焦らすキスで女性をメロメロにさせちゃおう!最上級のキス習得講座

焦らすキスで女性をメロメロにさせちゃおう!最上級のキス習得講座

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

「女性をメロメロするキスをしたい」という夢を叶えたい男性は必見! 今回の記事では、「最上級のキス」を習得するための具体的な方法をご紹介します。雰囲気作りの方法から、焦らすキスのやり方まで詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。実際にやってみれば、あなたのキスで女性はトロけてしまうはずですよ😘

唇を重ねる前からキスは始まっている

キスが上手いと言われる人は「キスの仕方が上手い」と思ってはいませんか?

実はそうではありません。キスが上手いと思われる男性というのは、唇を重ね合わせる前の雰囲気作りをしっかり行っているのです。「このキス、最高!」と女性が感じる時とは、男性から守られていると感じながらキスする時や、男性からの愛をたっぷり感じながらのキスをしている時。

「雰囲気作りを意識することなくキスをしていた…」という男性は「ムードを高めること」を意識していくことで、女性に「素敵なキスをする男性」と思ってもらえるようになるでしょう。

キスの雰囲気作りをする方法

キスのための雰囲気を作るにはどうすればいいのかについてご紹介します。

部屋を暗くする

夜寝る前に相手を求める気持ちが高まるのは、「暗さ」が大きく影響しています。単に「寝る前だから」「相手と距離が近いから」というだけではないのですね。この効果を利用して、部屋を暗くする状況を作り出すことで、ムードを一気に高めることができます

例えば、お部屋デートの場合は、「一緒に映画を見る」「お昼寝する」などがあります。カーテンを閉めて、照明を暗くする状況をあえて作り出すためのきっかけにぴったりです。

外出先でも、「照明が暗めのレストラン」を選ぶようにするだけで、2人の間に流れる空気は全く変わります。昼間のように明るいレストランで食事をしたのでは、ムードを高めることは不可能です。

可能であれば、カップルシートがある、照明が暗めのレストランをチョイスしてみましょう。お酒を飲んで、のんびりお食事をしていれば、「キスしたいな…」という空気になるのも時間の問題です。

あえて「沈黙」の時間を作る

「たくさん話していたのに、急に話さなくなったな…」と感じた瞬間、ドキドキして恋愛モードにスイッチが入る女性は多いです。いつもとは違う空気を感じ、無音の時間にドキドキしてしまうのです。

それが「車」や「部屋」などの2人きりの時に起これば、自然と「キスをする流れ」になりやすいでしょう。意図的にその時間を作るようにするだけで、キスのための雰囲気は完璧に整っていきます。

耳へのキスで最高のムードが作れる

雰囲気が完璧に整ったら、キスをしましょう。2人のムードを最大限に高めるためには、まず耳へのキスがおすすめです。耳はとても敏感なので、あなたの吐息と唇の感触を感じさせることで、彼女をドキドキさせることができます

唇にそっとキスをした後に、耳にキスをしてみましょう。2人の興奮は高まっていき、最高のムードを作ることができます。

いきなり激しいのはNG! 焦らしのキステクニック

キスで大切なのは、「チュッと優しいキスから始めること」です。初めから「激しいディープキス」をしてしまう男性も少なからずいますが、女性にはただがっついているだけだと思われてしまい、その必死さに興ざめしてしまうという意見も多くあります。

相手の女性を想い、まずは優しいキスをから始めることで、最高のキスにつなげることができます。軽いキスで愛をたくさん確かめ合った後に、だんだんと激しいキスをしていきましょう。「男性が私を求めている…」「もっと欲しい!」と女性の気持ちが高まっているのを感じるはずです。

変化をつけて、優しいキスから激しいキスへと移行していくことで、より熱いキスが交わせるようになるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

上級者の焦らしテク

上記のようなキスをしていく中で、自然に「焦らしのテクニック」を使っていくと、上級者のキスができます。その方法を解説していきます。大切なのは、相手を心理的に「焦らす」ということ。完璧な雰囲気作りから始まって、気持ちが高まっている女性の心を少しいじめてしまいましょう

優しいキスから激しいキスに移行する時に、ある段階で「舌を入れるタイミング」が来ますね。その時、女性を少し焦らして、「舌をなかなか入れない」ようにしてみましょう。女性は、「あれ?」「まだかな?」と感じるとともに「じれったい!」と思うでしょう。「焦らし」は、女性が「早く…!」と心から求めるようにするためのテクニックなのです。これをうまく用いて、女性の気持ちを最大限に引き出してあげることがコツです。

また、もう1つのやり方は、キスをいったんストップして、相手を焦らす方法です。その時、相手を見つめましょう。女性が「何?」と感じて目を開けた時に、いじわるな顔をして見つめれば、女性は恥ずかしさを感じると同時に、「もっとキスして…」と欲しがるはずです。

ディープキスで舌を入れる適切なタイミングは?

「ディープキスで舌を入れるタイミングはいつがいいの?」と迷う男性は多いでしょう。気持ちが最大限に高まって、彼女が軽いキスでは物足りなくなってる…この瞬間が舌を入れるタイミングです!

最初から舌を入れてしまうと、せっかく高まったムードを壊しかねないので、少しずつ攻めていくことを意識しましょう。女性の反応から「もっと求めているな」と感じたら、ディープキスへと自然に移っていくことで、女性はすんなり受け入れてくれるでしょう。

また、「焦らした後」も舌を入れるタイミングとしては最適。気持ちがどんどん高まっている段階で、見つめたり、舌を入れるのをためらったりして、相手を焦らすのです。その時女性は、「じれったい!」「もっとキスして!」と思っていますので、そのタイミングで深い愛のあるディープキスをしてあげることで、女性はあなたのキスにメロメロになってしまうでしょう。

雰囲気作りを丁寧に行い、少しずつ女性の気持ちを高めていくことが、「女性をメロメロにする」ための1番の方法だとわかりましたね。優しく守ってあげるようなキスからスタートし、最終的に激しいキスに移行することで、女性は「キス最高!」と感じてくれるはずです👩‍❤️‍💋‍👩