一人っ子女性の恋愛傾向6つ|特徴を知ってから口説けば成功率UP

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

皆様は、一人っ子女性にどんなイメージをお持ちでしょうか?ワガママや素直など、恋愛においてメリットにもデメリットにもなりそうな噂をよく耳にします。今回は、そんな一人っ子女性の気になる恋愛傾向を6つご紹介します。

この記事に興味を持ってくださったということは、好きな女性が一人っ子なのではないでしょうか?成功率をUPさせるために、口説く前の予習をしておきましょう。

一人っ子女性の恋愛傾向①:相手に配慮できる

一人っ子女性の性格は、基本的にとても優しいです。そのため、恋愛では相手のことをよく考え、気遣いや配慮もできます。

一人っ子女性が相手に配慮できるのは、その性格から来ています。
たとえば、

  • 空気を読むのが上手いから
  • 平和主義な女性が多いから

といったものです。もう少しこの特徴について、詳しく説明します。

空気を読むのが上手いから

一人っ子女性は、幼いころから多くの大人たちに囲まれて育っている人が多いです。子供同士なら、喧嘩になってしまう場面でも、相手は大人なので、喧嘩になることも、争うこともありません。

むしろ、大人の方が気を使ってくれているという場面に出くわすので、大人の“空気を読んで、自分の気持ちは押さえる”という行動を見て育ってます。この“空気の読み合い”を幼いころから見ていたので、一人っ子女性は、相手の気持ちを察することが上手くなっていきます。

恋愛においても、この“相手の気持ちを察する”能力は発揮されます。その場の空気を読んで、相手に配慮するのです。男性に優しく接したり、何を求められているのかがわかっています。男性からすると、「気が利く」「自分のために尽くしてくれる」という気持ちになるでしょう。

これは、意中の男性にのみ発揮される能力ではなく、誰に対しても行われる行動です。ですので、決して勘違いしてはいけません。一人っ子女性にアプローチするなら、“配慮してくれる=好意がある”と早とちりしすぎないことが大切でしょう。

平和主義な女性が多いから

兄弟がいる人にとって、幼少期の兄妹喧嘩なんて当たり前。人は兄弟喧嘩をしながら、相手とぶつかり、解決していくことを学んでいきますよね。

しかし、一人っ子女性の場合は、幼い頃に喧嘩や叱られるといった経験がとても少ないのが特徴。そのため、争いが嫌いな“平和主義者”が多いといわれています。

周りに配慮できる恋愛傾向も、本人は自分の気持ちを抑えているから優しく感じるということ。一人っ子女性との恋愛は、喧嘩が少なく円満に過ごせます。しかし、実は本音をいわず、ずっと我慢をしていた…なんてこともあるので注意が必要。

一人っ子女性の意見や気持ちに、耳を傾けてあげることが大切です。

一人っ子女性の恋愛傾向②:褒められると好きになりやすい

一人っ子女性は、両親から愛情を一心に注がれていたので、褒められることが大好き。むしろ、褒めてくれる人でないと、好きにならない女性も多いでしょう。

そのため、一人っ子女性を落としたいなら、男性はたっぷりと褒めるのが非常に効果的!普段からさりげなく会話の中に「褒め」を取り入れることで、間違いなく好感度は上がりますよ。

ただ、愛されることは慣れているけど、愛するのは苦手な傾向にあります。そんな一面が、一人っ子女性は“恋愛下手”だといわれる理由なのです。

一人っ子女性は、熱烈な愛情表現はあまりしないでしょう。愛情表現がないからといって嫌いなわけではないので、心配はいりません。愛情表現をすることになれていないだけなのです。深く考えなくても大丈夫ですよ。

一人っ子女性の恋愛傾向③:あまり主張しない

一人っ子女性の恋愛傾向①でも少し触れましたが、平和主義で、争いを好まない性格が一人っ子女性の特徴。それだけでなく、

  • マイペース
  • 怒らない

という性格もあり、自分を主張してきません。これは、幼いころの生活環境が影響してきます。親から一心に愛情を受けていたので、自分から甘えることを知らないのです。

恋愛でも愛されるのを待ち、自分から甘えて来ることはないため、非常に気持ちが分かりにくいでしょう。口説くのにも勝算がイマイチ見えず不安かも知れませんが、主張してこないだけで意外と好意を持たれていたことはよくあります。

一人っ子女性の恋愛傾向④:独占欲が強め

自分を主張せず、甘えるのが得意ではない一人っ子女性ですが、付き合ったり恋愛が始まればかなり一途!一人っ子女性と恋人関係になれた人にとっては、嬉しい情報ですよね。

しかし、一途なあまり、独占欲まで強くなってしまう傾向にあります。これも、一人っ子であることが大きく関係しており、

  • 幼少期になんでも独り占めできた
  • なんでも手に入った

こんな経験が、独占欲を強くしています。そのため束縛が苦手な男性は、交際が苦痛になる可能性もあることを頭に入れておいた方がいいですね。

基本的には家庭的ですし、結婚まで視野に入れた恋愛となりやすいでしょう。問題はあなたが一人っ子女性の、独占欲に応えられるかです。

一人っ子女性の恋愛傾向⑤:極度の束縛はNG

前項で一人っ子女性は独占欲が強いと紹介しましたが、自分が束縛されることは嫌います。相手から束縛されるのは嫌だけど、自分は束縛したい…。そんな性格が、“ワガママ”なイメージを広めているのですね。

常識の範囲内である束縛は大丈夫ですが、基本的に「ダメ」といわれることが嫌いです。これも幼いころからマイペースに生活をしてきて、したいことはなんでもできた環境が影響しています。

特に一人っ子女性の譲れないものを否定する人は、即恋愛対象外と判断されることが多いので、気を付けましょう。

束縛とリードを理解しておく

一人っ子女性がされたくないのは、「ダメだし」です。しかし自分のことを主張しない性格なので、リードはされたいと思っています。そのため、

  • デート内容など、男性がリードして決めてあげる
  • サプライズやプレゼントは積極的にする

のはとても喜ばれます。束縛を嫌うからといって、意見するのことがNGなのではなく、一人っ子女性からの意見を柔軟に受け入れる心があれば、問題ありません。

同じ「束縛はされたくないけどするタイプ」の男性とは相性が良くないので、付き合っていくのは難しいでしょう。

一人っ子女性の恋愛傾向⑥:寂しすぎると浮気することも…

一人っ子女性はマイペースで、ひとりでいることにも慣れています。だからといってあまりにも寂しい思いをさせると、浮気をする可能性がとても高いのです。

愛されていることが当たり前な一人っ子女性は、自分のことを愛してくれない人から自然と離れていくでしょう。しかも、嫌いになったからではなく、愛してくれないからという理由で浮気をするのが怖いところ。結婚をしても、この考えは変わらないでしょう。

恐ろしいなと感じたでしょうが、極端に放置しなければ安心します。一人っ子女性は縛られることも嫌いますし、定期的にデートなどが楽しめれば心配はいらないでしょう。

この記事では、一人っ子女性の恋愛傾向を紹介しました。

「束縛はされたくないけど、束縛する」「寂しいと浮気をする」など、一人っ子女性の恋愛傾向がお分かりいただけたでしょう。

心配になるようなクセの強い特徴もありますが、一人っ子女性はとても優しく、愛情深い人が多いです。一人っ子もいろいろなタイプがいます。人それぞれ育った環境によっても全く違うので、特徴だけを鵜呑みにせず、好きな女性のことをしっかり見てあげてくださいね。

この記事を参考にして、一人っ子女性との素敵な恋愛ができることを応援しています。