異性とLINEのやりとりを続けるテクニック5選|話題や内容の具体例も

異性とLINEのやりとりを続けるテクニック5選|話題や内容の具体例も

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

異性とLINEのやりとりを続ける際に、既読無視をされてしまったり、返信が返ってこなくなったり、苦労することもあると思います。そこには自分勝手なLINEが見受けられたり、内容のないLINEになっていたり、様々な要因が隠されています。今回の記事では、異性とLINEのやりとりを続けるテクニックを紹介し、具体的にどうすればLINEがスムーズに続けられるのかを解説していきます。気になる異性とLINEしているけれど、イマイチ続く様子がない方などは必見です。ぜひ参考にして、今後のLINEのやりとりに活かしてみてください。

異性とLINEでやり取りを続けるテク①:返信しやすい文章を心がける

まず異性とのLINEのやりとりで大事になってくるテクニックは、「返信しやすい文章を心がけること」です。これは最後に送った文章を確認してみると、判断しやすいでしょう。「そうだね」「いいね」のような相槌だけで終わっている例は結構多いものですが、相手の立場に立ってみると、この次に話題を振らなければならないのは相手の方です。

相手が非常にLINEを楽しみにしている場合でない限り、そのままやり取りは終了してしまう可能性が高いと言えるでしょう。あるいはスタンプのみの返信になるか、既読無視という形で終わりかねません。LINEのやり取りを続けたいと思うのであれば、相槌の後にもう一言添えて次に繋げるようにしましょう

特に男性の場合は、話の流れをリードするよう心がけることで、相手の女性も苦痛に感じることなく、自然と長続きするLINEをすることができるようになります。

異性とLINEでやり取りを続けるテク②:内容は相手と共通の話題を選ぶ

次に重要な異性とのLINEを続けるテクニックは「内容を相手と共通の話題にすること」です。LINEを続けることができない方がやりがちなのが、自分の好みの話を相手に話したり、おすすめしてみたり、自分のペースでLINEをすることです。逆の立場になって考えてみれば、自分に興味のない話を永遠に相手が話して来たら、続ける気がなくなってしまいますよね。シンプルで単純なことですが、意外とできていない方が多いので、「内容を共通の話題にすること」を意識してみることが大切です。

「暇なときは何することが多い?」「趣味はある?」なんて具合に話を振った後、相手が答えてくれた内容の中に、自分の共通する話題があるかを探しましょう。その話題で話を進めていくことで、スムーズに話を広げていけるので、無理をしなくてもLINEのやりとりが続くようになります。相手のことも同時に知っていけるので、一石二鳥ですね。

また、相手がクスっと笑ってしまうような面白い内容を選んでみるのもいいですね。時には話題に関連する画像も送ってみたりして、ワクワク楽しいLINEにすることを心がけると、長続きするやりとりになるでしょう。

異性とLINEでやり取りを続けるテク③:話題は相手に広げてもらう

異性とLINEでやり取りを続けるためのテクニック3つ目は、「話題を相手に広げてもらうこと」です。相手に話題を広げてもらうようにすることで、「面倒くさい」「しつこい」などと思われることなく、自然と相手とのLINEを続けることができます。自分から話題を振ってばかりだと、相手がLINEを続けたいと思ってくれているか見分けられなくなってしまうので、相手の反応を常に伺うようにすることが大切です。何か1つ質問をするなど、最初に話題を振った後は、相手に委ねてみましょう。

例えば、「休みの日は、何をすることが多い?」と聞いたとします。少しずつ会話が展開されていくうちに、相手が何が好きなのか、何をしていることが多いのかなど分かってくるはずです。その後は、相手にたくさん話してもらうようにすることを心がけましょう。

「へ~!そうなんだ。楽しそうだね」と相手が話したいと思ってくれるような相槌の返信を心がけることで、自然と相手が話題を広げてくれるはずです!

異性とLINEでやり取りを続けるテク④:スタンプや顔文字で文章を柔らかくする

スタンプと顔文字を使うことで、優しい印象を与えることができます。女性の場合は、普段からスタンプを多用したり、かわいい絵文字を語尾につけてみたりと、雰囲気の良いLINEをすることが多いかもしれません。

しかし男性の場合だと、絵文字を使うことが恥ずかしいと思う場合も多く、女性からすると淡白で感情表現のないLINEになりがちです。そこで相手が返信しやすくするために「なるべく文章を柔らかくすること」を心がけましょう。絵文字ではなく、顔文字を語尾につけるだけでもどんな表情で、どんな気持ちでLINEをしているのか、見ただけで判断しやすくなります

「うん」「いいね」と文字だけでで返信されても、テンションはどんな感じなのか、本当に良いと思っているのか、それとも合わせてくれている感じなのか、想像することが難しいです。そこにスタンプや絵文字が入れば、あなたのテンションがわかり、女性も楽しい気持ちでLINEをすることができます

相手に安心感を抱かせながら、LINEのやり取りを続けるために大切なのは、スタンプや顔文字で伝わりやすいLINEを心がけることです。ぜひその点を意識してLINEをしてみてください。相手の反応が変わる可能性は大です。

異性とLINEでやり取りを続けるテク⑤:LINEは自分から終わらせる

こちらはよく聞くかもしれませんが、大切なポイントです。相手が最後に返信をして、こちらは既読無視で終わるとすると、相手の気分を損ねる場合があります。嫌な気持ちにはならなくても、いい気分になるかといえば、そうとは言えません。相手と気分よくLINEのやり取りをしていたい場合は、相手がたとえ「うん」だけで返信をしてきても、スタンプを送ってみたり、「また今度!」といった終わりを匂わせるLINEを送ってみたりすることが大切です。

それだけで相手がもしも既読無視で終わらせても、自分も相手も嫌な気持ちにはならず、むしろ相手が「LINEを終わらせたくない」と思えば、次の話題を振ってくる可能性もあります。相手が最後のまま放置してしまえば可能性はゼロになりますが、自分が最後に送った状態で常に保つことで、LINEのやり取りが想像以上に続く可能性も見込めます。参考にしてみてくださいね。

今回の記事では、異性とのLINEのやり取りを続けるためのテクニックを5つ紹介しました。テクニックとして紹介しましたが、要するに相手の都合を意識し、歩幅を合わせながらLINEをするための方法なのです。自己中心的なLINEをすることなく、常に相手を考えながらうまくやり取りをしていくことで、自然と長続きするLINEができるでしょう。今回の記事を読んでくださった皆様が、気になる異性と素敵なLINEができますように!