彼女との倦怠期・マンネリを乗り越える方法5選

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

今、あなたと恋人はどんな雰囲気ですか?この記事を読んでいるということはスッキリしない関係になっているのでしょう。

カップルや夫婦が長く続くほど経験する「倦怠期」。そもそも倦怠とは、嫌になって怠ること、飽きることをいいます。だるさや疲れを表す言葉でもあります。つまり倦怠期とは、恋人との関係に慣れてしまって飽きている状態で、マンネリともいいます。

会うことにだるさを感じたり、相手の愛情に疲れてしまっていると完全に倦怠期に突入している状態。この記事では、そんな倦怠期・マンネリの乗り越え方を紹介していきます。

倦怠期はどれくらいの時間が経つと訪れる?

カップルによってさまざまですが一般的には3カ月、半年、1年が多いです。それぞれの時期別にどのような症状が表れるか、見ていきましょう。

3カ月

付き合い始めの盛り上がっていた熱が冷め、ときめきが減ってしまう時期です。盛り上がりが大きかったカップルや周囲の応援が熱かったカップルは、特に、この時期に倦怠期に陥りやすい傾向が。本人たちや周囲が「やっと付き合えた」と安心して落ち着くのです。その落ち着きを「冷めた」「倦怠期」と感じてしまいます。

半年

デートを重ねて恋人のことを理解できる時期です。好きなものや嫌いなもの、くせ、人間関係などをお互いにほぼ把握できています。しかしこれが「相手のすべてを知っている」と錯覚させます。すると、恋人に新しい発見をできなくなります。新鮮味がなくなり、今までの楽しさが半減してしまうのです。

1年

一番倦怠期に陥りやすい時期です。恋人との関係が安定して、一緒にいることが当たり前になります。カップルによっては恋人という感覚が薄れ友達感覚になってしまうこともあるようです。すると余計にときめきを感じなくなってしまいます。

また「離れることはない」という安心感から連絡が雑になったり、服やメイクが適当になりがちです。この行為が倦怠期に拍車をかけてしまうのですが、本人は安心しきっているので自覚はありません。

倦怠期の原因とは

大好きな恋人なのに、どうして倦怠期がきてしまうのでしょうか?当人になると意外とわからないものです。ここではその原因を解説していきます。最近の自分たちの関係と重ねながらみていきましょう。

デートがマンネリ化している

いつも同じところにデートに行ったり、おうちデートばかりしているとデートがつまらなくなってしまいます。恋人への安心感から定番の場所を選びがちです。

それは相手への気持ちがいい加減になっているから。付き合いたてのころは「ここに行きたいな」「一緒にあれを食べたいな」など、いろんなデートを考えたのでは?いつも同じデートを続けていると倦怠期に突入する原因になります。

相手の存在に慣れてしまっている

大好きなはずの恋人でも、長い間一緒にいると慣れてしまいます。隣にいて当たり前になってしまうと、服装や言動にゆるみが出てくることも。決して悪いことではありませんが、いつもゆるんだ態度でいるとメリハリがなくなり、トキメキが減ってしまいます。慣れは良い面もありますが油断は禁物です。

会う時間が減っている

LINEのやりとりや電話、直接会うことも「会う時間」に含まれます。会う時間が減ると気持ちが離れるのは、どんな人間関係でも当たり前のことです。会わなくなると相手のことを考える時間が減ります。仕事などを言い訳に会う時間を削っていると、恋人があなたのことを考える時間も減ってしまうので要注意です。

結婚をせかされている

まだまだ恋人気分で仲良くしていたい人に多い原因です。相手に結婚を迫られると面倒くさく感じてしまいます。ひどい場合は「価値観が違う」とまで考えてしまうようです。

また友達や親戚から「結婚はまだなの?」「早く子供が見たいな」などと言われるとプレッシャーで、相手と距離を置きたくなってしまうのです。

彼女との倦怠期を乗り越えるアイディア集

倦怠期を乗り越える方法はカップルによってさまざまです。たくさんの経験談から絞った乗り越え方を5つご紹介します。

自分たちにはどんな方法が合うのか、考えながらみていきましょう!

ひとりの時間を過ごしてみる

恋人のいない生活をしてみましょう。ひとりで過ごしてみると日常の場面ごとに恋人を思い出します。例えば、起きたときの「おはよう」という一言だったり、いつもはつないでいる手が空いていたりします。

そうすると自分にとって恋人がどんなに大切な存在か気づかされます。人は失ってから大切さに気づくものです。大切な恋人を失う前にひとりの時間を持ってみましょう。

自分磨きをする

最近恋人と会うときのあなたはどんな格好ですか?きちんと身だしなみを整えていますか?
慣れてくると「部屋着でもいいや」「寝ぐせついててもいいや」とだらしなくなってしまいます。付き合い始めたころのように、相手にかっこいいと思ってもらえるよう身だしなみに気を使いましょう。髪型や服装をガラッと変えてイメチェンしてみるのも効果的です。

また外見だけでなく心も磨きましょう。基本的なことですがきちんと挨拶をする、笑顔を心がけるなどです。あなたの心の変化を気づかせることがポイントです。

相手との思い出を振り返る

今まで撮った写真やLINEのやりとりを振り返ってみましょう。思い出を振り返ると「あのとき楽しかったな」「あんなことしてふたりで笑ったな」と忘れていたときめきを思い出します。そして今までふたりで築いてきた関係がどんなものなのかを確認できます。

ひとりでじっくり振り返るのもいいですが、恋人と寄り添いながらだと一気に倦怠期を乗り越えられる可能性もありますよ。

相手と話し合う

会うのをめんどくさがっていると倦怠期は悪化します。気持ちを打ち明けることは、とても重要です。恋人と話すときは「伝える」「聞く」「理解する」をポイントにしましょう。一方的ではなくお互いへの理解を深めるように話し合います。

また、伝えるときに感謝の気持ちを言えると最高です。普段あまり言わない「好き」「ありがとう」をはっきりと言葉にします。相手のいいところをほめるのもアリです

直接いうのは恥ずかしいという人は手紙を書いてみましょう。いつもと違う伝え方で、恋人もときめきますよ!

ふたりで新しいことをしてみる

新鮮さが失われているからこそ、新しい発見のきっかけを作りましょう。手っ取り早いのは同じ習い事を始めたり、同じ趣味を持ってみることです。今まで興味がなかったジャンルに挑戦するのがオススメです。

ほかの方法であれば「いつもと違うデート」がイチオシです。おうちデートばかりになっているカップルにピッタリですよ。デートで食事に行くのであれば、チーズとチョコレートを食べられるお店を探しましょう。なぜなら、チーズとチョコレートには恋愛ホルモンのPEAが豊富に含まれているからです。ただし食べ物から摂取したPEAの効果は一時的なものなので、タイミングに注意が必要です。

同棲カップルには模様替えがおススメです。キレイにすることを目的にするとイライラしてしまうので、あくまでも気分転換のための模様替えだとお互いに理解しておきましょう。部屋の雰囲気が変わると、ふたりの雰囲気も変わります。気持ちを入れ替えて前に進みましょう。

自分に合った倦怠期の乗り越え方は見つかりましたか?どれかひとつではなく、いくつか試してみるとより早く解決につながります。

今こうして調べて、一生懸命に倦怠期を乗り越えようとしている気持ちはとてもステキです。しかし乗り越えていくには時間が必要です。焦らずに解決していきましょう。