辛い…告白失敗後の逆転ホームラン術5つ|挽回して連絡をとれる関係に

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

告白に失敗してしまうと、この世の終わりのように落ち込みますよね。自分自身が否定されたようで、男としての自信を失くしてしまう人もいるでしょう。

それに告白が失敗をすると、今までの関係が壊れてしまうのも辛いところ。気軽に連絡をとれなくなってしまうことで、告白したことを後悔してしまいます。

しかし悩んでいても時間は戻りません。男であれば自分のしたことは後悔せず、今できることに力を注ぐべきです。

告白が失敗しても逆転ホームランのチャンスはあります。むしろ「ピンチこそチャンス」だと考えて挽回していきましょう。

今回は告白失敗後に挽回するための具体的な方法をご紹介します。まだまだ試合終了には早いので、諦めずに勝負してください。

告白失敗後の逆転ホームラン術①:平常心を保ってコミュニケーション

告白に失敗した後、相手の女性と話すときは動揺してしまいますよね。告白前と同じように振る舞うことができず、ギクシャクしてしまうことも多いもの。

しかし、それは相手の女性も同じ。むしろ女性の方が気を使っているはずです。振った相手に対して、どのように接して良いのかわからないでしょう。

「傷ついているのに話しかけたら無神経かな?」
「どんな顔で何を話したら良いのかな?」

きっと女性は色々なことを考えて気まずくなります。空気が読める優しい女性であれば、なおさら距離を置こうとしてくるはずです。

そんなときだからこそ、振られたあなたが平常心を保って「普段通り」にコミュニケーションをとってください。

平常心を保つには、

・深呼吸
・思い込みをなくす
・ゆっくり丁寧に話す

ことが大切です。

女性に振ったことへの罪悪感を持たせないように、普通に話すように努めましょう。

告白失敗後の逆転ホームラン術②:明るい笑顔で話しかける

これぞ「ピンチをチャンスに変える」という言葉に相応しい逆転ホームラン術です。振られたときこそ、明るい笑顔で話しかけてください。

告白を失敗すれば、辛くて落ち込みます。振った女性への怒りや憎しみを抱く人もいるでしょう。

しかし、ここで考えてほしいのは「なぜ女性が告白を断ったのか?」ということです。

もちろん本当の答えは本人にしかわかりません。それでもいくつかのことを想像することはできるでしょう。

「俺のこと嫌いだからNO?」
「男として見たことがないからNO?」
「他に好きな男性(彼氏)がいるからNO?」
「急な告白に驚いたからNO?」
「今は恋愛以外に集中していることがあるからNO?」

ほとんどのNOは、上記のどれかに当てはまるわけですが…。嫌いでない限り、女性は振ったけれど、あなたのことを知りたい気持ちもあります。

そのときはタイミングが悪かっただけで、人としては好きであり、告白されたことにも喜びを感じているでしょう。

女性は振ったことで気まずくなることが怖いものです。どんな反応・対応をされるのかとビクビクしています。

そこで明るい笑顔で話しかける。これは単純なようで、実は効果絶大です。

「この人振った私にも明るく笑顔だなんて…器広い!優しい!安心!」

振られたことをネタにして笑い飛ばす勢いで話しかけてみましょう。

告白失敗後の逆転ホームラン術③:「話しているだけで楽しい」と伝える

告白をされた女性には、「実は知りたいこと」がいくつかあります。

それは、

・私のことをどれくらい好きなのか
・私のどこを好きなのか
・私とどうなりたいのか

ということです。

もちろん振った手前、このような無神経な質問はできません。しかし本音を言えば聞いてみたいと考える女性は多いものです。

そこで女性の実は知りたいことを解消する一言。

「あー…話しているだけで楽しい」

この言葉にはすべてが集約されています。シンプルですが、実は愛情深い魔法の言葉なのではないかと感じるほどです。

話している「だけ」で満たされたいる。つまり、とても好きだということなんです。価値観も考え方も話し方も…全部が好きだということ。

しかも振られたのに話しているだけでも楽しいなんて、もうそれ以上の誉め言葉ありますか?いいえ、ありません。

振った男性に言われると女性としては、心を刺激されます。そして同じように話しているだけで楽しいという感覚を持ってくれるようになるのです。

告白失敗後の逆転ホームラン術④:冗談を言って笑わせる

女性にとって、笑わせてくれる男性=笑顔にしてくれる男性です。一緒にいて笑顔でいられる男性は、本能的に自分を幸せにしてくれる人だと認識します。

告白に失敗すれば正直辛いです。人を笑わせるような余力はないでしょう。ましてや振られた相手に冗談を言えるほどの余裕もないはずです。

しかし、だからこそ冗談を言って笑わせるのです。

先ほども言ったように、辛くて気まずいのは女性も同じ。でも振った女性は冗談を言える立場ではありません。

そんな心情や空気を読んで、あなたが冗談を言うことで女性は器の広さを感じます。

「振ってしまったのに笑わせてくれるなんて!!」

これこそ逆転の一打となるのです。「〇〇なのに…」というマイナス要素があるからこそ、普通のことでも高評価につながります。それが逆転でホームラン、そしてサヨナラ勝ちに続くポイントになるでしょう。

告白失敗後の逆転ホームラン術⑤:困っていたら相談に乗る

これは王道のホームラン術でもありますが、困っていたら相談に乗ることです。悪い言い方をするのであれば、弱みにつけこむ作戦とも言えます。

とにもかくにも、女性は困りごとや悩みが絶えない生き物です。だいたい1か月のうち、20日くらいは困っていたり悩んでいたりします。

でも、どれも深刻なものではありません。

誰かに背中を押してほしい。
誰かに聞いてほしい。
誰かに応援してほしい。

そんな些細なことです。それを誰にしてもらうかというのは、女性にとっても重要となります。それを本能で探していたりもするんですよね。

だから、振られたあなたが相談相手に名乗りをあげましょう。何か特別なアドバイスをするわけでも、助言や説教をするわけでもなく、ただ同意してエールを送ってください。

「そうなんだ。大変だったね。それでどうなったの?無理しないでね。」

相槌はこれでOK。それだけで女性はスーッと満たされます。

「あれ?〇〇君といると悩みが解決する!私の困っているとき隣にいてくれる!」

これを積み重ねていけば、見事に逆転ホームランです。女性からすると振った男は、「自分を好いてくれている弱みを見せられる存在」でもあります。

振られたあなただからこそできる役割で、逆転を狙いましょう。

いかがでしたでしょうか。

振られて落ち込み、そして女性と気まずくなり疎遠になる。このようなパターンの男女を多く見かけますが、とても惜しいことです。せっかくのチャンスを無駄にしているとしか思えません。

振られたときこそ頑張りどき、そして踏ん張りどきです。明るく笑顔で振られた女性に歩み寄ってください。きっと今まで以上に入り込んだ関係になれるのです。

逆転ホームランは諦めないチームが勝ち取るもの。ぜひ一度の失敗で諦めずに、挽回して連絡を取れるように仕掛けていきましょう。