既読無視(既読スルー)をする心理とは?脈あり脈なしのボーダーライン

既読無視をする心理とは?男女別、脈あり脈なしのボーダーライン

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

既読無視(既読スルー)をする心理とは?

気になる異性とLINEをしている時、既読無視をされると急に不安になりますよね。「嫌われたのではないか」と焦りを覚える既読無視について、男女別の脈あり脈なしのボーダーラインをご紹介します。なぜ既読無視をするのか、相手の心理を読めるようになることで、必要以上に不安になる事を避けられるでしょう。

既読無視をする心理①:返信する暇が無い

既読無視をする人の心理として挙げられる1つ目は、「返信する暇がない」ということです。既読無視をしたくてしているというより、スケジュールに追われていて忙しく、返信をすることができないという場合が考えられます。仕事で忙しく動いている人や、予定が詰まっていてゆっくりする時間が取れない人は、返信をすることを後回しにすることが多くみられます。

返信をするのに時間はかからない、と考える人もいるようですが、返信をすること=時間が取れた時に丁寧に連絡することと捉えている人もいます。適当にその場でパパっと返信できるタイプとそうでないタイプがいるので、そうでないタイプの人が既読無視をする場合、しっかりと自分に余裕がある時に返信したいと思っていると判断できるでしょう。

脈ありか脈なしかについては、「返信する暇がない」という理由での既読無視の場合、脈なしだと判断する必要はありません。男女共に、どんなに脈ありでも、忙しくて連絡できない時もあります。

ただ、既読を付けておくことで、「私はこのメッセージを読みましたよ」ということを相手に伝えている可能性があります。「もしかしたら相手は忙しいのかもしれない」と相手の立場に立って考えてみることで、必要以上に不安に駆られずに済むでしょう。

既読無視をする心理②:メッセージを読んで満足

既読無視をする人の心理として、「メッセージを読んだだけで満足している」という可能性が考えられます。メッセージの内容にもよりますが、読んだだけで満足されるような内容を送ってしまうと、既読無視につながる場合があります。例えば、「今日はこんなことがあって、楽しかったよー!」という、相手の返信を必要としないような近況報告を送った場合、相手によっては既読無視につながる可能性があるでしょう。

既読無視になった場合にも2パターンあり、ひとつは興味関心はあっても楽しく読んだだけで返信はしないというパターン。もう1つは、あまり興味も関心もなく、既読はつけてそのまま無視をしたというパターンです。男性に多く見られる、連絡がマメでないタイプの場合、読んで満足する人も結構いるようです。

脈あり脈なしの判断としては、男女共に、2パターンのうち前者である場合は脈ありの可能性も大いにありますが、後者の場合は脈なしと判断できるでしょう。後日、再度連絡をしてみた時の反応と合わせて確認すると、より明確に判断できます。

既読無視をする心理③:返信が面倒

既読無視をする人の心理として多く見られるのが、「返信が面倒である」ということです。既読無視をされてしまった時に多くの人が気になるのも、この理由ではないでしょうか?面倒だと思われたのではないか?嫌われてしまったのではないか?と不安になってしまうはずです。悲しいですが、相手の気持ちのどこかに「面倒だと感じている」などのマイナスな心理もあるので、見分けることが必要です。

見分け方としては、既読無視をされる前に交わした連絡を振り返ってみると判断が付きやすいです。相手の反応は、淡白な相槌だけになっていないか、返信の速度はどのような感じか、相手が連絡を取りたいと思っている雰囲気が読み取れるかを見ていくことで、「面倒だ」と思っているか否かの判断はかなりつきやすくなるでしょう。

脈ありか脈なしかの判断としては、それ以前の連絡を振り返り、上記のような「面倒だと感じていそう」な雰囲気があり、その後既読無視されている場合、脈なしだと判断できます。100%言い切ることはできませんが、脈ありの可能性は低いと言えるでしょう。

既読無視されたら期間をあけて再連絡すべし

既読無視をされてしまった場合はどう対処すればいいのか、迷う方も多いと思います。再度連絡してもいいものか、このまま連絡を終わりにしなければならないのか、疑問に思ったら、とりあえず再連絡するまで期間を設けることをおすすめします。既読無視をされてしまったときに不安になるということは、ある程度相手に興味があったり、気になっていたりするのでしょう。

しかし、どんな理由であれ、相手が既読無視をして連絡を終わらせた以上、再度連絡を迫ることは危険です。タイミングを見計らって、「しつこい」「面倒くさい」と思われないくらいの期間は十分あけてから、再度連絡してみるといいでしょう。

再連絡も無視されたら脈なしの確率は高め

以前既読無視をされた理由が「脈なし」とは関係なかった場合、再連絡をすれば、次こそは返信が来る可能性が高いです。
「忙しかったから」「当時のメッセージは、読んで満足したから」という理由で既読無視をしただけならば、時間を置いてからの再度の連絡には、反応してくれます

逆に、「面倒だったから」「興味関心がないから」といった理由で既読無視をしていたのであれば、返信は来ないでしょう。判断を間違えて再度連絡をしてしまった場合、今以上に「しつこい」「面倒くさい」と思われてしまう可能性があるため、十分注意しましょう。

既読無視の気にしすぎはNG。気楽に構えよう

既読無視はどんな理由であれ、相手の都合によるもので、こちらからコントロールできるものではありません。そのため、あまり気にしすぎるのも良くないです。既読無視を恐れ、連絡をしないでいると、脈ありかもしれない関係を逃してしまうことになりかねません。不安を感じながらもチャレンジしてみることで、関係がうまくいくことも十分考えられます。

相手の立場に立って、あまり「しつこい」と感じさせないように注意しながら連絡を取っていくことで、素敵な関係に発展させることも可能です。楽しんでトライしてみてくださいね!

 

今回の記事では、既読無視をする時の心理をご紹介しました。脈ありと脈なしの判断は、既読無視をされた時の様子と、以前のやり取りを思い返してみると、案外簡単に判断ができます。相手の心理を読んで、うまく立ち回ることで、返信が来なくなることを回避できるでしょう!