アラサー女性が恋愛する際の注意点5つ|上手くいく人は必ず実践

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

アラサーになると、今までよりも恋愛が難しいと感じるようになります。年齢や経験を重ねてきたことで、恋愛をすることに慎重になりすぎてしまうのです。

もちろん慎重になるのは悪いことではありません。アラサーは結婚を意識する年齢でもあるので、確実な恋愛をしたいと感じるのは当然です。また感情に任せて恋愛をしてしまうと、失敗したときのダメージも大きくなります。

しかし、いくつになっても恋愛は楽しむものです。ネガティブなことばかり考えずに、せっかくなら楽しくて幸せな恋愛をスタートさせましょう。

そこで今回はアラサー女性が恋愛する際の注意点をご紹介します。幸せな恋愛をしているアラサー女性が実践している内容ですので、ぜひ参考にしてください。

アラサー女性が恋愛する際の注意点①:能動的に動く

アラサーになると、毎日の生活スタイルが安定してきます。行く場所や会う人も固定されてくるので、ルーティンな日々を送るようになるでしょう。遊びに行くよりも落ち着きを求めるようになってしまうのです。

10代・20代であれば、それでも自然と出会いが舞い込んできます。飲み会や合コンのお誘いがあったり、フリーの男性を紹介されることもあったでしょう。

しかしアラサーになると、このような出会いが減ります。周囲も結婚・出産する人が増え、落ち着いてしまうからです。またアラサーという年齢になることで、周囲の人も気軽に紹介することができなくなってしまいます。

つまりアラサー女性が受け身のままでは、出会いはありません。恋愛をしていない人は「出会いがないから…」と口にしますが、出会いは作るものであり、本気になればどこにでも出会いはあるのです。

まずは能動的に動くということを意識しましょう。

・合コンを開催してもらう
・知り合いを紹介してもらう
・街コンや婚活パーティーに行く
・習いごとを始める
・趣味の幅を広げる

このようなことを目標を決めて実行してみてください。能動的になるのは、決して恥ずかしいことではありません。動かないことで後悔するよりも、誰に何を言われても能動的に動いた人こそ幸せをつかむのです。

「アラサーだから落ち着かなきゃ」と思う気持ちもあるかもしれませんが、落ち着くことと受け身でいることは異なります。年齢相応の身だしなみ・言葉遣い・遊び方を心得つつも、能動的に積極的に動くことを心掛けてください。

アラサー女性が恋愛する際の注意点②:言い訳は厳禁

アラサーということを恋愛ができない言い訳にしていないでしょうか。アラサーを言い訳にして恋愛から逃げていては、幸せな恋愛をすることはできません。

「アラサーだから、恋愛なんて無理」
「アラサーだから、もう若い子には勝てない」
「アラサーだから、がつがつしたくない」

言い訳するのは、傷つきたくないからです。戦わない理由を並べて、自分で自分を納得させてだけでしょう。

若いということは、それだけで武器になります。10代・20代と同じ土俵で勝負をしたら、アラサーが負けてしまうかもしれません。しかし同じ土俵で戦う必要はないのです。

若い女性は、自分の若さや甘えや無知なところが武器になります。それならアラサー女性は、経験や余裕があることを武器にすれば良いのです。

アラサーには大人の魅力があり、それを負い目に感じることはありません。言い訳はせずに、自分の魅力を見つけて武器にしてください。そして女性として努力して、自信をもって恋愛するようにしましょう。

アラサー女性が恋愛する際の注意点③:相手の男性を試さない

恋愛を成功させるには、駆け引きが必要だと言われています。少し連絡を控えてみたり、冷たい態度をとることで、男性の気持ちを自分に引き寄せる効果があるのです。男性の気持ちを試すときに駆け引きする女性も多いでしょう。

女性は駆け引きも含めて恋愛を楽しむ傾向があります。相手の出方を待って策略を考えるのも恋愛の醍醐味です。

しかし男性にとって駆け引きされるのは面倒なこと。わざわざ試されることに抵抗を感じる人もいます。ましてや相手がアラサーともなれば「いい年齢なのに駆け引き?」と不信感を抱くこともあるでしょう。

アラサー女性が恋愛するときは、素直に正直に打算がないのが一番です。大人として相手への配慮を欠かさずに、負担になるような恋愛は避けてください。

アラサー女性が恋愛する際の注意点④:自分本位はNG

自分本位とは、すべての物事を自分中心に考えることです。恋愛の主導権を握り、自分勝手に行動して男性を振り回します。

若いときには、自分本位である女性でも許されることもあります。しかし大人になれば、周囲への配慮ができなければ常識がないと思われてしまうでしょう。アラサーが恋愛をするときには、自分本位にならないようにしなくてはいけません。

注意するべきは、「自己中心的」や「わがまま」と違い、自分本位というのは自覚症状がありません。知らないうちに自分本位になっていることが多いので、意識して行動する必要があります。

自分本位な女性の恋愛特徴とは?

自分本位な女性は、恋愛をしているときに精神的な余裕がありません。自分のことでいっぱいになってしまうので、男性のことまで気遣うことができないのです。

「どうしたら愛される?」
「どうしたら幸せになれる?」

そんな不安や心配ばかりで頭がいっぱいになります。その結果、自分の気持ちを優先させてしまい、男性を振り回すのです。

また自分の気持ちが言動に出やすいので、気分の浮き沈みも大きいでしょう。機嫌が悪くなったり、突然泣き出したりと情緒が安定しません。男性は女性の気分ばかりを気にするようになり、疲れてしまうことになるのです。

アラサー女性が恋愛する際の注意点⑤:敢えて隙を作る

アラサーで未婚の女性は、実は完璧である人が多いです。美人でスタイル抜群、そして頭の良い人。そんな完璧な女性だからこそ、男性に対する理想も高いのでしょう。それが男性を遠ざけてしまう原因になっているのです。

たとえば、

・いつも綺麗で仕事のミスも許さない完璧な女性
・いつも笑顔で失敗しつつも懸命な女性

がいた場合、男性はどちらに魅力を感じるでしょうか。

大半の男性が後者の女性に好意を持ちます。なぜなら前者の完璧な女性は、男性の入る隙がないからです。ひとりで生きていけそうな完璧な女性は、男性は放っておいてしまうでしょう。

それよりもどこか放っておけないような隙のある女性になってください。それだけで自然と男性が親しみを感じて寄ってきます。

隙を作るために、

・自分の弱みを話す
・できることでも頼ってみる
・メイクや髪型を完璧にしない

など簡単な方法から試してみましょう。

完璧な女性は悪いことではないですが、隙を作って男性を受け入れてください。アラサーだからこそ肩の力を抜いて恋愛しましょう。

いかがでしたでしょうか。

アラサー女性は、自然体で無理なく恋愛をすることが大切です。打算や計算はせずに、自分の気持ちを大切にしながら、また相手への気遣いを忘れずに恋愛しましょう。

恋愛は、少しずつカタチが変わるものです。アラサーとしての恋愛のカタチを見失わないようにしながら、注意して幸せをつかんでくださいね。