おすすめマッチングアプリ情報はこちら

実は女性がセックス中に我慢している事7つ|面と向かって言いづらいのよ…

セックスを大まかにわけると

  • お互い気持ちよくなれる素晴らしいもの
  • 双方ともに気持ちよくない無益なもの
  • 片方だけが気持ちよくなれる独りよがりなもの

の3種類に分類できます。

今回は

片方だけ(男性側)が気持ちよくなれる独りよがりなセックス

について解説。

セックス中に男性に気を使って本音を言えない女性も少なくありません。つまりやめてほしいことがあっても我慢することが多いのです。

今回は女性がセックス中に我慢していることを、複数紹介していきましょう。

実は女性がセックス中に我慢している事7つ

日本人はセックスのことをパートナーと率直に話すことに慣れていません。そのため、どうしても我慢することが増えてしまう傾向にあります。

女性がセックス中に我慢しがちなことをピックアップしていきましょう。

実は女性がセックス中に我慢している事①「フェラ」

愛する彼氏や夫が喜ぶため、フェラをする女性が多くいます。経験不足の男性や身勝手な男性は脳内で「フェラ好きだからフェラしてるんだ」と、幼い解釈をすることも。

中には「どうしてもフェラだけはしたくない」という女性も存在。セックスでフェラありきという考え自体が、万人に共通するものではないのです。潔癖症の女性は口に含んだだけで、うえっとなってしまうことも男性は頭に入れておかなければなりません。

「私はフェラしてるのにクンニしてもらえない…」と、内心不満に感じている女性もいるでしょう。

男性によっては「挿入よりもフェラの方が気持ちいいから好き!」というフェラ依存男子も、少なからずいるようです。

実は日本ってクンニ大国!?|舐め犬系男子のペロンチョな心理7つ

実は女性がセックス中に我慢している事②「コスプレ」

初セックスでコスプレをおねだりする男性は、さすがにほとんどいないでしょう。しかし関係が長期化し、マンネリ化し始めるとコスプレによって刺激を得ようとする男性が結構いるのだとか。

コスプレは男性の趣味が如実に出るもの。セーラー服、スクール水着、ブルマといったロリ系コスプレを好む男性も少なくありません。

女性の合意が得られればいいのですが、渋っているにもかかわらず、無理やりコスプレさせるようなセックスはNG!

当たり前ですが、女性は着せ替え人形ではないのです。

実は女性がセックス中に我慢している事③「回数が多い」

男性は性欲のピークが10代から20代なのに対し、女性は男性よりも遅めであるといわれています。若いカップルでありがちなのが、会う度に男性がセックスを求めすぎる問題。

女性が「私はそんなにたくさんしたくないのに…」と思っているにもかかわらず、男性がお猿のように腰を振り続けてしまうことがあるのです。

一回終わったと思ったら、また始まって辟易…というのもない話ではありません。

実は女性がセックス中に我慢している事④「痛いこと」

セックスに慣れていない男性は、女性に対する触れ方がわかっていません。過激なAVを見過ぎるあまり「多少は乱暴な方が興奮するだろう」という大いなる勘違いに陥っていることも、よくあるケース。

基本はあくまでフェザータッチ。女性が感じてきたら、メリハリをつけて触るといいでしょう。

実は女性がセックス中に我慢している事⑤「身体的特徴をイジられる」

セックス中は着衣を脱ぐため、普段は隠している部位もあらわになるもの。ぽっちゃりしている女性が、身体的な特徴に対して劣等感を抱いていることもあります。またバストの小さな女性が貧乳コンプレックスであるケースも。

妙な勘違いでそこを言葉責めして顰蹙を買う男性があとを絶ちません。またバストやヒップに対して「おっぱい超デケー、牛みたいだね」「叩きがいがありそうなデカいケツ」などと飲んデリカシーなイジりもご法度。相手をおとしめる言葉よりも、褒める言葉を率先して使いましょう。

実は女性がセックス中に我慢している事⑥「そもそも今日はしたくない日」

セックスしたくないにもかかわらず、男性側の「ね?ね?いいでしょ?」と強引に始まることも。セックスは身体のみならず心の触れ合い。一方的な欲求の解消を目的として、なされることでは決してないのです。

実は女性がセックス中に我慢している事⑦「過剰な変態プレイ」

「フェラは普通にするけど、過剰な変態プレイは嫌!」という女性は数多くいるでしょう。

またもAVというワードが出してしまい恐縮ですが、AVを性教育代わりにしてきた男性で、そもそも自分のプレイが変態だという自覚がないケースも……

ハードSMや聖水などが当たり前と思い込んでいる男性はまず「AVとセックスは全く別物!」と認識を改めてください。

AVはオナニーをするためのツールのため、セックスに転用するものではありません。

▼関連記事
なめたらあかん?脇フェチ男性の心理5つ&舐められた女性の本音5つ

6月はマッチングアプリで出会いやすい?

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

新生活が始まる4月〜5月にかけては新規会員が大幅に増加するというデータがあります。

「6月に始めるのは少し遅いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、マッチングアプリで恋人を見つけるまでには平均3~6ヶ月かかるというデータもあるので、6月はまだまだチャンスが多くあると言えるでしょう。

では、数多くあるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

クロスミーを無料ダウンロード


サイバーエージェントグループが運営する「タップル」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

タップルを無料ダウンロード


嫌なことは言葉で「やめて!」と伝えることが大切!

セックスはコミュニケーションの一環です。我慢してするものではありません。もしあなたがパートナーとのセックスでずっと我慢していることがあれば、きちんと言葉でNOを伝えましょう

また男性は自らの行為が独りよがりになっていなかったかを改めてチェックしてみてください。

お互いを思いやれる気持ち良いセックスがこの世に増えることを願っています!