セフレなのにデートに誘う理由は?本命とセフレの違いを徹底解説!

この記事を書いた人
マッスル北川

筋肉と愛の戦士。某格闘漫画にハマったことをキッカケに体を鍛え始める。「脂肪が筋肉に変わる」「腹筋だけしていれば痩せる」そう思っていた時期もありました。間違った知識で時間を無駄にしたことを教訓に、効率的に痩せる&鍛える方法をお届けします!

セックスをするだけの関係なのに、デートに誘ってくる男性は意外と多いんです。

でも、別にセフレ相手が好きなわけじゃない女性からすれば「なんの意味があるの?」と戸惑ってしまいがち。

そこで当記事では、男性がセフレなのに女性をデートに誘う理由を解説。

本命とセフレでは、なにが違うのかもあわせてご紹介します。

セフレと本命はなにが違う?

「付き合っているんだから本命だと思うけど…」と、いまいち自信が持てていない女性も多いんじゃないでしょうか。

実際、彼氏とセックスありで付き合っている女性の中には、セフレなのか本命なのか分からない、という人もいるんです。

では、本命とセフレはなにが違うのでしょう?

本命というのは恋人のことをいいます。どちらかが告白し、返事をもらうことで関係が成立。

当然ですが、お互いに好意を抱いていることが大前提となります。

対してセフレは、セックスをするだけの関係をいいます。男性から告白された覚えがないのにセックスだけする場合、相手はセフレと考えている可能性大。

男性は女性のセフレに好意を抱いていないことが多いんです。「誰とでもセックスさせるんでしょ?」と、見下している人も少なくありません。

本命とセフレでは接し方が違う

本命とセフレの決定的な違いは接し方にあります

本命であれば相手の願いを叶えてあげようと思うもの。欲しい物があれば買ってあげたくなるし、困っていることがあったら助けてあげたいと考えます。

一方、セフレに対してお金や時間を使うことを惜しむ傾向にあります。「セックスさえできれば、それでよし!」というのが偽らざる本音。

例えばデートをした場合、本命の喜んでくれる場所を選びますが、セフレならそもそもデートに誘わないという男性も多いんです。

6月はマッチングアプリで出会いやすい?

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

新生活が始まる4月〜5月にかけては新規会員が大幅に増加するというデータがあります。

「6月に始めるのは少し遅いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、マッチングアプリで恋人を見つけるまでには平均3~6ヶ月かかるというデータもあるので、6月はまだまだチャンスが多くあると言えるでしょう。

では、数多くあるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

クロスミーを無料ダウンロード


サイバーエージェントグループが運営する「タップル」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

タップルを無料ダウンロード


セフレなのにデートに誘う理由

大抵の男性は、セフレをデートに誘うことはありません。ですが、中にはセフレと一緒にでかけたいと考える男性もいます

男性がセフレの女性をデートに誘うのは、以下のような理由が考えられます。

  • セフレを本命にしたいと考えている
  • セフレとの関係を継続させたい
  • セフレよりも友達として接している
  • 特になにも考えていない

1.セフレを本命にしたいと考えている

大抵の場合、男性はセフレのことを「手軽にセックスをさせてくれる相手」としか考えていません。

ですが、長い時間一緒にいるうちに、セフレを好きになってしまう人はとても多いんです。

「セフレを本命にしたい!」と真剣に考えて、デートに誘った可能性も考えられます。

2.セフレとの関係を継続させたい

本命がいたとしても、体の相性までピッタリとは限りません。快楽に溺れられるセックスのために、好意はないけどセフレをキープしておきたいという男性は多いんです。

ですが、セフレ同士の繋がりはとても薄いため、あっさり別の男に乗り換えられる可能性も……。

体の相性が良いセフレを逃したくないため、機嫌を取るためにデートに誘うんです。

3.セフレよりも友達として接している

セフレのことをセックスもさせてくれる友達と考えているのかもしれません。

女性からすればデートなのですが、男性側にしてみたら友達と遊んでいる感覚なのかも?

好意がないというわけではないのですが、本命にはちょっと遠い関係なのかも。

4.特になにも考えていない

なにも考えずにデートに誘う男性います。暇だから遊びに行こうと思って、ちょうど連絡がついたセフレを誘っただけ

脈があるからデートに誘ったのかと勘ぐる女性を尻目に、楽しく遊べればいいとしか考えてないタイプです。

セフレとはデートをしたくない理由

セフレとデートをしたがる男性がいる反面、セフレとは絶対に遊びに行かないという人もいるんです。

セフレとデートしたくない主な理由は以下の通り。

  • セフレと一緒のところを他人に見られたくない
  • セックスできればいいだけでお金も時間も使いたくない

セフレとは割り切った関係を保つという人は、まずデートをすることなどないでしょう。セックスだけが目的なので、お金や時間を使うことを無駄だと考えがち。

また、他に本命がいる人や既婚者の場合、セフレとデートをすることはありません。セフレと一緒にいるところを、知り合いや会社の同僚に見られるのを防ぐため。

セックスをするためにホテルなどに行く以外は、接触することを極力避けたがります。

セフレから本命になることは可能?

セフレから本命になるのはとても難しいこと。なぜなら、セフレになった時点で、すでに恋人候補から外れているから

男性は「セフレはあくまでセックスをさせてくれる相手」「自分とセックスをしているんだから、他の男ともしているかも」と考えがち。

たとえ女性が男性のことを好きで、そばにいたいからセフレになったとしても、その心には気づけません。

だからこそ、彼女になりたい人はセフレになるべきではないんです。

では、セフレから本命になることは無理なのでしょうか?簡単ではないものの決して、不可能ではありません。

男性を自分に夢中にさせる方法

男性が自分のことを好きになるかは分からないもの。ただでさえセフレからのスタートなので、本命になれる可能性は低め。

だったら、男性を自分から離れられないようにしてしまえば良いんです。

やり方は数多くありますが、有名なのはアメとムチを与える方法

男性と会ったら話を聞いて、相手を褒めて認めることを意識。どんどん承認欲求を満たしてあげるんです。

しばらくすると、あなたに褒めてもらいたくなる状態になります。そうしたら、今度は会う頻度を減らし、連絡を取らないようにしましょう。

別の男性の影をちらつかせてみるのも有効。相手が我慢できなくなりそうなタイミングで、再びアメを与えてください。

これを繰り返すことで、男性はあなたから離れられなくなるはずです。

ただし望んだ恋愛は送れない恐れも

モテる男女は無意識のうちにアメとムチを使い分けています。付き合っていた彼氏(彼女)にやられてたという人もいるはず。

好きな人にアメとムチを使うことで、相手を夢中にさせることが可能。ただし、望んでいるような恋愛とは違ったものになる恐れがあります。

相手はあなたから離れられなくなり、ストーカー化する危険性も……。相手を精神的に苦しめることになる点にも注意が必要。

セックスをすることを拒否することになるため、関係が終わる可能性もあります。

これらのリスクを負ってまで一緒になりたい相手かどうか、今一度冷静に考えてみてください。

セフレとデートしたがる男性心理は意外と複雑

セフレとデートをしたがらない男性がいる反面、色んな理由からデートに誘ってくる人も多いんです

セフレの関係が長くなると、情が移って本命にしたいと考える男性も出てきます。自分も同じ気持ちであれば彼女になるチャンス!

ですが、その気がないのであれば関係が終わってしまう恐れも…。

相手が「どんな気持ちでデートに誘ってきたのか?」を見極めて、関係を継続するか終わらせるかを決めるのがいいでしょう。