元カノが忘れられない理由とは?理由・心理や対処法を解説

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

元カノのことを忘れることができず、次の恋愛に進めない男性は多くいます。前に進むことができずに、過去ばかり思い出して辛い日々を送っているのではないでしょうか。

実は、元カノを忘れることができないのは、男性の本能でもあります。男性の脳は、元カノを美化して刻まれるようになっているので、忘れられないことは自然なことでもあります。

それでも元カノを忘れられないモヤモヤから抜け出したい人は、具体的な理由・心理を理解して、対処法を実行していく必要があります。

今回は、元カノが忘れられない理由・心理と対処法をお伝えします。元カノを考えるだけの毎日から卒業するためにも、参考にしてください。

元カノを思い出すのは未練があるから?

元カノを思い出すのは、少なからず未練があるということが考えられます。しかし、未練とは「好き」という気持ちを引きずっているだけではありません。

未練の意味は、

  • 後悔したこと
  • やり残したこと
  • 諦めきれないこと

などがあります。

元カノとの交際で、何かしら反省することや引っ掛かっていることがあると未練になり、それがあるから気持ちを消化できず、忘れられないのでしょう。

とくに男性は、新しい出会いがあっても元カノの存在を大切に記憶しておく生き物です。他の女性と出会っても、元カノフォルダは消去されないので、再びフォルダを脳内で開くことができてしまいます。それが元カノを思い出すメカニズムになっているのです。

元カノが忘れられない理由・心理とは

元カノが忘れらない理由には、未練があるとお伝えしました。ただ、この未練は付き合っていたときの状況や別れ方によってもさまざまです。まずは、自分の未練や元カノに対する心理を整理して、元カノを忘れられない理由を具体的にしましょう。

復縁したい気持ちが強い

元カノのことが今でも好きという場合は、忘れることができません。一方的に振られてしまったり、喧嘩別れをしたために、気持ちを引きずっているのです。

復縁したい気持ちが強い場合は、復縁告白をしてOKかNGかはっきりさせましょう。復縁したいとモヤモヤしているだけでは、前に進めません。どんな結果になっても、自分の気持ちを元カノに伝えることで気持ちの整理ができるのです。

思い出が美化されている

男性は、元カノを特別な存在として記憶に残しておきます。そのとき脳内で美しい記憶だけを再生してしまうので、元カノの記憶がどんどん美化されていくのです

そうすることで、

「元カノと過ごしていた日々は最高に幸せだった」
「元カノは自分にとって一番の女性だ」

というように、元カノとの記憶が特別なものに変化します。

実際には、喧嘩をしたり、嫌な部分もあったはず。それを都合よく忘れてしまい、良いことしか思い出せないために、美しい記憶を思い出して浸ってしまうのです。

大きな後悔がある

自分にとって大きな後悔があると、なかなか元カノを忘れられません。これは恋愛だけでなく、受験や試合などでも同様です。

「あのとき、もっとこうしておけば良かった」
「あのとき、自分が気づいていれば何か変わったかも」
「あのとき、魔がささなければうまくいっていたのに」

後悔する気持ちは、もう叶えることのできない願いでもあります。モヤモヤとした感情になり、消化できないまま心に残ってしまいます。

自分がした行動に対しての後悔が、元カノを忘れられない理由になっています

自分にとって大恋愛だった

男性にとって、初めてのことが多い恋愛の場合、別れたあとに大恋愛をしたように感じます。元カノといるときに、笑い、泣き、感情をぶつけ合い、長い期間一緒に過ごして成長したのでしょう。

かけがえのない時間を大切な人と過ごしたのですから、大恋愛を忘れることができないのは自然なことです。

忘れられないというよりは、忘れたくないのかもしれません。自分にはいつまでも大切な存在といえる元カノを記憶から消去したくないのです。

元カノと復縁したいときに注意すべきこと

元カノが忘れられずに、復縁を決意する男性もいます。しかし、理由があって別れを選んだふたりです。簡単に復縁することはできないでしょう。復縁をしても、また同じような原因で別れてしまうことも考えられます。

そこで復縁したいときには、3つのことに気をつけて慎重に進めてください。そして復縁できなかった場合は、ケジメをつけて新しい恋愛に進む覚悟ももっておくと良いでしょう。

冷却期間を設ける

女性と比べて男性は冷静に感情の分析ができます。それでも復縁への意志が強いと、感情的になってしまうこともあるでしょう。

復縁したいときは、必ず冷却期間を設けるようにしてください。冷却期間とは、連絡を一切断ち、お互いの気持ちを落ち着かせるためのもの。1か月~半年ほどは必要となります。冷静になれるまでは距離をおいてください

別れの原因と対処法を考える

別れた原因があいまいなまま復縁したとしても、同じことを繰り返してしまいます。そんな状況を回避するためにも、別れた原因と対処法も復縁時には考えてください。

対処法がないのであれば、復縁はあきらめましょう。感情のままに動かず、客観的に考えながら行動することが大切です。

自分の気持ちを押し付けない

強い復縁への気持ちがあっても、今は別れたふたりです。元カノの気持ちを無視して一方的に気持ちを押し付けないようにしましょう。

元カノにも今の生活があります。元カノのことを考えたうえで気持ちを伝えるようにしてください

元カノから連絡が来た!理由・心理、対処法は?

元カノから連絡が来ると、舞い上がってしまいます。しかもそれが忘れられない人ならなおさらです。そんなときこそ冷静に対処しましょう。ビッグチャンスで失敗しないように、まずは地に足をつけて、連絡の意図を分析してください

理由:元カノにも未練がある

あなたと同じように忘れられないから、女性も元彼に連絡をするのです。少なからず未練があり、元彼のことを気にしている証拠です。

そこで探りを入れるために連絡をしてきたのでしょう。具体的な理由がなく、他愛もない連絡がきた場合は、未練があるというです。

心理:未練を消化したい

元カノは元彼への未練を消化させるために連絡をしてきています。復縁への願望や心残りをスッキリさせて、前に進みたいと思っているのです

対処法:冷静に話し合い徐々に距離を縮める

何はともあれ冷静に対処し、元カノの要求を聞いてみましょう

あなたに復縁の意志があるのであれば、まずは再会して話し合うことが大切です。急に距離を縮めようとせずに、徐々に距離を縮めてください

寂しさや一時の気持ちの高まりで自分・相手を傷つけないように注意

元カノは特別な存在であり、自分の理解者でもあります。しかし、一時の気持ちで振り回してしまうと、自分も相手も傷つけることになってしまいます。

そうならないためにも相手を考えるための時間と余裕が必要です。冷却期間を設けて、今一度元カノについて考え直してください。

それでも忘れられずに自分に必要で愛すべき存在であれば、再び連絡がとれるように考えていきましょう。