人もいるのではないでしょうか。

気まずくなってしまうのは、ある意味当たり前のこと。大切なのは、告白後の対応です。

対応を間違えると、元に戻れなくなってしまうことも。NGな対処法に気をつけながら、以前のように話せる関係へ戻れるように努めましょう。目指すところは気軽におしゃべりができる関係。時間をおいてしまうと、自分から行動を取りづらくなります。後回しにせず、早めに対処することが肝心です。

職場や学校の告白で気まずい関係になった際の対処法 ①:明るい笑顔で話しかける

いつもと変わらない態度で接するようにしてください。

話しかけるあなたがよそよそしい態度だと、相手も以前のようには話しづらいですよね。あなたの態度が相手にも影響をあたえてしまうのです。 何事もなかったかのように明るく声をかければ、相手は以前と変わらぬ態度で接してくれるでしょう。

とはいえ、無理して明るい態度で接しようとすると、逆に不自然に見えてしまいます。考えすぎるとぎこちなくなるので、自然体で話しかけるように気をつけてください。

上手く話せるかどうか心配だったら、職場の同僚や学校の友達に相談し、協力してもらうといいでしょう。ふたりだけで話すよりは緊張しないはずです。軽い会話から始めていけば、徐々に緊張もほぐれ、いつもどおりの会話になっていきます。

最初は気まずさから、ぎこちない会話が続くかもしれませんが、決してめげずに明るく接することを心がけてください。このとき、気まずいからといって会話から逃げるような態度を見せてはいけません。また、ぶすっとした態度や相手を無視するようなことは絶対にやめましょう。そんな態度を取られたら、相手はあなたにますます話しかけづらくなります。今後も顔を合わせる機会もあるのですから、相手の立場も考えて、努めて明るく話しかけるようにしましょう。

相手の前に出ると緊張してしまって上手に話しかけられないという人は、話題をあらかじめ考えておくといいですよ。話しかける前にシミュレーションをしておけば、頭が真っ白にならず、スムーズな会話ができるので、おすすめです。

職場や学校の告白で気まずい関係になった際の対処法 ②:すぐに距離を詰めようとしない

早く元の関係に戻りたくて、焦ってしまうことは禁物です。誰でも気まずい状態が続くのは嫌なものです。

しかし、気まずいのはお互い様。相手も告白を断った気まずさがあるのに、告白直後にぐいぐい来られても、どう対応したらいいのか悩んで戸惑ってしまいます。相手にも少し時間が必要なのです。

最初はぎこちなくても気にしてはいけません。時間がかかってもゆっくりと元の関係に戻ればOKだと割り切ることが大切です。長期戦を覚悟しておけば、焦ることはなくなり、気持ちに余裕が生まれ、徐々に以前のような関係に戻れることでしょう。

告白後は誰しも気まずくなるもの。決して焦らず、気持ちが落ち着いてから一歩踏み出しても遅くはありません。

焦って元の関係に戻ろうとして、告白直後にもかかわらず、いつも以上にアグレッシブに話しかけてしまうと、相手はますますあなたを意識して話しづらくなることも。自分の気持ちばかりを優先してはいけません。相手の気持ちもよく考えて、対応しましょう。

職場や学校の告白で気まずい関係になった際の対処法 ③:三人以上で会うようにする

告白した後にふたりで会えば、お互いに緊張してしまい、スムーズな会話がしづらいです。

しかし、第三者がいれば、気も紛れるので、会うときは3人以上になるようにしましょう。複数人で会えば、告白後の気まずさも和らぐはず。みんなでわいわいとはしゃいでいるうちに、自然に話せるようになり、いつの間にか気まずさが消えていることもあります。

あなたの気持ちを知る友人がいるならば、告白したことを事前に伝えておくといいでしょう。告白したことを知らず、気を利かせた対応をされてしまうと逆効果になってしまう可能性があります。あらかじめ伝えておけば、上手にフォローをしてくれるでしょう。

また、相手に話しかけるときは、周りに人がいる場所を選ぶようにしてください。周りに人がいたほうが、お互いに気まずい雰囲気が流れにくいので、自然体で話しやすいです。

4~5人以上で会っているときにやってしまいがちなのが、告白相手ばかりに話しかけてしまうこと。周りにも気づかれる可能性が高いですし、彼女もどう接していいのかわからず困惑してしまいます。ましてや、振ったことを知っている人がいるとしたら、ますます対応しづらくなってしまい、あなたから逃げたい気持ちになるかもしれません。

常に相手の立場になって行動するようにしましょう。

職場や学校の告白で気まずい関係になった際の対処法 ④:相手からのLINEにはポジティブに返信する

LINEをするときは、なるべく明るい内容になるように心がけましょう。ネガティブな返事は、マイナスの印象を与えるだけです。「うん…」「LINEありがとう…」のように、落ち込んでいるニュアンスを感じさせる返事は絶対にNG!

相手に気を遣わせてしまい、気まずさを解消するのがますます難しくなります。彼女が返信に困るくらいに落ち込んでいるメッセージばかりだと、面倒くさくなって、関係を断ちたくなります。どんなに落ち込んでいようとも、それを悟らせるような返信は避けてください。

LINEはできる限り、明るい雰囲気になるように意識してやりとりをすること! 語尾に「!」を入れたり、ほどよく愉快なLINEスタンプを使うのがおすすめです。スタンプや明るさを感じる言葉や記号を意識して使うことで楽しいやり取りになり、ふたりの間の空気が和らぎます。

職場や学校の告白で気まずい関係になった際の対処法 ⑤:タイミングがきたら再度、告白

気まずい雰囲気がなくなり、以前よりも距離が縮まったと感じたら、もう一度相手に想いを伝えてもいいかもしれません。「やっぱり諦めきれない」と思うなら、再度告白してみましょう。

2度目の告白は、彼女にかなりの衝撃を与えます。女性からすると、一度振ったにもかかわらず、その後もずっと思い続けてくれ、また告白してくれるというのは、ちょっと感動ものです。「そこまで私のことを思っていてくれたんだ」と彼女は感じます。

2度目の告白は、1度目とは比べ物にならないほど、彼女に真剣な気持ちが伝わります。女性は、一途に自分だけを想ってくれる男性にグッとくるのです。

とはいえ、タイミングを誤ってしまえば、断られてしまう可能性も高いです。 LINEのやり取りが続いていたり、話しかけると楽しそうに笑顔で答えてくれることが多ければ、もう一度告白してもいいと判断できるでしょう。

自分で判断することに不安がある人は、友達に相談をして、客観的に見てもらい、適切なアドバイスをしてもらいましょう。自分では気づけなかった視点からの意見が聞けることもあります。
焦らず、ベストなタイミングを見極めた上で、再度勇気を出して告白してみてくださいね。

 

告白されるのは、嬉しい反面、断ってしまうと、その後どう接したらいいのかわからなくなり、ギクシャクしてしまう女性が多いです。戸惑っているのはお互い様なのです。ですから、気まずくなったとしても、そこで心が折れてしまわないようにも心がけることが大切です。

告白後に気まずい雰囲気が流れるのは当たり前のこと!大事なのは、気まずくなった後の行動です。どういう対応をするのかによって、あなたへの印象が変わります。その対応によっては、好印象を抱くようになり、彼女の方があなたを意識することだってあり得ます。気まずい雰囲気に負けないように、できる限り明るくふるまっていくように心がけましょう。