彼女への気持ちが冷めたときのサイン7つ|当てはまる数が多いと要注意

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

彼女と付き合い始めると、付き合う前は知らなかったいろいろな面が見えてきます。時には嫌悪感を感じてしまう瞬間もあるかもしれません。

特に、彼女に嘘をつかれたり、人の悪口ばかり言っていたり、裏切られたりすると、彼女への気持ちは冷めてしまいがちです。

しかし、一緒に過ごしてきた彼女を大切にしたい気持ちもあり、どうすればよいかわからない男性は少なくありません。そこで、彼女への気持ちが冷めてしまったときのサインについて紹介します。

彼女への気持ちが冷めたサイン7つ①:デート中、家に帰りたくなる

デートは彼女とふたりきりで過ごせるカップルにとって大切な時間です。ふたりで会話することで、相手のことをより深く知ることができます。

また、感動を共有することで愛情もさらに深まります。しかし、彼女への気持ちが冷めてしまっている男性は、デート中に家に帰りたいと感じるのが特徴です。

デートはお休みの日や仕事帰りなどに、相手と過ごしますよね。彼女のことを愛していれば幸せな時間になりますし、少しでも時間を作って会いたいと思うでしょう。

しかし、彼女への気持ちが冷めてしまった男性は、それよりも「家で早くゆっくりしたい」「自分の趣味の時間に使いたい」という気持ちが強くなります。彼女と過ごしている時間を「もったいない」と感じてしまうのです。

デートは男性側が基本的にお金を出すため、お金もかかります。彼女が受け身な場合はデートプランも考える必要があるため、彼女を喜ばせようと思うなら毎回時間を割いて用意をしなくてはいけません。

その大変さが彼女と会う楽しさよりも大きくなってしまったとき、彼女に冷めてしまったと言えるでしょう。

また、デートの場所を近場にしたり、お金がかからない場所であること、早めにデートを切り上げる、約束をすっぽかすようになるのも、彼女への気持ちが冷めたサインであると言ってもいいでしょう。

彼女への気持ちが冷めたサイン7つ②:別れたあと、ほっとする

彼女を愛している男性はデートの別れ際は寂しい気持ちになりますが、気持ちが冷めてしまった男性は逆にほっとするのが特徴です。
上手くいってるカップルなら、彼女と過ごす時間に幸せを感じるものですが、彼女への気持ちが冷めてしまうと彼女の優先度が低くなるため、彼女と会うことに面倒くささを感じてしまいます。

そのため、デートが終わったときに「やっと自分のことができる」と、ほっとするようになります。彼女への罪悪感もあいまって、デート中に息苦しさを感じるでしょう。

彼女への自分の気持ちに悩んでいる人は、デートをすることに義務感を感じていないか、目をそらさずに考えてみましょう。

彼女への気持ちが冷めたサイン7つ③:メールやLINEの返信が遅くなる

彼女を愛している男性は、彼女の優先順位が自然と高くなります。例えば、用事があってもできるだけ彼女との約束を優先しますよね。

また、彼女のことが気になってこまめにメールやLINEをチェックをするようになったり、たとえ筆不精でも、嫌われたくない思いからメールに目をとおしたり、返事をする人は多いでしょう。

しかし、彼女への気持ちが冷めてしまった男性は、明らかにメールやLINEの返信が遅くなります。

気持ちが冷めてしまった男性は、彼女を喜ばせようという気持ちも薄れています。そのため、日々の連絡が面倒になり、頻度が下がってしまうのです。

他にも、LINEの内容がそっけなくなった、既読スルーしてしまうことが多い、短文しか送らなくなったなども彼女への関心がなくなっていることの表れといえます。

彼女への気持ちが冷めたサイン7つ④:友達と遊ぶのを優先する

気持ちが冷めてしまうと、彼女の優先順位が下がっていきます。仕事ならまだしも、友達と遊ぶといった用事を優先することは、彼女に対する気持ちが冷めているサインです。

もちろん、友達と遊ぶのは気分転換になりますし大切なことですが、埋め合わせをしなかったり、何度も友達を優先することが続いている場合は、彼女への愛情が薄まっていると言えます。

彼女への気持ちが冷めたサイン7つ⑤:セックスをしたくならない

男性が彼女とセックスをするのは気持ちよさだけではなく、彼女を自分のものにしたいという独占欲や、浮気をされたくない、寂しいという気持ちなども関わっていると言われています。

しかし、彼女への気持ちが冷めた男性は関心が薄れてしまい、この感情が起こらないため、彼女とセックスをしたくなりません。

他の男性に彼女を取られることに危機感を抱いたり、相手をつなぎとめたいという気持ちがわかない男性は、彼女への気持ちが冷めている可能性が高いでしょう。

彼女への気持ちが冷めたサイン7つ⑥:二人でいても笑顔になれない

男性は女性と付き合うきっかけとして、話が合うことやフィーリングが合うことを大切にしています。

「この人といて楽しいな」と思い、交際に発展するものですが、彼女への気持ちが冷めているときは、二人でいても笑顔になれません。

二人でいることに楽しさや癒しを感じられないと、自然とふたりで過ごす時間も苦痛に感じてしまいますし、友達といたほうが楽しい、時間がもったいないという考え方になってしまいます。

彼女と過ごす時間に楽しさを感じない男性は、彼女への気持ちが冷めている可能性が高いです。

彼女への気持ちが冷めたサイン7つ⑦:浮気されても腹が立たない

人は独占欲があるため、自分にとって大切な存在である彼女を誰かに奪われそうになった場合、怒って取り戻そうとするのが普通です。

実際に、世の中には恋人が浮気をしている可能性が感じられたら探偵を雇って調べたり、携帯の履歴を隠れてチェックする人もいるほどです。

しかし、彼女に冷めてしまっている男性は彼女に関心を持たなくなるため、仮に浮気をされそうになっても腹が立ちません。自分の興味のない相手が何をしていようと、嫉妬心はわきませんよね。

彼女に対して完全に気持ちが冷めている男性は、逆に自然に別れることができる口実ができてホッとさえするかもしれません。

なので、彼女からの連絡が少なくなったり、帰宅時間が遅くなっても、もやもやしたり不安を感じることがない場合、彼女に対する気持ちは冷めている可能性が高いです。

ここまで彼女への気持ちが冷めたときのサインを紹介しました。彼女に対して気持ちが冷めているかもと感じた人は、一度自分の正直な思いと向き合ってみましょう。

また、彼女への気持ちが冷めてしまったときは、すぐにでも別れていいと思ってしまいがちですが、勢いだけで別れを選択すると後々後悔することがあります。

そうならないために、気持ちが冷めてしまった原因を考え、彼女に改善してほしいと伝えることが大切です。