おすすめマッチングアプリ情報はこちら

初めてだから不安…童貞がセックス前にしておくべき準備や心構え15選

この記事を書いた人
マッスル北川

筋肉と愛の戦士。某格闘漫画にハマったことをキッカケに体を鍛え始める。「脂肪が筋肉に変わる」「腹筋だけしていれば痩せる」そう思っていた時期もありました。間違った知識で時間を無駄にしたことを教訓に、効率的に痩せる&鍛える方法をお届けします!

男性は誰もが最初は童貞。初めてセックスをするのはとても緊張しますし、不安も感じるもの。

そこで当記事では今回、童貞がセックス前にしておいたほうがいい準備と心構えをご紹介します。

これからセックスを控えている童貞の男性は、ぜひ参考にしてください!

童貞は初めてのセックスだからこそ準備を

初めてセックスする時って嬉しい反面、とんでもなく緊張するのは当然。心臓もバクバクで、頭も真っ白になりがち。

学校では最低限の性知識を教えてくれますが、セックスの流れややり方なんて詳しく教えてくれません。

事前になにを準備をすれば良いのかも分からない手探り状態なので、不安だって大きくなるんです。

そんな不安を解消するためにも、事前に正しい知識や準備を整えておくことが重要。なんの準備や知識もないままに、セックスをするのはおすすめできません。

6月はマッチングアプリで出会いやすい?

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

新生活が始まる4月〜5月にかけては新規会員が大幅に増加するというデータがあります。

「6月に始めるのは少し遅いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、マッチングアプリで恋人を見つけるまでには平均3~6ヶ月かかるというデータもあるので、6月はまだまだチャンスが多くあると言えるでしょう。

では、数多くあるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

クロスミーを無料ダウンロード


サイバーエージェントグループが運営する「タップル」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

タップルを無料ダウンロード


童貞がセックス前にしておくべき準備や心構え

何事も事前に準備しておいて損はありません。特に初めてのセックスは、自分だけでなく相手も不安や緊張しているもの。

準備や知識がないままセックスしたために、取り返しのつかない事態に…なんてことは避けたいですよね。

そこで、セックスをする前に、以下にご紹介する心構えや準備をしっかり行っておきましょう。

  1. AVは参考にしない
  2. コンドームは必ず携帯
  3. 爪は綺麗に切っておく
  4. 全身を清潔にしておく
  5. セックスの前にお酒を飲まない
  6. 無理やりセックスするのは絶対にダメ
  7. 緊張しているのはお互い様
  8. セックスは共同作業
  9. 触る時は優しくが鉄則
  10. 入れる穴を間違わないように
  11. 見ざる聞かざる言わざる
  12. 初めてで女性を満足させられるわけがない
  13. 緊張で勃起できないこともある
  14. 過呼吸や失神しても慌てない
  15. 失敗は次の糧にする

準備や心構えをしておくことで、緊張や不安を軽減。取り返しのつかない事態を防ぐことができます。

1.男性向けAVは参考にしない

セックスについて教えてくれる人がいないからと、AVを参考にしている人も多いんじゃないでしょうか?

ですが、男性向けAVは参考にしてはいけません

AVは男性が興奮するように過激に作られています。しかし、実際のセックスはAVほど激しくありません。

さらに、多くの女性はAVの行為を毛嫌しているんです。

参考にするのであれば、女性向けに作られたAVがおすすめ。女性がして欲しいシチュエーションやセックスのやり方を知ることができます。

過激な動画などは勃起不全の原因になる

スマートフォンで手軽にアダルト系の動画を見れるのは、男性にとっては嬉しいこと。しかし、過激すぎる描写ばかり見ていると、セックス中に勃起できなくなるんです。

アダルト動画や雑誌、AVなんかを見ると、興奮する表現が多いですよね。現実ではありえないシチュエーションや、女性に激しい行為をするシーンが多数出てきます。

ですが、実際のセックスは動画やAVに比べればソフト

過激なアダルト作品ばかりを見ていると、彼女とのセックスで興奮できず勃起不全になるリスクが高まるんです。

2.コンドームは必ず携帯

セックスをするならコンドームは絶対に持っておきましょう。避妊はもちろん、性病予防にも繋がります。

可能ならオナニーをする際などにつける練習をしておくことをおすすめします。

本番になって裏表が分からなくなり、もたもたしているうちに相手が冷めてしまう、なんてことも…。

正しい付け方を事前に練習しておくことで、本番でスムーズに装着できるんです。

3.全身を清潔にしておく

セックス前は必ず入浴をすること。特にペニスは念入りに洗っておきましょう。不潔な状態で女性器に挿入すると、病気を引き起こす恐れがあります

なにより、汚い状態のペニスを入れて欲しいなんて思う女性はまずいません。

また、無精ヒゲは女性に嫌われます。キスや愛撫をした際に、チクチクして不快に感じるんです。

おしゃれで伸ばしているのでないなら、ヒゲはセックスの前にちゃんと剃っておきましょう。

4.爪は綺麗に切っておく

童貞か非童貞かは爪を見れば一目瞭然。セックスを頻繁にする男性は、爪を綺麗に切っているものです。

なぜなら、女性器を愛撫する際に爪が長いと傷つける恐れがあるから

セックスでは女性器に指を出し入れしたり、中で指を動かすことが頻繁にあります。そんな時、垢が残って伸び放題の爪を入れると、怪我や病気になる恐れがあるんです。

彼女のことを大事に思うなら、普段から爪は短くしておきましょう。

5.セックスの前にお酒を飲まない

お酒は緊張をほぐし、気分を大きくする効果が期待できます。しかし、初めてセックスをする前にお酒を飲むのはおすすめしません。

シラフの状態でもセックスのやり方が曖昧なのに、酔った状態で上手くできるわけがないのです。

もしかしたら避妊を忘れたり、セックスの最中に寝てしまうかも?

せっかくその気になっている女性を尻目に一人で爆睡…なんてことになったら、間違いなく嫌われてしまうでしょう。

6.無理やりセックスするのは絶対にダメ

セックスの気分じゃない女性を強引に誘うのはNG。デートで気分も盛り上がれば、セックスできるかもと考えるもの。

ですが、そう思っているのは男性だけで、女性の方は乗り気じゃないなんてことはよくある話。

男性側から勇気を出してセックスに誘っても、気分じゃないからと断られることも当然あります。

そんな時、強引に誘うのは止めておきましょう。男性側だけが興奮して、女性は冷めながら嫌々するという悲惨なことになりかねません。

彼女と長く付き合いたいなら、相手の気持ちを尊重することを忘れずに。

7.緊張しているのはお互い様

初めてのセックスでは、緊張して余裕がなくなります。周りのことが見えなくなり、どうしていいか頭が真っ白になるでしょう。

「失敗して彼女に嫌われるかも…」と、自分を追い込みがち。ですが、緊張しているのはお互い様。

彼女だって、恥ずかしいところを見せないように必死になっています。

男性が焦ったり困った様子を見せると、女性だって不安に感じます。

慣れるまでは大変かもしれませんが、余裕を持った態度で安心させてあげましょう。

8.セックスは共同作業

セックスは、男性だけが頑張ればいいというものではありません。体位を変えるときなど、女性の協力は必要不可欠。

いくら男性よりも軽いといっても、40kg以上ある女性を持ち上げたり動かすのは大変な作業。

男性が1人で行うのではなく、女性と意思疎通しながらセックスを楽しんでください

9.触る時は優しくが鉄則

セックスは「はじめ優しく、最後は激しめ」が基本。いきなり乱暴に激しくするのは止めておきましょう。

最初はソフトタッチな愛撫を繰り返して感度を高めましょう。女性器が濡れるのを確認したら、指やペニスのインサート。

何度か愛撫を繰り返し、女性がイキそうになったら激しめにするのがセックスの一般的な流れ。

濡れてもいない女性期に指やペニスを突っ込んだり、激しく胸を揉んでも女性は痛いだけです。

試しに皮を向いたペニスを強く握り、激しくしごいてみてください。痛いだけで気持ちよくはありませんよね。

女性を気持ちよくするためにも、優しく触ることからはじめましょう。

10.入れる穴を間違わないこと

初めてセックスをする時に、ペニスを入れる穴を間違わないように注意しましょう。

女性器の周辺には、尿道口、膣口、肛門の3つの穴があります。

膣口は大陰唇と小陰唇に隠れているため、尿道口や肛門を膣口と勘違いする人も少なくありません。

童貞の男性は女性器を見慣れておらず、初めてのセックスだとパニックになっているため、なおさらです。

尿道口も肛門も、無理やり入れようとすれば痛みを与えるだけ。間違わないように事前に調べておくか、もしくは正直に分からないことを伝えて女性に教えてもらいましょう。

11.見ざる聞かざる言わざる

当然ですが、女性も同じ人間です。お手入れのし忘れや恥ずかしいと感じる音を出すことだってあります。

そんな時、あえて見ないふり、聞かないふり、言わない優しさを持つようにしましょう。

処理し忘れているムダ毛があったり、セックス中にオリモノが出ることもあります。

膣に指を入れていると「ちなら」と呼ばれているおならのような音が出ることだってあるんです。

他にもセックス中は思わぬアクシデントが盛りだくさん。そんな時、女性を非難したりからかうのはNG。

中には恥ずかしい体験をすることで興奮する女性もいますが、大抵の場合はセックスがトラウマになってしまいます。

相手が気にしているようであれば、見ないふり、聞かないふり、言わない優しさも必要です。

12.初めてで女性を満足させられるわけがない

セックスをしている最中、男性は女性を「イカせたい」「満足させたい」と考えます。しかし、童貞が初めてセックスをして、女性を満足させるなんてまず無理。

いくら知識として知っていても、圧倒的に経験が不足しています。女性のどこを触れば感じるのか、どんなふうに動かせば気持ちいいのかなんて分からないのが普通なんです。

女性も経験が少ない、もしくは処女だったらなおさら。不慣れな者同士で無理をしても、トラウマや傷を与えかねません。

初めてのセックスでは無理をしないこと。お互いに体と心が慣れるまでは、焦らずに回数を重ねるようにしましょう。

何度かしていれば、相手が気持ちいいと感じる場所も分かってきます。プレイ中、相手に尋ねてみるのも良いでしょう。

コミュニケーションを取りながら、お互いに気持ちよくなれるセックスを目指しましょう。

13.緊張で勃起できないこともある

いざ彼女とセックスをするとなった段階で、なぜかペニスが勃起しない。結局挿入できずに申し訳無い気持ちでいっぱいになった…。

こんな経験をした男性は少なくないはず。

肝心な時に勃起しないと、深く傷ついてしまいます。もしかしたら女性も「自分に魅力がないせいかも」と考えるかもしれません。

ですが、実は極度に緊張するとペニスは勃起しないんです。これを「緊張型ED」といいます。

緊張型EDは「女性を満足させなきゃ」など、強いストレスを感じると起こる症状。悪化すると若年性EDになる恐れがあります。

特に最初のセックスでは緊張型EDを引き起こしやすいもの。

初めてのセックスは緊張して当たり前

そこで、最初は無理に挿入までは考えず、抱き合ったりキスしたり、愛撫するなど軽めのスキンシップを楽しみましょう。

彼女側が勃起しないことに不安そうにしているなら、緊張していると伝えてあげてください。

好きな人とセックスするのに緊張しないわけがないんです。勃起しないことを恥ずかしがったり、申し訳ないと思う必要はありません。

回数を重ねてセックスに慣れてくれば、自然とリラックスして勃起するもの。

最後までいくのは、余裕が持てるようになってからでも遅くはありません。

14.過呼吸や失神しても慌てない

最初のセックスではないと思いますが、気持ちよくなりすぎると過呼吸になったり、失神する女性もいます。

目の前で突然動かなくなったり、「呼吸できない!」と苦しそうな姿をみると男性はパニックになりがち。

経験の少ない男性だと、どうしていいか分からず逃げ出したくなるはず。

そんな時は、焦らずに落ち着いて対処しましょう。

落ち着いて冷静に対処することが重要

彼女が過呼吸を起こしたら、ゆっくりと息を吐くことを意識させてみましょう。

ゆっくりと息を吐くことで、自然と腹式呼吸を行うようになります。呼吸を繰り返していると、15~30分すれば落ちつくはず。

一昔前は、紙袋やビニール袋をを口に当てて呼吸させていました。ですが、現在では危険な方法といわれているためやらないように。

また、彼女が失神した場合は、呼吸と心臓の動きをチェック。問題がないようであれば静かに寝かせておきましょう。

決して強く揺さぶったり叩いたりしないようにしてください。水を飲ませのはNG。窒息する恐れがあるからです。

もし、呼吸をしていない、顔色が悪化しているなどの症状があらわれたら、速やかに救急車を呼ぶようにしましょう。

15.失敗は次の糧にする

初めてのセックスで失敗したとしても、それは大事な経験になります。

初めから完璧になんてできるはずがないんです。重要なのは、経験を積んで同じ失敗をしないこと。

失敗したなぁと思ったら、なにが悪かったのかを考えて次の成功の糧にしましょう

だからといって、思いつめすぎるのもおすすめしません。せっかく好きな女性とセックスができるのに、プレッシャーを感じてばかりでは楽しめませんからね。

セックスの前に準備をして童貞を卒業しよう!

童貞卒業は多くの男性が夢見る一大イベント。チャンスが訪れたら絶対に成功させたいと考えるもの。

でも、初めから完璧に進むなんてことはまずありません。

緊張して勃起しないこともあるでしょう。女性を満足させられないのも当然。途中でパニックになるかもしれません。

そんなアクシデントも、事前に準備しておくことで、回避が可能に

初めてのセックスで大失敗しないためにも、あらかじめ準備をしたり、心構えや知識を身につけておきましょう。