恋愛に超不器用な男子あるある7つ|彼氏になりたいなら女子目線を知ろう

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

「普通に恋愛をして、彼女がほしい!」そう思っていても、なかなか恋愛ができずに悩んでいる男性は多いでしょう。最近は、普通の恋愛ができない不器用な男性が急増してきているのです。

不器用な男性は、自分が恋愛に不器用であることに気がついていません。そのため、恋愛できない理由がわからないままになっているのです。

まずは、自分が恋愛に不器用であることを認めましょう。不器用な自分を受け入れることができれば、自然と対策方法も見えてきます。

そこで今回は、恋愛に超不器用な男子あるあるを7つご紹介します。1つでも当てはまっている方は、女性目線を知って不器用を克服できるようにしてくださいね。

恋愛に超不器用な男子あるある ①:女性に幻想を抱きすぎ

幻想とは、現実には存在しない幻に心を寄せることです。幻に心が惑わされたり、幻想を追いかけてしまうと、幻想と現実とのギャップを上手く受け入れることができないので、リアルな恋愛ができなくなってしまうのです。

たとえば、

「女性とは控えめで奥ゆかしくあるべき」
「女性とは料理上手で母性に溢れているべき」

など、漫画やドラマのヒロインのような幻想を抱いているとします。

それが現実に出会った女性が、幻想とは異なると「この女性は違う」と除外してしまうのです。幻想を抱きすぎることで、それが高い理想となり、恋愛の邪魔をします。

女性に対して幻想や理想を抱くのは、決して悪いことではありません。好みのタイプや一緒にいたい女性像があるのは、とても自然なことです。

しかし、それを「絶対的なもの」としないようにしましょう。いろいろなタイプの女性がいるからこそ、恋愛は楽しいのです。幻想ばかりを追いかけるのではなく、目の前にいる女性をそのまま受け入れるようにすると、恋愛の考え方を変えることができるでしょう。

恋愛に超不器用な男子あるある ②:高望みしすぎる

恋愛で大切なのは、「見極める力」。これには相手の心理や状況も含まれますが、一番重要なのは、バランスを見極めることです。

あまりイケメンでもないのに、なぜか彼女が絶えない男性がいます。また、特別な才能もないのに、なぜか女性から人気のある男性もいるでしょう。

このようなモテる男性は、自分を客観的に見ることができているのです。自分のレベルを自覚しているので、相応しい女性に目をつけています。その結果、意気投合して恋人ができることが多いです。

恋愛に不器用で彼女ができない男性は、自分のことはタナに上げて高望みしすぎています。届かないものを掴もうとしているので、最終的に疲れ果てて自信をなくしてしまうのです。「妥協をする」というと言い方が悪いですが、高望みばかりしないことは恋愛をするうえで大切なことでしょう。

「遠くのバラより近くのたんぽぽ」という言葉があります。もしかすると、あなたのすぐ近くにかわいいたんぽぽが咲いているかもしれません。それを見逃さず見落とさずに、よく観察してみましょう。きっとバラよりも素敵な魅力に気づくはずです。

恋愛に超不器用な男子あるある ③:女慣れしていない

恋愛に不器用な男性は恋愛経験が限りなく少ないです。経験することで理解できることや学ぶことがあります。失敗を重ねながらも女性の考えや価値観を知ることができるでしょう。

しかし、恋愛経験がない人は、女性と関わった経験がないので、女性の心理を理解することが苦手なのです。

たとえば、女性が泣きながら「もう他の女性と仲良くしていればいいじゃん!」と言って走り去ったとします。これは女性の駆け引きも含まれるセリフなので、本心は「他の女と仲良くしないで」「今すぐ私を追いかけて」という意味。

これをわからないと「振られた…」と勘違いして、そのまま身を引いてしまうでしょう。その結果、恋愛が進展しないまま終わりを迎えてしまうのです。

女心を理解して、恋愛上級者になるには、経験を重ねていくことが大切となります。失敗や傷つくことを恐れずに、どんどん女性と接して女慣れしていきましょう。

恋愛に超不器用な男子あるある ④:男子校出身

前項の女慣れしていないことに付随しますが、男子校出身の人は恋愛に不器用です。男子ばかりの環境で生きてきているので、女性の心理や行動を理解することが苦手です。女性の求めていることや真意がわからずに空回りしてしまいます。

女性には本音と建前があり、共学の場合は自然とそれがわかってくるでしょう。「こういうとき女性は強がる」「こういう女性は嘘をつく」ということを周囲の状況から察知できる能力が身につくのです。

それが男子校出身の場合は、女性との接点が少ないため嘘をついていることに気がつかないケースが多いです。女性の言葉を素直に聞き入れてしまうので、失敗してしまうのです。

恋愛に超不器用な男子あるある ⑤:男兄弟の中で育った

女性には裏の顔があるため、自分が思い描いていた理想の女性像と実際の女性に大きなギャップがあります。
実際の女性は、

  • 化粧を落とせば、顔が変わることもある
  • 家に帰れば、だらしなくなることもある
  • 本当は料理も掃除も苦手なこともある

でしょう。

姉や妹がいれば、家の中で見る女性の本質を目の当たりにしています。「女性なんてこんなものだよね」といい意味で諦めてくれるのです。

それを知らない男兄弟育ちは、女性のリアルを受け入れることができないのでしょう。「僕が求める女性はこんなんじゃない!」と感じてしまい、なかなか上手く恋愛することができなくなってしまうのです。

恋愛に超不器用な男子あるある ⑥:女性の前で恰好をつける

恋愛に不器用な男性は、自分に自信のない人が多いです。そして自信がないからこそ、失敗しないように必死にかっこいい男を演じようとします。それが空回りしてしまい、恋愛につながらない原因を作り出しているのです。

かっこうつける男性は、

「好きです」
「付き合ってください」

このような告白のセリフを言うことができません。

告白をすることも、振られてしまうことも、情けないように感じてしまいます。自信がないからこそ、失敗したダサい自分を想像して前に進むことができないのです。

「どうしたら自分が傷つかないか」
「どうしたら常に恰好よくいられるか」

自分が女性にどう見られるかばかり気にして動いてしまいます。そして、身動きがとれなくなってしまい、器用に恋愛することができなくなってしまうのです。

恋愛に超不器用な男子あるある ⑦:過去の恋愛で傷ついている

過去の恋愛にトラウマのある男性は、恋愛に臆病になってしまいます。同じように傷つくことが怖いので、なかなか積極的になることができません。

とくに男性は女性と比べて、過去の恋愛を引きずると言われています。それが何年前のことであっても記憶としてはっきり刻まれていうのです。

恋愛の失敗を経験としてプラスに変えることができれば、きっと男性として成長することでしょう。それができずに引きずって前に進めないでいるうちは、不器用なままで恋愛することはできません。

恋愛で失敗をしたことがあっても、あなた自身が否定されたわけではありません。その女性とは相性が悪かったということもあります。何が悪くて、何に気をつければいいのか。傷ついたことを教訓にして前に進むようにしてください。

いかがでしたでしょうか。

恋愛に不器用な男性は、女性の気持ちを知る環境が少ないことも大きな原因となっています。恋愛が器用になるためには、女性の免疫をつけることです。女慣れをして、女性の本音と建前を理解してこそ恋愛上級者になれるでしょう。

すぐには難しいかもしれませんが、少しずつでも周囲の女性とコミュニケーションをとってみてください。恋愛不器用から脱出して、楽しい恋愛をすることができるでしょう。