女性が結婚を焦ると恋が逃げる理由5選|辛いときでもブレない判断を

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

女性の社会進出が一般的になりつつある現代でも、結婚適齢期と呼ばれる年齢になると結婚に焦りを感じる女性がいます。本人が気にしていない場合でも、家族や親戚から「結婚はまだ?」等と言われてしまうことがあります。

これによって結婚を意識しすぎて、付き合っている男性から逃げられてしまうことも。そこで今回は、女性が結婚を焦ると恋が逃げる理由をご紹介します。

女性が結婚を焦り始める年齢は何歳から?

女性が結婚を意識し始めるのは、周りで結婚の報告が増え始める25歳辺りからが多いのではないでしょうか。その年齢から徐々に増え始めて、ピークは28歳くらいで、結婚の連絡が落ち着いてくるのが30歳手前位。俗にいう「30歳の壁」を意識するからですね。

「30歳までには結婚しておかないと…」という人も多いですが、なかには、「絶対30歳までには結婚する!」と宣言する人もいます。

結婚を焦り始めるのは、30歳手前の29歳頃からが多いでしょう。ただし、最近では高齢出産となる35歳までに結婚をして、出産ができればいいと考える人も多くなってます。つまり、30歳位では焦りが無いという人も増え、その結果、結婚に対して焦りを感じる年齢も高くなってきている傾向にあります。

極めて稀にですが、「結婚適齢期は自分で決める!」「結婚しない方が楽!」という人も。これらの人は、結婚に焦りを感じることはありません。

多様化する社会の中で、徐々に女性の結婚観にも変化が表れ始めているのです。

出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18)

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

▼withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

▼クロスミーを無料ダウンロード


サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

▼タップル誕生を無料ダウンロード


他には、厚生労働省が利用を推奨している「COCOA」というアプリもおすすめです。

COCOAはスマホのBluetooth機能を利用して、新型コロナウイルスへの感染が判明した人との出会い・濃厚接触の可能性を確認することが可能で、ウイルスの感染拡大、クラスターの発生を防止できるんです。

上で紹介した他のアプリとは異なり、顔写真やプロフィールなどの登録をしなくても使うことができ、非常に手軽で、さらに18歳未満でも利用可能です。

もし自分が陽性になってアプリから情報を登録しても、個人情報は公開されないので安心。

ただし、このアプリはみんなで使わなければ効果も期待できないので、「どうせみんな使ってないでしょ」などと言わず、まずはあなたがダウンロードして使ってください。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan無料posted withアプリーチ


女性が結婚を焦ると恋が逃げる理由 ①:妙な男にひっかかる

結婚を焦ったがために、妙な男性にひっかかると、恋が逃げる原因になるので、注意が必要です。

これは、焦ってしまって「誰でも良いから私と結婚して!」となり、自分の理想とする男性像とはかけ離れた人となんとなく付き合ってしまうことが原因。この場合、男性側は「とりあえず遊んでおこう」と思っている人が、女性の焦りを利用して近づいてくるのです。

男性側には「お小遣いでももらっておこう」「体の関係だけ」などという輩も少なくはありません。このような男性に引っかかってしまうと、結婚できないばかりか、財産も無くなり、人間不信に陥ってしまうことも。

今の自分に自信を持って、「今が私にとって最高に美しい時間」というくらいの気持ちで、自分の魅力を最大限分かってくれる男性を待った方が、何倍も幸せな人生を歩めます。

気持ちを落ち着かせる方法としては、「この人は本当に魅力的な人?」と自問自答して、その人の魅力を紙に書き出すのがおすすめです。

魅力と思えることが少ない場合や、客観的に魅力と思えるところが無い場合には、「妙な男」かもしれないと疑っても良いですよ。

女性が結婚を焦ると恋が逃げる理由 ②:相手をしっかり見られなくなる

焦ってしまうと、人の判断基準はブレてしまうものです。「カッコいい」の判断基準も、顔、容姿、服装といろいろありますよね。例えば、「奇抜」で「不自然」な服装や容姿を、焦って判断基準がブレてしまうと「とびぬけた魅力」と判断してしまったり。

また、収入に関しても「将来性がある」「今どきは夫婦共働きが標準」などと、今の状況を良い方に解釈しようとします。本来、結婚相手は結婚後の生活をともに歩んでいける人を選ぶもの。そのために、相手をしっかりと見る必要があるのですが、それができなくなるのは危険です。これは「やさしさ」や「人間性」にも同じことが言えます。

自分の将来にかかわることなので、しっかりと相手は見極めるようにしましょう。しっかり見ることができているかどうかを判断するには、判断基準になる項目ごとに点数を付けると分かりやすいでしょう。実際に細かく数値化するのではなく、大まかに「優、良、可」で採点するのも良いですね。「優」が多ければいいのですが、「良」や「可」ばかりなのに、彼のことを魅力的と思っている場合には注意が必要です。

女性が結婚を焦ると恋が逃げる理由 ③:婚期の話をしすぎて引かれる

お見合いや婚活をしてお付き合いを始める場合には、付き合い始めに結婚の話をすることになります。ですが、恋愛の場合にはそうはいきません。まずは自分たちのことを充分に知り合うところから始まるので、いきなり結婚の話をされると男性は嫌気がさしてしまいます。

余裕があれば良いのですが、結婚に対して焦っている場合、「この機会を逃すと婚期がさらに遠のく!」と思ってしまいがち。その結果、意識的ではないにしろ婚期の話が多くなってきてしまうのです。お付き合いを始めたころの男性は、夢見がちなところもあるので、結婚という現実に引き戻されるのは不愉快に感じてしまうのでしょう。

結婚に関して強い意識があることはひとまず置いておいて、彼との恋愛を楽しむことから始めると素敵な交際を続けることができますよ。往々にして楽しんでいる方が、男性が「この人と結婚したい」と思う可能性も高くなります。

例え結婚したくて焦っている場合でも、そこは彼を上手くコントロールする方法を学んでいる期間として割り切るのも一つの手です。後から「惚れたのはあなたでしょ。」と言える状況にしておくことは非常に大切です。

女性が結婚を焦ると恋が逃げる理由 ④:必死すぎて男が寄ってこない

これは逆の立場になると分かりやすいですよね。男性が彼女欲しくて必死になっている場合、あなたならどう思いますか?きっと近寄りたくないと思いますよね。

それと同じで、女性が必死に結婚相手を探しているような場合には、男性は近づきがたくなります。付き合うと、甘い交際期間が無く、即結婚になると思ってしまうからですね。

男性側が焦っている場合もありますが、それでもいきなり結婚することに抵抗が無い人は極僅かです。結婚だけにフォーカスしている人のことは、避けたいと思うでしょう。そうならないためにも、焦る気持ちを抑えて余裕を見せるようにすると良いですね。

女性が結婚を焦ると恋が逃げる理由 ⑤:結婚自体が目的になりすぎている

結婚というのは、法的な手続きをして世の中の人に「私たちはこれからの人生を一緒に歩みます!」と宣言すること。

つまり、簡単に言ってしまえば、ふたりが付き合う形態の一つです。その前提として、お互いに尊敬でき、惹かれあっていることが重要になります。

ですが、その結婚自体が目的になってしまうと非常に壊れやすい関係になってしまいます。結婚を焦ることで結婚自体が目的になってしまうと、最悪の場合、すぐに離婚する事態になることも。

結婚に対して焦っているわけですから、結婚自体が目的になるのもわかります。ですが、これからの人生のことをしっかりと考え、結婚を目的にするのはやめましょう。

自分が結婚自体が目的になっていないかを図る方法があります。「恋愛をするのは楽しい」と「結婚できないから不安」合計100として数値化してみましょう。「結婚できないから不安」が多い場合には要注意ですよ。

出産や育児のこともあり、女性の方は、結婚年齢に関して焦るものです。確かに昔は「子どもを産む」ということが女性が結婚する理由の一つでした。ですが、結婚するのは何も出産だけが理由ではありません。お互いがお互いを尊敬しあって、人生の最後の瞬間まで一緒にいたい人を選ぶと考えてもいいのではないでしょうか?