女性が来やすい告白の呼び出し方6つ|行かない理由を潰せばOK

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

好きな女性と親密になり、いざ告白しようと思ったとき、「どんな呼び出し方がいいのだろう…」「来てくれなかったらどうしよう…」と、迷いますよね。

実は、行かない理由を潰すことで、女性は告白の呼び出しにグッと来てくれやすくなります。今回は、女性が行きたいと思うほど有効な、告白の呼び出し方を6つご紹介です。ぜひこの記事を参考にして、告白を大成功させましょう。

女性が来やすい告白の呼び出し方 ①:LINE

告白の呼び出し方といえば“手紙”だった時代が過ぎ、現在は男女とも“LINE”などのSNSが主流になっています。告白の呼び出しだけでなく、告白までLINEでするのが当たり前になっているのです。そのため、誰もが親しみを感じやすいLINEでの告白呼び出しは、女性の来やすさ抜群でしょう。

しかし、親しみやすいLINEでも、内容次第では女性に行きたくないと思われてしまいます。そんなことにならないためのLINEでの呼び出し方の方法をご紹介します。

告白することを伝えない

LINEで告白の呼び出しをするときは、まだ告白を匂わせないことが重要です。「告白をしたいから、〇時に~へ来て」と呼び出されるのと、「会って話がしたいから、~へ来て」と呼び出されるのでしたら、圧倒的に後者の方が行きやすいでしょう。

あらかじめ告白されることがはっきりとわかっていると、女性は、「告白をされるのだ」と身構えてしまいます。また、恥ずかしがり屋の女性は、来てくれないことも多いです。

「会って話がしたいから、~へ来て」という呼び出しは、来てくれる確率をUPさせることにも有効ですが、告白の成功率を上げる効果もあります。何も知らずに来た女性は、突然の告白にドキドキするでしょう。このドキドキが、告白をより盛り上げてくれるのです。サプライズを大切にすることを、心がけましょう。

女性が来やすい告白の呼び出し方 ②:メール

メールも、LINEと同じく直接のやり取りではないため、現代の男女には欠かせないツールです。しかし、LINEの普及によってメールを使う人が減っているので、LINEよりは告白の呼び出しに向いていないといえます。

メールは、LINEを知らない相手を呼び出したいときに有効な方法です。メールでの告白呼び出しが有効な理由も、呼び出し方のおすすめ方法もLINEと同じ。

張り切っていつも使わない絵文字などを付けずに、普段通りの文面を心がけましょう

女性が来やすい告白の呼び出し方 ③:電話

LINEやメールで伝えられるのは、文章だけ。大切な告白のために、自分の言葉で呼び出したい人には、電話がいいでしょう。もちろん、電話をかけるあなた自身も緊張をしますが、来て欲しいという気持ちは目一杯伝わるでしょう。

また、電話なら相手の反応や声色も聞けるのがメリットです。呼び出しが嬉しいなら、女性の声はいつもより高くなることが多いですよ。相手の反応が気になる人には、とてもおすすめの呼び出し方法です。

しかし、告白呼び出しのポイントである“サプライズ感”には欠けます。いつも電話をよくするのであればいいですが、珍しい電話だと告白をされると勘付かれる可能性が高くなります。電話を使うときはよく考えましょう。

女性が来やすい告白の呼び出し方 ④:手紙

中・高校生なら、好きな人の下駄箱に手紙を入れるのが昔の主流でした。しかし、現在は下駄箱に手紙を入れると、イジメや嫌がらせに間違えられてしまうことも多いです。学生なら、失敗を避けるために、告白呼び出しの手紙は下駄箱に入れないようにしましょう。

緊張しますが、手渡しをするのが有効でしょう。社会人の方も、手紙ならば、手渡しがおすすめ。同じ職場なら、仕事のついでにサッと渡すとスマートでしょう。

手紙での呼び出しは、心がこもっていて真剣な気持ちも伝わります。しかし、定番すぎてほとんどの女性が告白だと勘付くでしょう。そのため、来てくれない可能性も高くなります。

手紙でもサプライズ感を出すには?

手紙での呼び出しでは、ほぼ確実に告白だと勘付かれるでしょう。それでも、もし女性が来てくれたときは、あえてそこでは告白をしない“フェイント”をかけるのもテクニックです。

告白をされる気満々で来た女性は、拍子抜けします。しかし、そこで直接デートの約束をすることができるのです。

ワンクッション置いた後での告白は、女性にとって印象に残ること間違いなし!接点の少ない女性には、不快な思いをさせることもあるので、ある程度、親しい関係にある女性を呼び出したいときにおすすめです。

女性が来やすい告白の呼び出し方 ⑤:人を経由して

好きな人への告白で、人を経由するのは論外。女性にがっかりされる告白方法です。しかし、告白の呼び出しで人を経由するのは、女性が来やすい方法だと言えます。

特に、告白したい女性とあまり接点がない人には、とても有効。自分が呼び出しをして警戒されるより、

  • 自分、女性とも接点のある友人
  • 女性の親しい友人
  • 接点のある複数の友人たち

に協力を求めると、来てくれる確率がUPするでしょう。特に成功率が高いのは、複数の友人に協力を求めることです。何人かで会う約束をしていれば、女性も警戒せず来てくれます。

しかし、大勢の前で告白をしないように注意が必要。女性が呼び出しに来てくれても、恥ずかしい思いをさせてしまうと、最悪嫌われる可能性も。友人たちには時間をずらしてもらい、2人きりになったときに真剣に気持ちを伝えましょう。

女性が来やすい告白の呼び出し方 ⑥:待ち伏せ

告白の呼び出しをせず、自分から待ち伏せしに行けば、100%告白まで辿りつけます。確かに絶対来てくれる方法ですが、告白の成功率はかなり低いでしょう。

待ち伏せ場所にもよりますが、次の場所は不審がられてしまうことが多いのでやめたほうが無難です。

  • 女性の自宅
  • 女性の会社またはバイト先

これは、一歩間違えればストーカーと勘違いされる可能性が高い待ち伏せ場所。もし、ストーカー扱いされてしまえば、友達にさえなれない関係で終わってしまうかもしれません。待ち伏せは、親しい女性に告白したい場合のみ有効です。

親しい仲であれば、学校や仕事終わりに行ってもいいでしょう。待ち伏せ感をなくして、偶然会ったように装おうことが成功の秘訣です。

【結論】LINEでの呼び出しが最も告白につながる

「女性が来やすい告白の呼び出し方」6つの中で、

  • 多くの女性が親しみやすい
  • 告白の呼び出しを匂わせない
  • 手軽

この3点から、「LINE」での呼び出しが、最も告白につながると言えるでしょう。他の方法でも、気持ちがこもっていれば問題ありません。しかし、LINEは日本で1番ユーザーの多いSNSです。LINEで呼び出すことは、手軽で安心できるのが魅力。一番、相手に警戒されずに呼び出すことができるので、LINEを使うのが一番のおすすめ方法です。

女性が来やすい告白の呼び出し方を、ご紹介しました。参考や、勇気が出るきっかけになりましたでしょうか?

結論として、LINEでの呼び出しが最も告白につながりやすいです。しかし、呼び出すときの内容も重要!最初から女性を身構えさせず、サプライズでドキドキさせることが成功のカギです。

呼び出し方が分かれば、あとはあなたの気持ちを伝えるのみ。この記事を読んで、素敵な交際をスタートさせてください。