初デートでキスする男性心理5選!女性からのキスはあり!?

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

恋人ができて初デートをすることになったら、着ていく洋服や、行く場所などさまざまなことを想像するかと思いますが、「今までより関係が進むこと」を考える人も多いでしょう。

その中で、もし初デートでキスをされたら、どう受け止めたらいいのでしょうか。実際に初デートでキスをされたらドキドキしてしまいますが、まだ付き合っていないのにキスをされたり、キスだけで帰ってしまった場合、相手がどんな思いでキスをしてきたのかが気になりますよね。そんな「初デートでキスする男性心理」を5つ解説します。

勢いあまって

ずっと好きだった相手と両思いになれたときの初デートは、とても嬉しくて楽しいもの。男性としても、デート相手が一緒に楽しんでくれたら、さらに嬉しいものです。

その思いが行動に出てしまい、好きで好きで愛おしくてたまらなくてキスしてしまった…というパターンです。その場合はキスだけではなく、ハグをされたりするかもしれません。

相手への思いが強すぎるあまり、勢いあまってキスしてしまったので、そのまま体の関係にすすんでしまうことも多く、もしそのようなそぶりが見えたら、うまく交わすことも必要になってくるでしょう。

惚れられてると勘違い

恋愛経験が少ない男性に多い傾向ですが、デートをしている時点で、自分のことを好きに違いないと信じきって、当たり前のようにキスをするパターンです。

こういった男性は、真面目でプライドの高い人が多いので、もしその気がない場合は言葉を選んで、傷つけないようにやんわりと伝えるようにしてください。

キスして好意を持たせたい

デートはしているけど、まだふたりの関係性がはっきりしていなくて、でも「自分は好きだから何とかしたい」という焦りがあるときに、相手に好意を伝えるという意味でキスしていることがあります。相手にも好意を持ってもらい、自分のことを好きになってもらいたい、という意味が含まれています。

この場合も、気持ちが強く、そのまま体の関係に進むことがありますので、気をつける必要があります。

距離が接近したから、つい

ドラマなどでよくある、ふと顔をあげたら相手の距離が近く、目があってそのままキス…のように、ふとしたきっかけで距離が急接近し、そのままキスしてしまうパターンです。

このパターンは結構多く、男性としてはデート中はずっとキスするタイミングを見計らっています。そんなときに距離が近づき、タイミングと雰囲気が合えば、このタイミングを逃せないと思いキスをします。

女性慣れしていて、雰囲気を重視するロマンチストなタイプが多いです。

唇が魅力的すぎたから

女性の魅力的なパーツのひとつとして唇があげられますが、唇がふっくら柔らかそうだと触ってみたくなる男性は多く、見とれてしまう人も多いです。

とくに、魅力的な口紅やグロスで潤っている唇はとてもセクシーに見えます。そんな女性ならではの唇を見ているうちに、ついキスをしてしまうパターンです。このパターンは性的な要素も含まれていることもあるので、相手の意図をよみ、注意が必要です。

初デートで女性からキスをするのはあり?

男性にキスをされたときの心理を解説してきましたが、では逆に女性のほうからキスをするのはありなのでしょうか?

答えは、基本的にはNG!です。

しかし時と場合によって、アリ!なこともあり、それはそのときの状況やふたりの関係性で変わってきますので、解説します。

女性からキスをするのがナシの場合

まだ出会って間もないふたりの場合は基本的にやめたほうが良いでしょう。

理由としては、たいがいの男性は女性に対してのイメージを持っており、そのイメージは慎ましさと恥じらいがあることです。そのため初デートで女性のほうからキスをすると、慣れている、誰にでもしてるのではないか、などと女性に対して軽いイメージを持ってしまうかもしれません。

そして、軽いイメージを持たれることで、せっかく大切にされるはずだったのに、スイッチがかわることも。体だけの関係になってしまい、その後もお付き合いではなく、体の関係だけのふたりになってしまう可能性があります

女性のほうが好きな気持ちが大きく、気持ちが高まってしまったとしても、その先に恋人としての関係を望み、大切にされたいなら、女性からのキスはやめておいたほうが良いでしょう。男性は女性への憧れやイメージがあるので、初デートではその憧れの女性を演じることが必要です

女性からのキスは「あり」の場合

この場合、デートする相手との関係性がポイントとなってきます。ふたつの例を出して解説します。

ひとつ目は、初デートまでは友達であったり、学校や職場で一緒というような、知り合ってから時間が経過している場合です。お互い気心が知れている関係からの初デートなら、女性からのキスはありで、有効です。

それは、相手に好意を伝えることができるからです。もともと知り合ってからの時間が経過したふたりのデートは、その後の関係を壊したくないという思いから、男性側がなかなか踏み出せずお互いの好意が分かりづらい場合があります。
普段からよく食事に行ったり、遊びに行っていればなおさら二の足を踏んでしまうことも多いです。

男性に「私はオッケーですよ、好きですよ」という好意を、キスという形で伝えることで、男性も安心してその後の関係に進めるでしょう。

また、男性が消極的で恥ずかしがり屋の性格の人であれば、女性からきっかけを作ってあげることで、その先の展開にはずみをつけることにもつながるでしょう。

ふたつ目は、遠距離なのに、男性が遠いところから会いに来てくれた場合。理由として、遠いところからお金と距離をかけて会いに来るということは、それだけ気持ちが本気だということと、遊びの相手にはそこまでしない可能性が高いので、信用度が高いからです。
そういった意味でお礼と気持ちを伝えるために軽いキスならありでしょう。

今回は、初デートでのキスに関しての男性心理を解説してきました。女性からすれば、初デートで男性からキスがあると、嬉しい半面、キスの意味を考えてしまいます。
男性はデートのときは常に「くっつきたい」、「キスしたい」、「あわよくば体の関係も持ちたい」と考えているものです。もし、キスをされそうになったら、その場の雰囲気で感じるものがあるでしょう。そのときはここで解説した内容と照らし合わせて、その先の展開の参考にしてみてください。