恋愛のトラウマを克服するにはどうすればいい?対処法を解説

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

浮気をされたり、暴力を振るわれたなど、過去の恋愛での辛い経験がトラウマになり、もう何年も恋愛できてない人がいます。

別の人と恋愛をしても、また同様の辛い経験を繰り返してしまうのではないかと、二の足を踏む気持ちはよく分かります。しかし、勇気を出して先に進まないと、新しい恋愛はできません。トラウマを克服し、前進するには、どうすれば良いでしょうか。ここでは、トラウマを克服するための対処法について解説していきます。

新しい恋人を作る

意外と思われるかもしれませんが、過去のトラウマを克服するには、新しい恋人を作ることがおすすめです。新しい恋人と時間を過ごすことにより、トラウマを過去のものとして、気持ちを整理することができるようになります。

ここで重要なのは、恋人を作るまでの過程です。トラウマがあると、新たに気になる人が現れても、すぐにお付き合いをしようという気持ちになれないでしょう。トラウマに引きずられて、新しい恋愛に踏み出せないのは非常によくわかります。しかし、過去に捉われてばかりでは、状況は変わりません。少しだけ勇気を出して前進し、まずは相手を信じることから始めましょう。

トラウマとなってしまった相手と、新たに気になった人は別人です。トラウマに捕らわれてしまい、前に進む行動を起こさないと、何も変えることはできません。新たな一歩を踏み出し、新しい相手を本当に信じて問題ないかを見極めていきましょう

相手を信じることができるようでしたら、ぜひお付き合いを始めてください。新しい恋人が与えてくれる優しさや愛情が、過去のトラウマを自然と忘れさせてくれることでしょう。

出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18)

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

▼withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

▼クロスミーを無料ダウンロード


サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

▼タップル誕生を無料ダウンロード


他には、厚生労働省が利用を推奨している「COCOA」というアプリもおすすめです。

COCOAはスマホのBluetooth機能を利用して、新型コロナウイルスへの感染が判明した人との出会い・濃厚接触の可能性を確認することが可能で、ウイルスの感染拡大、クラスターの発生を防止できるんです。

上で紹介した他のアプリとは異なり、顔写真やプロフィールなどの登録をしなくても使うことができ、非常に手軽で、さらに18歳未満でも利用可能です。

もし自分が陽性になってアプリから情報を登録しても、個人情報は公開されないので安心。

ただし、このアプリはみんなで使わなければ効果も期待できないので、「どうせみんな使ってないでしょ」などと言わず、まずはあなたがダウンロードして使ってください。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan無料posted withアプリーチ


時間の経過に任せる

新たな恋に踏み出す気持ちになれない場合は、時間の経過により、トラウマを徐々に忘れていく方法もあります。ときが過ぎることにより、辛い経験が徐々に過去のものになり、次第に忘れさせていく方法ですが、さらに効果が見込める方法があります。

それは、辛い経験を上書きする経験をすることです。例えば、あなたが過去に暴力をふられてトラウマになってしまったとします。これにより、意識の中では異性にいつ暴力をふられるか分からないと、異性全体に対してマイナスのイメージを持ってしまいますよね。

そのようなときに、新しく出会った異性や身近な異性に、とても優しくされたらどうでしょうか?嬉しい気持ちと共に、異性全体が恐いわけではないという当たり前のことに改めて気づけるでしょう。

このように、時間が経過する中で、辛い経験を上書きする経験をすることができれば、より早くトラウマを忘れられるのです。もちろん、時間の経過だけでも、気持ちの整理などで忘れることはできます。無理やり忘れるために行動を起こす必要はありません。

辛い時は思いっきり泣く

辛い経験によるトラウマは、簡単に忘れられるようなものではありません。トラウマを思い出すときに、思い出さないようにとグッと我慢してしまう人もいますが、それが余計にストレスになる場合があります。

我慢によるストレスで、心や体を壊さないように、傷が癒えないうちは、思いっきり泣くことがおすすめです。そして、思いっきり泣いてスッキリした後は、物事をポジティブに考えるように心がけてください。

「なんで、私はこんなに辛い目に遇わなければならないの」という考え方ではなく、「今後どうやって、この辛い経験を乗り越えていこうか」とその方法を考えるようにしてください。この気持ちの持ち方により、今後の行動が大きく変わってきます。これまでの辛い経験を考えるばかりではなく、今後をより良く過ごすために、何を心がけて行動すべきか、を考えるようにしましょう。

友達や家族に話を聞いてもらう

トラウマに限らず、悩みを友達や家族に聞いてもらうと、それだけで気持ちが楽になることはありませんか?これは、心の中にため込んだモヤモヤした感情を吐き出すことにより、気分が楽になるからです。この効果は、心理学ではカタルシス効果といいます。

トラウマに関しては、友達や家族にも話すのをためらう内容ですよね。しかし、少し勇気を出すことによって、話をして良かったと思うくらい、気分が楽になるでしょう。また、相談者から良いアドバイスをもらえるかもしれません。トラウマを克服するためのきっかけになる可能性も十分にありますので、ひとりで悩み続けるより、思い切って話を聞いてもらいましょう

あなたは、決してひとりではありません。辛いときこそ、信頼できる人に話を聞いてもらいましょう。周りのひとを頼っても良いのですよ。

就寝、起床のリズムを整える

トラウマになるほど辛い経験をしたときは、そのことが頭から離れません。そのため、なかなか眠りに就くことができず、生活のリズムが狂いがちになります。生活のリズムが狂うと食欲も不振となり、私生活にまで悪影響を及ぼします

負の連鎖が続くことにより、トラウマを克服するどころか、トラウマに引きずられながら生活を続けることになってしまいます。できる限り短期間でトラウマを克服するためにも、まずは就寝と起床のリズムを整えましょう

就寝、起床のリズムを整えるには、落ち着いて眠れる環境を作ったり、平日も休日もなるべく同じ時間に起床するようにしたりすることが重要です。その他、就寝前は強い光に当たらないことや、寝る前のスマホや運動、食事は避けることなども大切ですよ。一度にすべて行わなくてもできることから始めていきましょう。

ジムに行くなど、運動して気分転換

就寝、起床のリズムを整えるのが難しい場合や、頭の中から、トラウマに関する嫌な気持ちを少しでも軽減したい場合は、運動をしましょう。運動をすることにより、気持ちの良い汗をかいて気分転換をすることができます

ひとりで運動をすることが難しければ、ジムに行くこともおすすめです。継続して運動することにより、就寝、起床のリズムを整ってきます。また、運動を続けることにより、トラウマに関することを考える時間が減り、時間と共に段々と嫌な記憶が薄れていくことでしょう。

以上、トラウマを克服するための対処法を6つ紹介しました。トラウマは短期間で克服できるほど簡単な問題ではありません。時間の経過とともに傷は癒えていきますが、勇気を出して、新しい一歩を踏み出して克服するように努力することで、早く立ち直ることが可能です。

トラウマに悩んでいる方は、一刻も早く克服するためにも、紹介した6つの対処法を実践してみてはいかがでしょうか。まずは一歩を踏み出し、新しい生活をスタートさせましょう。辛い経験を、自ら克服されることを心から願っています。