恋に落ちる既婚女性の心理3選|求めるのはプラトニックな恋愛?

この記事を書いた人
❁.。IZUHAZU。.✽

2年間の社内恋愛を経て7歳年上の男性と2014年結婚。2015年長男を出産し、2018年に長女を出産。現在2人の育児に奮闘する専業主婦。

「既婚女性との恋愛」危険臭ムンムンなこの響きに燃え上がってしまう人がいるかも?

「結婚したら一生旦那だけ。不倫なんてもってのほか!」というのは古い価値観。どうやら今はそんな時代ではなさそうです。

既婚女性でありながら、恋を楽しんでいる方もチラホラ。

今回の記事では、既婚女性が男性に恋をしてしまう瞬間や、恋を求める心理など紹介します。

既婚女性が求めるのはプラトニックな恋愛?

結婚しているからといって、旦那以外の男性に目がいかないということはなく、中には旦那以外の男性に目が行く女性もいるのです。

家事、育児、仕事、同じことを繰り返すだけの単調な毎日、刺激を求めている女性も多くいます。

ですが、肉体関係を含む恋愛はリスキー。危ない橋を渡るのは避けたいもの。今の既婚女性に求められているのは、ずばりプラトニックな恋愛です。

「プラトニック•ラブ」とは精神的な恋愛のことを指します。肉体関係がないため、不倫より手軽に、また罪悪感なく楽しめる印象ですよね。

草食系男子が増えた影響も

肉体的な関係がないのに、恋人として結ばれていることに疑問も感じます。ですが、最近では「草食系男子」というジャンルが成り立つほど、あっさりした男性が増加中。

肉体的な関係を求めていない既婚女性と草食系男子。ある意味、需要と供給が成り立っているのかもしれませんね。

既婚女性が独身男性にトキメク瞬間5選

①女性として褒められた時

若い時、独身の時に女性は「可愛いね💕」「綺麗だね😍」など甘い言葉をたくさんかけられます。

しかし結婚すると、家事や育児などに追われる日々がスタート。自分にかけられるお金も減り、「綺麗」という言葉とは無縁となる女性も少なくありません。

旦那から甘い言葉をかけられず、自分の見た目に自信をなくしている既婚女性はたくさん。ふと「女を思い出させてくれる言葉」を自然に伝えられる男性に、ときめかないはずがありませんよね?

ただ単に「可愛い」と褒めるだけでは、人生経験豊富な既婚女性には嘘くさく感じてしまいます。

髪の艶や手の美しさなど、年齢が表れる部分を褒めてあげるのがおすすめ。リアリティが増し、女性の心を鷲掴みできます。

②感謝された時

家事や育児をしていて、感謝されることはそう多くありません。ですが、誰だって「誰かの役に立ちたい」「誰かに必要とされたい」と思うもの。

既婚女性は「自分の存在価値」を見出せずにいるケースが結構あります。たった一言「ありがとう」と言われるだけでほっこり。感謝を伝えられるだけで、相手の男性に好意を抱く女性もいるでしょう。

③元カレにそっくりの男性を見つけた時

「女性は最後の恋を大切にする」「女性の恋は上書き保存」という言葉を耳にしたことはありませんか?

これらは「常にアップデートした恋を求める」「過去はサクッと忘れる」など女性の特徴がわかりやすく表現されている言葉。

ですが、女性だって昔を振り返り懐かしまないとは限りません。「あの人の◯◯が素敵だったな」「あの人の◯◯なところが可愛かったな」と元カレを思い出すことだってあります。

元カレにそっくりな人が現れたとき、昔懐かしく思う気持ちは既婚女性に限らず独身女性も同じ。

嫌な思い出も時間が経つと、いい思い出に変換されてしまうこともあるでしょう。

過去を振り返ることがきっかけで、トキメキを感じてしまう女性も確かに存在します。

④自分に男性が共感してくれた時

女性は自分の意見に共感、同調されたい生き物。同じ悩みを抱えていたり、同じような境遇の人には自然と心が傾いてしまうでしょう。

特に、旦那への不満が溜まっている時や精神的に不安定な時など、トキメキを強く感じてしまいます。家庭を守るため、弱さを見せられない既婚女性。弱っている時ほど、優しさを見せられると落ちやすいのが特徴です。

⑤旦那との夜の営みが減ったとき

長い時間を共にしていると、夜の営みが自然と減ってくるのも仕方ないこと。ですが、女性は営み自体が減ったことにより、精神的な不安を感じてしまうもの。

男性は、年齢と共に性欲が衰退します。しかし女性の30代、40代は、性欲のピークを迎える時期。多くの40代の既婚女性は夜の営みが減ったことへの不満が…。

多くの女性が「女としてずっと求められていたい」と考えています。問題解決のためには、旦那に満たしてもらえない不満や、他人に言えない悩みを解消するのが一番。

女であることを実感させてくれる若い男性に、既婚女性がキュンとするのは無理ないでしょう。

▼参考:結婚してからも恋愛にアクティブな既婚女性(人妻)の特徴や心理

既婚女性で恋をしてしまう人の心理3選

男性からすれば、既婚女性なのに「恋をしてしまう」「また恋をしたい!」と思う心理について気になりませんか?

奥様がいる男性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。奥様が浮気に走るのを防ぐポイントが隠されていますよ

①女として扱ってもらえる

付き合っているときは「男と女」だったはずなのに、結婚したら関係性が変わってしまった夫婦が多くいるはず。

毎日家事をこなし「私は家政婦なの?」と感じている女性も、心の中では「女として扱ってほしい!」と願っています。結婚していても、女性として見て欲しいと思う気持ちが勝ってしまうのです。

②独身気分を楽しむことができる

結婚はしたけど、独身気分を忘れられないままの女性も数多くいます。恋をしている男性と過ごせるときだけ、青春時代へのタイムスリップが可能。

ドキドキを味わうことで、家庭で失われつつある女性のときめきを取り戻しているのかもしれませんね。

③誰かに必要とされたい

結婚して家庭に入ると「今日スーパーの店員さんとしか会話してないな…」なんて日もあります。

承認されたり、必要としてくれる一言に、既婚女性は飢えています。だから優しい言葉をかけてくれる男性に恋をしてしまうのです。

既婚女性は男性にとって恋愛対象外?

「既婚女性と独身女性どちらが恋愛対象?」と聞かれたら、「独身女性」と答える男性が多数派でしょう。

ですが、「既婚女性は恋愛対象としてありかなしか?」となると話は別。「既婚女性でも恋愛対象としてあり」と答える男性も必ず存在します。

結婚の有無を気にしない男性は少数。しかし一部の男性には、簡単に超えられる壁なのかも?

中には「求婚されないから既婚女性は割り切れて楽」なんて、開き直るふてぶてしい男性もいるほどです。

▼参考:既婚女性が脈ありの男性に対して見せるサイン

既婚女性に恋をしてしまう男性の心理2選

わざわざ危険な道を選ばず、独身女性と気楽に恋愛を楽しめばいい気もしますよね。

男性はどんな理由で、既婚女性に恋してしまうのでしょうか?

①結婚を前提の交際ではない

最近では「一生独身を謳歌する!」という男性も増えてきました。独身女性と交際すると、いずれは結婚を求められそう。相手が既婚なら、結婚を迫られる心配はありませんよね。

身勝手な理由ですが、「求婚される心配がなく、気兼ねなく遊べる」のが一番の理由でしょう。

②大人の女性に憧れている

既婚女性は独身女性に比べ、大人な女性の魅力たっぷり。いつも「自分が一番!」とはならず、状況によって相手を立てる術を知っています。

気遣いをしていることを前面にアピールするが独身女子。さりげない気遣いができるのが既婚女性。つまり、既婚女性は男の扱い方を知り尽くしています

既婚女性が持つこの余裕に、男性は魅了されるのです。

女性は流されることはなく、全ての行動に意味がある

既婚女性が自分の感情や欲に流されて行動することは、限りなくゼロに近いです。

「女でありたいから恋をする」「家庭は大切にしたいから肉体関係のないプラトニックな恋愛を求める」といった行動に、全て意味があります。

逆に男性は感情や欲に流されてしまう傾向あり。既婚女性には当然、夫がいます。責任から逃れるために、気軽に恋愛を楽しむために始める男性も少なくありません。

ですが気軽に始めた恋愛が、いつしかあなたを苦しめる結末を迎えることも…。決断を避けて全てを円満に収めたいと考える男性ほど、泥沼にはまりやすいのかもしれません。

既婚女性と恋を楽しみたい男性は「感情や欲に流されない」ということを、肝に銘じるべき。そうです。ドライさが求められるのです。

上記のスタンスは同じく、既婚女性にも要求されるもの。

危険を犯すわけですから、相互の覚悟を求められます

なるべくなら修羅場にならないようお互いしっかりとリスクヘッジをして、アダルトな恋を楽しみましょう。