【男子校向け】彼女の作り方マニュアル|彼女が欲しいならすべき行動とは?

【男子校向け】彼女の作り方マニュアル|彼女が欲しいならすべき行動とは?

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

男子校だから女子との出会いがないと、彼女作りを諦めていませんか? もし、そういう人がいるなら、諦める必要はありません! 男子校ならではの強みを生かせば、出会いが少なくても彼女ができる可能性があります。ここでは、彼女が欲しいと思ったときにすべきことを紹介していきます。どれもすぐに始められることばかりなので、ぜひ参考にしてみてください!

彼女ができない理由を環境のせいにしない

彼女ができないのを「男子校だから」だと言っている人のほとんどは、共学に入っていたとしても彼女はできません。彼女を作りたいなら、行動を起こさなければ彼女は作れません。例えば女性のいる場所に出向くとか、アルバイトを始めるなど女性との接点を作る方法はいくらでもあります。出会いがないのを環境のせいにせず、自分で積極的に行動することが彼女を作る第一歩です。

また、女子は自分のために積極的に行動してくれる男性に弱い場合が多いです。自分で動いて彼女を見つける気でいれば、自然と女子に認められたり、彼女ができるきっかけになります。もし共学で彼女ができるなら、共学に通っている男子の方が高い割合で彼女がいるということになりますが、現実はそうじゃありません。

男子校は男子校なりの強みがあるし、彼女を作れる人は男子校でも関係なく彼女ができます。環境で全ては決まりません。彼女が欲しいなら彼女を作る行動が必要です。

男子校の強みを理解する

男子校ならではの強みは、浮気する可能性が低いことがあります。他校の女子と付き合った場合、女性側からすれば学校で他の女性と触れ合う恐れがないので、安心材料になります。

また、学問や部活などは、男子校のほうが打ち込めますし、真剣に打ち込んでいる男性の姿に女性は弱いものです。そういった男子校ならではの強みを活かして、女の子にアピールできれば、彼女ができる確率はぐっと上がるはずです。

確かに、男子校は共学より出会いは少ないですが、男子校ならではの強みを活かして自分のアピールポイントの1つにすることで彼女ができる確率を引き上げることができます。男子校だからこその環境を利用できるのが、男子校の強みだと言えます。

全力のガチで女子と出会う機会を作る

男子校だから出会いが少ないと決めつけていませんか? 女の子と出会えるの場はたくさんあり、学校はその一つに過ぎません。例えば女の子が多いアルバイトを選べば、女の子のいる環境を自ら作ることができます

また、友だちの紹介やインターネットでの出会い、塾や習い事など女性と出会える環境は今ではたくさんあるので、男子校だから女子と知り合えないということはありません。まずはそういった環境を作ることが大事です。

そして、男子が「彼女が欲しい」と思うのと同じように、女子も「彼氏が欲しい」と思っている可能性は高いです! 特に女子校の女性は、男子と出会う場が少ないため、同じように探しているかもしれません。

理想と現実は違うことを理解する

女の子も、「こういう彼氏が欲しいな」とか「こんなこと言ってくれる彼氏が欲しいな」など彼氏という存在への夢をたくさん持っています。男子からすると、「理想が高すぎるよ!」と思うこともあるでしょう。あなたにも手が届くレベルの「理想の彼氏像」を持っている女の子がいれば一番いいのですが、難しいのが現実です。やはり、多少は相手の理想に合わせてあげる=自分磨きをするなどの影の努力は必要です。

一方で、自分の理想を相手に押し付けるのもNGです。相手が本気で彼氏を探している場合は相手のハードルが下がっていることもあります。そういう機会に恵まれる確率は高くはないですが、もし、そんなチャンスがあったなら逃さないようにすることも大事なことです。特に友達の知り合いを紹介された場合などは、相手も出会いたいから紹介してもらっている可能性は高いので、積極的に行動してみましょう。

ただ、がっつくのはだめです。女性とは、余裕のある男に惹かれる生き物。年上の男に惹かれる女性が多いのも、ゆとりのある仕草や行動に惹かれているからだといいます。ですから、出会いに積極的になっても、女の子との距離は焦らずゆっくりと縮めることが大切です。

LINEや電話、デートでアプローチ

女の子と知り合ったら、まずは電話番号やLINEの交換をしますよね。そこから積極的に、かつ慎重に距離を縮めるために、まずはグループラインから始めるといいでしょう。グループで会う、遊ぶなどをしているうちに、自然と二人になる機会や時間を作って、LINEのやり取りをするのが、一番自然にデートの流れに持ち込めます。

その子に興味があるのならば、ちょっとした質問などのやり取りをしてみましょう。相手も同じように質問してきたら、あなたに気がある可能性が高いです。相手もあなたのことが知りたいからこそ、ある程度質問してくるわけです。

ただし、質問攻めのようにしつこくなってしまってはいけません。まずは、よく聴く音楽の話などから話題にしてみるといいかもしれません。共通の話題があるのが一番いいのですが、相手と聴いている音楽のジャンルが違う場合でも、相手に合わせて彼女の好きなジャンルの音楽を聴き、話を合わせていくのもとても有効な手段のひとつです。特に話題が彼女の好きな曲のことなら、話も盛り上がりますよね。

質問の次は行動に移しましょう。たまに電話をして会話する機会を作ったり、デートに誘ってみたりとだんだんと距離を縮めてみることが大事です。デートは例え一度断られても、めげずに誘ってみましょう

告白は直接、誠意を込めて気持ちを伝える

LINEや電話を重ねながらデートも繰り返して、いよいよ告白という段階になった時、最も効果的なのは直接告白することです。顔を合わせて直接告白した方が、あなたの表情や態度など、言葉では伝えきれないあなたの誠意を伝えることができます。そういった武器が使える分、直接告白したほうが有利と言えるでしょう。

また、同時に相手の情報も読み取れるために、状況を判断しながら告白できるメリットもあります。告白すると決めたら、じっくりとプランを練ることも必要ですが、やはり人間なので、誠意や熱意で相手の心を動かすということが最も大切になってくるのではないでしょうか。

いかがでしたでしょうか?男子校だからといって、出会いが少ないと嘆かずに、まずは行動してみることが大事です。男子校の強みを生かして、素敵な恋愛をしてくださいね!