猫好き男子の恋愛傾向7選|少し面倒だけどキュートな一面も

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

巷では猫好き男子が増えているのはご存知でしょうか?猫好き男子という言葉を聞いて『男で猫好き?ちょっと、きもくない?』と思った女子はいませんか?

しかし、『きもい!』なんてことはありません。猫好き男子は、猫がどれだけの魅力をもっているかを知っているのです。突然、甘えてきたかと思って頭を撫でてあげていると、サッと逃げてしまう。そんな自分勝手な態度に魅力を感じてしまう猫好きな男子が多いのです。

猫好きな男子の恋愛傾向には特徴があります。猫が好きな男子は一体どのような恋愛傾向を持っているのでしょうか。これを覚えておけば、片思いの猫好き男子をゲットできるかもしれません。是非、参考にしてください。

猫好き男子の恋愛傾向①:ツンデレに弱い

本物の猫はツンデレ傾向にあります。さっきまで近くに来て、尻尾を振りながらスリスリしていたくせに、頭を撫でてあげるとパッと居なくなってしまうようなツンデレ生物です。

猫好き男子はこんな行為にもキュンとしてしまいます。それは、相手が女性の場合にも当てはまります。アナタになんか全然興味ない!みたいな態度を取るのに、ふたりきりになると近い距離に座ってくるんです。

猫好き男子は、こんなことをされると「最初から、そんな風に甘えてくれば良いのに。って思いつつ、カワイイ!」と感じているんです。上記のような態度を示されると、普通に考えてもカワイイのですが、猫好き男子でツンデレに弱い人は「めっちゃ、カワイイ!」と思っているはずです。

このタイプにはまると猫好き男子は抜け出せなくなってしまいます。言い方を変えると手の平で躍らされやすいタイプなのかもしれません。

猫好き男子の恋愛傾向②:ふとした時に甘えたい

猫好き男子は自分の性格を全面的に出すことはあまりしません。でも、気を許した相手に関しては違います。ちょっと、悲しいことがあるとパートナーにふと甘えたくなってしまいます。

猫が甘えてくるときに観察してみましょう。甘え終わった後の猫にすり寄っていく猫好きの男子の姿を…。

猫が甘えてくると思いきや、最終的には自分自身が我慢できずに甘えてしまっているんですね。あまり自分の感情を表に出すことが苦手なのが猫好き男子なのですが、甘えたいゲージが限界を超えると爆発して甘えてきます。

そんな、我慢できない感情をかわいらしいと思うのか、重たいと思うのかは女性それぞれです。でも、ときどき起こるだけで毎日ではありません。我慢が限界のときは受け入れてあげてください。

猫好き男子の恋愛傾向③:自己開示が下手

猫好き男子の性格として自己開示が下手な面があります。警戒心が強く、本気で他人に深く関わるという気持ちが弱いです。ですので、他人に対して本音を打ち明けるまでに時間が必要です。

また、秘密主義の一面もあるので、自分自身のプライベートについて多くを語ることは好みません。相手に嫌われることを恐れているので、本音では会話せずに建前で話すことが多いです。自分自身の印象が悪くなることを恐れるあまり、腹を割って話すという行為ができぬまま。

人に嫌われるのを恐れるあまりに生まれた行動が、結果的に他人が離れることがときどきあります。いつのまにか他人との間に見えない壁が立ちはだかっています。

人を警戒する行為が駄目なことは自分でも分かっているのですが、警戒心が強い上に自分を過小評価しているので、あまり本音で語ることができません。

しかし、好きな人の前では一生懸命に自分の本音を徐々に分かってもらおうとします。ですので、下手くそながらも自分のことを必死で伝えようとしているときは、あなたに自分のことを理解して欲しいという気持ちの表れでもあります。

イラっとしてしまうかもしれませんが、少しでも良いので耳を傾けてあげてください。

猫好き男子の恋愛傾向➃:一人の時間が必要

猫好き男子は、常に誰かと共に行動をするということが苦手です。決して人付き合いができないという訳ではありません。友達と遊びにいったり彼女や家族との付き合いも大切にすることができます。

しかし、色々な付き合いが多すぎると一人の時間がどうしても欲しくなってしまう特徴があります。猫同様にマイペースな性格であることが多く、ふらりと一人で出掛けるという性格も持ち合わせているのです。

一人で映画に行ったりお酒を飲みに行ったりと、一人っきりで楽しむことができてしまいます。そして、そんな時間をすごく大事にしているんです。突然、ふらっといなくなっても考えすぎなくて大丈夫です。

単純に一人の時間を楽しんでいるだけなので、暖かく見守ってあげましょう。

猫好き男子の恋愛傾向⑤:LINEではキャラが違う

猫好き男子は普段大人しくマイペースな感じですが、LINEやメールで連絡を取り合うと、まめに返信をしてくれたりスタンプも送ってくれたりします。

メール内容も実際に話をするより明るくて楽しい感じです。普段目を合わせて話をするときとはキャラが変わっているので、驚く人も多いのではないでしょうか?実際に会ってみるといつもの感じに戻っているので、どっちが本当のキャラなのか分かりにくいかもしれません。

でも、どちらも本当のキャラで、単に周りに人がいる状態で明るい一面をさらけ出すのが恥ずかしかったりもしています。実際は明るい一面も持っていて、その一面をあなただけに出している可能性もあります。

ですので、良く分からない人と思わずに「こんな一面も出してくれるなんて、嬉しいな!」と思ってあげてください。

猫好き男子の恋愛傾向⑥:奥手なので告白が苦手

猫好き男子が基本的に人見知りな人が多いです。それゆえに好きな人ができてデートを重ね告白する場面になると、信じられない程の緊張をしています。告白をすると決めただけでも凄いことで、人によっては告白すらできずに片思いで終わってしまうことも度々。

新しい学校やクラス、職場でも話しかけることに勇気が必要です。ですので、気になる人や好きな人に話しかけるなんて、気を失ってしまうのではないかと思うほど緊張してしまいます。
でも、お目当ての人と付きあえると一途に相手のことを考えてくれます。人に話しかけることが苦手なので浮気自体を面倒なことと考えるみたいです。100%安心とは言えませんが、一途な気持ちを持っているのは本当に嬉しいですよね。

猫好き男子の恋愛傾向⑦:人混みの多い場所のデートはNG

猫好き男子は人混みの多い場所でデートをするのは苦手です。人ごみの多い場所でBBQやクラブで、ワイワイと楽しむのは気を使ってしまうこともあるのでハッキリと苦手です。

できるのであれば外出するよりも、家でまったりゆったりと過ごしたいタイプが多いです。人がたくさんいる場所に行くと、気疲れをしてしまい、全くと言っていいほど楽しくありません。

とはいっても、猫好き男子は刺激的な恋愛が大好き。日常に飽きているときに非日常感を出されると嬉しくて溜まりません。無意識にロマンティックな演出などを求めてしまっています。でも、大勢が集まる場所で自分が主役になるようなパーティは苦手です。

誕生日は個室のお店で美味しい料理とお酒を楽しんで、プレゼントやケーキを渡されるだけでも結構喜んじゃいます。ですので、特別な日であるからこそ人混みの多い場所を選ぶのはNGです。

猫好き男子は、どこか自分自身が猫っぽい性格をしています。一途に愛し愛されたい願望も強いけど、マイペースな一面もあります。ですので、そんな性格に振り回されないようにすることが猫好き男子と上手に付きあっていくことがコツです。逆に振り回してやるくらいの気持ちでいましょう。

猫好き男子の喜ぶポイントは、相手も猫が好きというのが何よりの食い付きポイント。デートでもたまにペットショップや猫カフェに立ち寄ってあげるだけで凄い喜んでしまいます。

猫好き男子だからといって気持ち悪いとか偏見を持たずに、その人本来の人間としての魅力をしっかりと理解してあげるようにしてくださいね。

 

▼関連記事
犬好きの男性が持つ7つの恋愛傾向|性格、コミュニケーション、愛情表現