キスがうまいと言われる男性の共通点4選|下手な人の特徴も解説

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

女性から「キスがうまい…」と思われる男性は、何が違うのでしょうか?「キスがうまくなりたい」「女性を気持ちよくさせたい」と思う男性は必見!今回の記事では、「キスがうまいと言われる男性の共通点」を4つご紹介します。これからお伝えするキスのテクニックをマスターして、女性に「もっとキスしたい」と思わせてしまいましょう!

緩急をつける

あなたはキスに緩急をつけていますか? 最初から最後まで激しくしてませんか? 緩急をつけることで女性が感じる上手なキスをすることができます。

緩急をつけたキスとは、最初は優しく穏やかなキスから、次第に激しいキスに変化させるキスのこと。女性が「このキス、気持ちいい」と感じるときは、ディープキスのような激しいキスをしたときではなく、穏やかに相手を感じる「優しいキス」をしたときなのです。意外でしたでしょうか?

最初からディープキスのような激しいキスをしてしまうと、「がっつかれている=襲われている」ような感覚になり、優しく包まれているような愛を感じにくいという意見が少なくありません。

まずは相手を感じ、愛を伝えるように優しくキスをすることで、相手は安心して心と体を委ねてくれるようになります。そこで、次第に激しいキスへと変化させていくことで、相手は「自分を求めてくれている」「愛を感じる」と思い、興奮してくるのですね。

「優しいキス」だけでもなく、「最初から激しいキス」でもなく、変化のある「緩急をつけたキス」を心がけることで、相手の女性の心を奪うことができるでしょう。

焦らす

うまいキスには、キスの途中でする「焦らし」が必要不可欠です。相手を確認するための時間を取ることと同じ意味を持っていて、焦らした後のキスは、より気持ちが乗るという女性が多くいます。焦らしテクニックの使い方がいくつかあるので、ご紹介します。

まずは、相手が少しずつ興奮してきて、舌を絡ませようとしてきたときに、焦らす方法です。「まだだよ」とばかりに焦らすことで、相手は「じれったい」「もっと欲しい」と感じ、気持ちが高まります。ある段階で焦らすことで、男性が主導権を握ることができ、よりお互いを求めあうキスになりやすいです。

キスをいったんストップして、相手を見つめる方法も効果的。女性はすかさず目を開け、恥ずかしがることでしょう。そのときに、「いじわる」な表情をしてみせることで、相手は「もう~!」という恥ずかしさと、もっとキスして欲しいという欲求を同時に感じます。一度キスを中断して見つめ合うことで、お互いに相手に対する愛おしさが高まります。そのあとに再開するキスは、より気持ちが高まった激しいキスになることでしょう。

単調なキスをするのではなく、途中で「焦らし」を加えることが、「うまいキス」をするためには必要不可欠です!

舌使い

うまいキスをするためには、「うまい舌使いをすること」が鉄則! 上手な舌の使い方ができれば、相手はトロけてしまうほど「気持ちいい」と感じ、興奮するはずです。では、キスにおける正しい舌の使い方とは、いったいどのようなものでしょうか?

それは、舌に力を入れず、柔らかいままの状態でキスをする方法です。女性は、優しいキスをされたときや、力が入っていない状態でのキスをされたとき、「気持ちいい」と感じます。

そのため、ディープキスをするときにも、力を入れていない状態の舌を優しく絡ませることで、女性は心地よくキスをすることができ、感じやすくなります。その心地よさの中でするディープキスは、たっぷりと愛を感じ、最高に気持ちよくなれるのです。

さらに、舌の絡ませ方も大切なポイントです。舌の裏側を舐めたり、唇に舌を添わせるようにしたり、相手の反応を見ながら試してみてくださいね。

逆に、1番慣れていないと思わせてしまうキスは、「固い舌先をグリグリと押し付けるように絡めてくるキス」です。ディープキスをしていても、不快感を覚えてしまうキスなので、舌に力を入れないように注意していきましょう。

キスをしているときの手の使い方

キスをしているときに、手は意識していますか? うまいキスというのは、決してキスの仕方だけではありません。ここからは応用テクニックとして、手を使って女性をキスでもっと気持ちよくさせる方法を4つご紹介します。

まずは、「相手の頭を撫でながらキスをする」ことを実践してみてください。女性は、男性に愛されていると感じながらキスをすると、「気持ちいい」と思います。優しく女性の頭を撫でてあげることで、あなたの愛を感じ、安心感に包まれながらキスをすることができるでしょう。

さらに「相手の頬に手を添える」ようにしてみましょう。相手の頬を撫でるように、手を添えてあげるだけで、女性はあなたを感じることができます。片手でも両手でも構いません。相手の顔に手を添えるだけで、十分効果があります。

女性の性的な欲求を高めるために有効なのは「腰に手を回す」というものです。激しいキスをしているときには、ぜひ女性の腰に手を回しながらキスをしてみましょう。より興奮度が高まり、キスからベッドインのムードを高めることにもつながります。

また、シンプルですが「手をつなぐ」のもオススメ。絡め合うように手をつなぐことで、ムードが一気に高まります。指先は感覚が敏感ですので、手をそっと絡めるだけで、興奮度は最高潮!

キスが下手な人の特徴は?

「舌に力を入れすぎてしまう人」は、キスが下手であると言えます。キス慣れしていない人に多く見られるので、知っておくだけで気を付けることができます。

また、キスの仕方だけでなく、ムードの作り方が下手な人も、キスが下手と思われてしまいます。お互いに「キスしたい…」と思うようなムードが作れているか、部屋の照明は適度な明るさか、たっぷり見つめ合う時間を取っているかなど、単にキスの仕方がうまいこと以外でも、配慮すべきポイントはいくつもあります。これらに気を配ることも、キスが上手くなるためには大切なことです。

今回の記事では、「キスがうまいと言われる男性の共通点」を4つご紹介しました。正しい舌の使い方や、手の使い方、キスの仕方など、色々なポイントを知っていただけたと思います。これらを参考にして、実際に相手の女性をあなたのキスの虜にしましょう!