女性が結婚をめんどくさいと思う理由5つ|理由を知ってからアプローチすべし

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

恋愛を楽しんでいる間はお互いに楽しく過ごせていても、いざ結婚となると積極的になれない女性がいます。でも、プロポーズをした男性からすると、勇気をふり絞って結婚を申し込んだのに、断られるなんてショックですよね。しかも、断る理由は「結婚はめんどくさいから」というもの。なぜ彼女たちは結婚をめんどくさいと思うのでしょうか。今回は女性が結婚をめんどくさいと思う理由と、それに対する対策をご紹介していきます。

女性が結婚をめんどくさいと思う理由①:一人が楽しい

今の時代、独身であることで差別を受けることもなければ、受けられないサービスが有るわけでもありません。外食産業では、この独身層をターゲットにした「おひとりさま」のサービスも充実してきています。

誰に気兼ねすることなく、部屋でくつろぐこともでき、自分のやりたいことをやりたいときにできる環境があるのですから、ひとりが楽しいとなってしまいますよね。

これは男性でも考えてしまうことなので、理解できる理由のひとつです。

女性が結婚をめんどくさいと思う理由②:一人の男に束縛されたくない

独身の間は、恋人がいても他の男性と食事に行ったり遊びに行くことができます。魅力的な女性であれば、たとえ付き合っていたとしても、他の男性に誘われることもあるでしょう。ただのお付き合いなら、別れることだって簡単にできます。

これが、結婚してしまうとそうはいかなくなります。他の男性と食事に行くだけでも不倫を疑われることも。別れるときも「別れましょう!」の一言ではすみません。自由気ままに生きてきた女性ほど、このような束縛があるのは耐え難いのでしょう。

女性が結婚をめんどくさいと思う理由③:家事が苦手

昔ほどではないですが、一般的に女性は家事ができるものと思われています。付き合っているときには、料理ができなくても外食でごまかせます。洗濯や掃除が苦手であっても大した問題ではありません。

ところが、結婚して一緒に住むことになると、自炊しなければいけないし、洗濯や掃除もやらないわけにはいきません。しかもふたり分です。家事が苦手な人にとっては、できないことが余計にプレッシャーになってしまいますし、結婚自体を面倒だと思ってしまいます。家事が苦手な人にとっては苦行でしかありません。

女性が結婚をめんどくさいと思う理由④:相手の家族や親戚づきあいが苦手

結婚すると、夫だけでなく、その両親や兄弟、親戚まで付き合うことになります。昔ほどではなくても、顔をあわせて挨拶する機会はあるはず。年賀状やお中元、お歳暮などの手配が必要なお家もあるでしょう。

しかも、嫁が中心となって動くことを要求されることが多いですよね。そうなると結婚自体をひどくめんどくさいものだと思ってしまうのです。

女性が結婚をめんどくさいと思う理由⑤:他人と長時間一緒にいられない

独身であれば、ひとりでゆっくりしたいと思ったら、それを実現させることは簡単です。しかし、結婚して一緒に住み始めるとそうはいきません。気分が乗らないときでも、やらなければならないことがあるし、少しの時間でもひとりの時間を持つことが非常に難しくなります。特にひとり暮らしを長くしていると、何事も自分のタイミングでできないのは、相当なストレスを感じます。

好きな人とはいえ、生まれも育ちも違う他人である男性と長時間一緒にいることを思うと、結婚に対してめんどくさいと思ってしまうのです。

これに関しては、男性が結婚に踏み込めない理由にもなりますので、女性の気持ちがわかる男性も多いのではないでしょうか。

結婚をめんどくさいと思う女性の落とし方①:包容力をアピール

結婚をめんどくさいと思わせないためには男性の包容力が必要になってきます。男性の包容力があれば、結婚を面倒だと思う確率は低くなります。

男性の包容力をアピールするには、以下の3つのことに注意するようにしましょう。

  • 小さな失敗は笑いながら見守る
  • 親身になって話は最後まで聞く
  • トラブルに対して適切な対応をする

これ以外にも、経済的に困らない程度の財力があれば、なおさら良いですね。これ等のことを注意するだけで、女性から頼られる存在になれます。

頼られる存在になることで、結婚をめんどくさいと思っている女性にも、「結婚しても良いかも」と思ってもらうことができますよ。

結婚をめんどくさいと思う女性の落とし方②:「あなたが苦手なことは自分がする」と伝える

これはストレートに「貴方が苦手なことは自分がするよ!」というだけではありません。女性が何かをしているときに、さりげなく様子を伺い、大変そうだなと思ったら、「それは僕がやるよ!」とか「こっちは僕がやっておくから、あっちをお願い」と実際に動いて実践することが大切です。

まちがっても「できないなら俺がするよ!」はNG。なぜなら、「できない」と言われるのは気持ちが良いものではありませんよね。また「手伝う」というワードもNGです。家事はふたりでするもの。どちらかだけが分担するものではありません。主体的にやるということをアピールするためにも、「手伝う」のではなく、「僕がやるよ」と言ったほうが効果的なのです。

本来男性が家事ができるのは非常に良いことです。そのため、言い方ひとつで相手の気分を損ねないように注意することが大事。そうすれば結婚をめんどくさいと思っている女性の気持ちにも変化が出てくるでしょう。

ここまで結婚をめんどくさいと思っている女性の心理と、そんな女性を落とすためのコツをご紹介してきました。生まれも育ちも違いますし、性格も結婚に対する気持ちも違っているふたりですが、女性の考え方を最大限理解して尊重するようにすれば歩み寄りは可能です。
かといって「結婚してしまえばこっちのもの!」という態度は厳禁ですよ!結婚した後も、変わらない態度で接していきましょう。そうすることで、ふたりにとって幸せな人生を歩むことができることを忘れないようにしましょう!