恋愛ですれ違いが起きたときの対処法5選|想定してれば別れは来ない

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

恋愛をしていると、時間が合わなかったり、会う回数が減ってしまったりしますよね。本当はお互い凄く想い合っているのに、それぞれの価値観や優先順位の違いによっても、こうしたすれ違いが起きてしまうのです。男性と女性はもともと脳の作りも違うため、考え方が違っているのは当然といえるでしょう。

今回は、恋愛ですれ違いが起きたときの対処法を紹介します。今はなくても、いずれすれ違いが起こるのだと想定しておけば、別れを回避できます。効果的な対処法ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

恋愛ですれ違い後の神対応 ①:先に謝る

恋愛のすれ違いの原因のひとつに、恋人と喧嘩したときの対処がよくなかったことが挙げられます。喧嘩後に「自分は悪くない!」と意地を張っていつまでも謝らないでいると、時間の経過とともに相手との溝が深まっていき、すれ違いが生じてしまうのです。関係がギクシャクしてしまい、最悪の結果として別れもあるでしょう。

すれ違いにならないためには、まず自分から先に謝ることが大切です。そして、先に謝るのと同時に重要なのが、謝るまでのスピード。先に早く謝って喧嘩を早めに終わらせましょう。

先に謝ることで、素直に謝っているあなたを見て、相手もハッと気づくはずです。そして、相手も自分にも非がなかったかを考え、反省してくれるでしょう。

喧嘩をしてもきちんと早くに対処することができれば、お互いに良い関係を築くことができるのです。相手と長く続けていきたいと思うのであれば、喧嘩をしてすれ違いを感じたら、先に謝りましょう。

恋愛ですれ違い後の神対応 ②:相手の喜ぶことをすぐにする

「なかなか恋人と会えないな」と悩んでいる人は、最近相手の喜ぶことをしましたか?今、起こっているすれ違いは、もしかしたらお互いの相手に対する誤解が招いているのかもしれません。

すれ違いは、仕事などで時間的余裕がないために起こっているパターンと、知らずに相手のことを傷つけたり疲れさせたりしているために、距離をおかれるパターンがあります。

会話をするときも、自分ばかりが話をしていて、相手は聞き役になっていませんか?このままでは、相手の思っていることを知ることができず、誤解やすれ違いが起こる原因となります。

すれ違いが起きてしまったなら、まず相手が何を考えているのか、しっかり相手の話に耳を傾けましょう。そのあと、次に何をしたら喜んでくれるのかを考えるのです。

たとえば、「会ったときに相手の好きなものを食べに行く」「髪型や服装が変わっていたらすぐ褒める」など。自分の身につけているものや容姿を褒められたり、自分のことを優先して物事を考えてくれているのだと相手に伝われば、とても喜ばれるでしょう。

恋愛ですれ違い後の神対応 ③:いつも感謝を込めた手紙を送る

恋愛ですれ違いが起こってしまう原因のひとつは、コミュニケーション不足です。特に、忙しくてLINEやメールさえも最近していないという人は、相手に感謝の気持ちも伝えられていないでしょう。

付き合いが長いカップルこそ、すれ違いが生じ始めると、余計に感謝の気持ちを伝える機会が少なくなってきます。お互いどちらかが仕事、友人関係、趣味ばかりを優先していたりすると、次第に会う機会も減っていき、長年のなぁなぁ関係もあって、口で直接感謝を伝えることがなくなっていくのです。

そんなコミュニケーション不足のときに有効的なのが、感謝の気持ちを込めた手紙を送ることです。すれ違いが起こっている今だからこそ、普段なかなか伝えることができない感謝の気持ちを手書きの手紙で送りましょう。

手書きは電子的なメールやメッセージと違い、やはり自分の気持ちが相手にダイレクトに伝わりやすいです。また、心の込もった手紙を受け取って嫌な気持ちになる人はいません。

「お互いに忙しくなってきて、最近会っていないな…」

そう思っている人も、ぜひ手紙に感謝の気持ちを込めて送ってみてください!“いつも”送るように習慣づけると、お互いに感謝の気持ちを持ち続けられますし、感謝されているのだと思うと、相手のことが愛おしくなるのでおすすめです。

恋愛ですれ違い後の神対応 ④:一緒に美味しいものを食べに行く

すれ違っているカップルは、一緒に出かけて美味しいものを食べに行く機会も少なくなっています。心がすれ違っているのに、ふたりで、わざわざ美味しいお店をリサーチして出かけようという気は起こらないですよね。

しかし、実は、美味しいものを一緒に食べに行くという行為は、たとえ1時間という短い間でもすれ違いを減らす効果があるのです。それはいわゆる「単純接触効果」というもの。短い時間でも何回も会うことができれば、恋愛のすれ違いも防ぐことができるのです。

付き合ってから間もないのに、忙しさからすれ違いが起こっているカップルには、特におすすめです。この少しの時間の食事デートをすることで、相手との時間をとても大切にしようと思えます。

逆に1日中一緒にいると、会話のネタも尽きて沈黙の時間に疲れてしまい、次第に会う頻度も少なくなっていく可能性があります。

“一緒に美味しいものを食べに行く”もうひとつの効果は、「美味しいものを共有することで相手に対して好印象がもてる」ことです。これはランチョンテクニックといい、アメリカの心理学者、グレゴリー・ラズランによって実証済みです。

すれ違いで悩んでいて、「最近一緒に食事にも行けていないな」という人は、ぜひ短時間でもいいので、食事デートに誘ってみましょう。

恋愛ですれ違い後の神対応 ⑤:夜の営みで仲直り

恋愛ですれ違いが起こってしまう原因のひとつに、スキンシップ不足もあります。スキンシップには、手をつないだりハグをしたりがありますよね。なかでも、特に喧嘩によるすれ違いのあとに効果的なのは、夜の営みです。

夜の営みは、愛を確かめ合うほかに幸福感を感じることができます。喧嘩のあと、すぐに謝って、そのままベッドインするのもありですね。より気持ちが高まって、お互いの愛情を感じることができるでしょう。

もちろん、自分から誘うのが難しい場合は、手をつないだりハグなど軽いスキンシップから始めても構いません。喧嘩のあと仲直りするためには有効です。

恋愛ですれ違いが起きた後の効果的な対処法を紹介してきました。「最近すれ違いが増えてきた」「喧嘩のあとギクシャクしちゃってどうにかしたい…」
そんな人は、ぜひご紹介した神対応を活かして、相手との良好な関係を築いていきましょう。また、どの方法も、すれ違いが起こる前からでもできることなので、今後相手との関係を良好にしていきたい人にもおすすめです。