女性が恋愛で嫉妬してしまう心理7つ|原因解明&改善でいい女に

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

彼氏に対して女性側がものすごく嫉妬してしまい、相手を苦しめてしまうほど、嫉妬深くなった経験はありませんか? なぜ自分はこんなにも嫉妬してしまい、嫉妬により好きな人との関係が危ぶまれるのだろうと悩む人も多いでしょう。
今回は、嫉妬してしまう根本的な原因と、嫉妬の改善方法をご紹介します。

女性が恋愛で嫉妬してしまう心理 ①:恋人への不信感がある

女性が相手に対して嫉妬してしまう原因に、恋人への不信感があります。不信感があると、相手が浮気しないという安心感がなく、不安な気持ちがどんどん高まります。
すると、「彼が浮気をしているのではないか」というような憶測に駆られ、強い嫉妬になってしまうのです。
では、どうして相手に対して不信感を抱いてしまうのでしょう。

隠し事をされている

なにか自分に対して隠し事をしていると感じていると、相手に対して不信感を抱いてしまいます。お互いの気持ちがすれ違わないためにも、赤裸々に話す事も大切です。

嘘をつかれた

過去に彼に嘘をつかれた経験があると、相手に対して不信感を抱いてしまい、嫉妬につながります。異性関係での嘘には、必ず浮気のような内容が絡むことが多いもの。“浮気をするために嘘をつかれていた”などという状況があると、ますます不信感が強くなります。「職場の同僚と話していただけだよ」と言われても、「嘘なのでは…」と思ってしまい、彼と接するすべての女性に嫉妬してしまうのです。
しかし、改善方法があります。

ふたりの話し合い

不信感をなくし、相手への嫉妬心を和らげるためには、一番最初に行うべきことは、彼氏との話し合いです。モヤモヤした部分を話し合うことにより、お互いの気持ちを理解しあうことができ、不信感を拭うことができます。
話し合うときは、どんな部分が信用することができないのか、相手に何を説明をしてほしいのかということをはっきりと正直に伝えることが大切です。

女性が恋愛で嫉妬してしまう心理 ②:自分に自信がない

女性が自分に自信がないことが原因で、相手に対して強い嫉妬をしてしまっているということもあります。自分に自信がないため、「彼は自分よりも他の人に魅力を感じてるのではないか」、という不安な気持ちが膨れ上がり嫉妬につながってしまうのです。
自分に自信がある女性は、彼が女性と話をしているくらいでは不安にはなりません。「彼は浮気などしない」という自信があり、強い嫉妬心が生まれることはありません。
では、自分は魅力がある女性だと自信を持つためにはどうしたらよいのでしょう。

目標を持ちクリアする

どんなことでも、構いません。自分の目標を掲げ、ひとつひとつクリアしていきましょう。
例えば

・自分磨き
・メイク
・仕事

など、自分自身かわいい、かっこいいと思える女性になるための目標を掲げクリアするのです。すると、クリアできるたび自分に自信がつき、徐々に嫉妬を改善することができます。
ネガティブな感情ではなく、ポジティブな感情で自分を見つめ直しましょう。

女性が恋愛で嫉妬してしまう心理 ③:自己愛が強すぎる

自己愛が強い女性も、強い嫉妬心を抱いてしまうタイプが多いです。
自己愛が強い女性には、以下のような特徴があります。

自分の話しをしたがる

自己愛が強い女性は、人との会話の中で、自分の話ばかりをしたがります。「私ってさー。〇〇なんだ。」「私の場合は〇〇だけど。」などという話し方で、話題を自分のことに持っていってしまいがちな女性は、自己愛が強い傾向があります。

自分の意見が正当

自分の考えは正しいと思いすぎるあまり、人の意見を取り入れることができす、「自分の考えが絶対に正解である」と考えるタイプも自己愛が強いです。

失敗に対する恥が極端に嫌

自己愛が強いと、失敗に対する恥を極端に嫌がります。周囲の人から見たら、「それだけでそんなに落ち込まなくても…」という内容でも、本人にとっては大きな苦痛となります。自分が失敗してしまうこと、恥をかくことが許せないというタイプも自己愛が強すぎる人です。

自己愛が強い人は、浮気のような言動や行動は、自分の価値を下げられてしまったとイラ立ち、許すことができません。また、自分より優れていると感じたものに対して強い嫉妬心を抱きます。自分は「自己愛が強いタイプかも」と感じたら、他者の話に耳を傾けること、自分の考えややり方だけが正しいわけではないことを、常に頭に入れて行動してください。失敗をしない人はいません。失敗したときは、「こんなこともあるよね」と思いましょう。

女性が恋愛で嫉妬してしまう心理 ④:独占欲が強い

独占欲が強い女性も、嫉妬してしまいがちです。自分が所有しているものが、他人の手に渡ってしまうということに対し、強く恐れを感じます。失うことへの恐怖が強いあまり、安全な状況、安心できる状況が欲しいという気持ちが、嫉妬や束縛につながるのです。

相手を信じる

独占欲による嫉妬心を和らげるためには、恋人を信じるという気持ちを持つ必要があります。恋人関係を幸せな環境にするためには、ふたりの信頼関係が大切です。
「彼は浮気をするような人じゃない」と考え、相手を信用しようと心がけることで、監視する毎日から幸せを噛みしめることができる日々に変化します。

自分磨きをする

好きな人が「他の誰かのもとに渡ってしまうかもしれない」という心配な気持ちを打ち消すためにも、自分磨きをしましょう。体型が気になるならダイエットをしたり、エステやホワイトニング、ヘアスパなどなど、自分が綺麗と思えるように努力しましょう。

女性が恋愛で嫉妬してしまう心理 ⑤:過去に浮気された傷がある

過去に浮気された経験がある人は、そのことがトラウマとなってしまい、ちょっとしたことにも嫉妬してしまいます。過去に浮気されたときの彼氏と、今の彼氏を重ねて見てしまっているのです。「またあのときのように、浮気をされて傷つくのではないか。」と不安な気持ちから、嫉妬し、相手を束縛してしまいます。
どうしても不安で、「浮気をしているかもしれない」と思うのであれば、勇気を出して直接相手に尋ねてみましょう。そのとき、「過去に浮気をされて深い傷を負ったことがあるから、過剰に心配になってしまい不安に感じる」ということも正直に伝えるとよいですね。

女性が恋愛で嫉妬してしまう心理 ⑥:負けず嫌い

嫉妬してしまう原因として、自分の負けず嫌いな性格が原因であるということもあります。

自分のものを人に奪われたくない

好きな人にとって、自分が一番の存在でありたいという気持ちから、他の人に奪われたくないと思います。奪われないようにしたいという思いが強すぎて、彼に近づく女性すべてに嫉妬してしまうのです。

比較により負けた気がする

彼が、他の人を褒めたり、他の人の話をしただけで、負けず嫌いな性格が出てきて、「なぜ彼女をそんなに褒めるの?」「どうして他の人の話を出すの?」と思ってしまいます。他の女性(アイドルや漫画のキャラクターも含む)に対して、褒める言葉を言っただけなのに、比較されてると思いこみ、自分が負けてしまったと感じて、相手に嫉妬するのです。

自分が一番の最優先であって欲しい

自分が誰よりも一番でなければ、満足できません。自分が最優先にされていないと感じると、どうして自分が一番になれないのか、と嫉妬してしまいます。“一番だと思われていない”と感じる内容は、女性のみならず、仕事や友達に対しても同様の気持ちを持ち、嫉妬してしまいます。

負けず嫌いな性格は、時にはとても良い力となり、自分が持っている力をうまく発揮することができる強みでもあります。しかし付き合っている相手に、負けず嫌いな性格を全面に出してしまうのはよくありません。

相手を攻め立てたり、強い嫉妬心をなんらかの形で行動に移してしまうことは、相手を傷つけてしまうことにつながるため、気をつけてください。
「誰よりも愛されたい」と思うのではなく、「彼のことを誰にも負けなくらい幸せにしてあげたい」という心を持つことに、負けず嫌いの力を発揮しましょう。

女性が恋愛で嫉妬してしまう心理 ⑦:被害妄想が強い

被害妄想が強すぎると、強い嫉妬をしてしまう原因となってしまいます。
被害妄想による嫉妬をしてしまう人は、「もしかしたら〇〇しているかもしれない。」という思いが膨らみ、その疑惑を晴らさなければ、納得しません。彼からすると、無実の罪で疑われている状態で納得できないし、疲れます。

結果、彼は、疑われ続けることや、常に居場所やSNSを確認されるという状況に嫌気をさし、離れていってしまいます。
実際に被害を受けていないのに、妄想を膨らますのは危険です。目の前で起きていることだけを信じる、という気持ちを強く持つようにしましょう。

恋愛中に嫉妬をしてしまう女性の心理的な原因についてご紹介しました。相手に対して好きという気持ちが強すぎるあまり、嫉妬してしまうことはよくあります。しかし、その嫉妬心が異常な場合、自分自身の考え方に問題があるかもしません。相手はあなただけを愛しているのにも関わらず、嫉妬心が裏目に出てしまい、相手を失ってしまうという最悪の事態になってしまうこともあります。
相手を信用し、嫉妬心を和らげるということは、自分にとっての幸せを掴み続けておくためにもとっても大切なことです。嫉妬する原因を知り、改善すれば、よりより関係を続けることができます。心当たりがある人は自分を見直してみましょう。