LINEで彼氏・彼女に別れを伝えるときのポイント5選|送りにくいときの例文も紹介

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

最近では、LINEという便利なアプリが普及してきて、告白もLINEで済ませる人が増えてきました。その分、別れ話もLINEで済ませる人が多くなっているようです。直接会って別れ話をするのはしにくいもの。顔が見えないLINEは、とても便利ですよね。

「相手と別れたいけど、相手の顔を見て別れ話を言うのはちょっと…」と思っている人が、LINEでの別れ話をすることが多い傾向があります。しかし、たとえ顔を合わせないと言っても、LINEでの別れ話も気を遣いますよね。

自分が「別れたい」と思っていても、相手が「別れたくない」と思っているのであれば、なかなか話は進みません。

そこで、今回は相手に納得してもらえるような、LINEで別れを伝えるときのポイントをご紹介します。例文も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。円満な別れ方をして、トラブルを防ぎましょう。

LINEで別れを伝えるポイント①:直接会えないことを謝罪する

LINEで別れを告げるときは、まず「直接会えないことを謝罪」しましょう。「直接会って話ができなくてごめんね」、「大切な話なのに、LINEで話してごめん…」などの言葉を入れることが大切。

別れ話とはいえ相手がいるのですから、LINEで伝えることに対して、しっかり謝罪の気持ちを持ちましょう。”親しき仲にも礼儀あり“ですよ。

LINEで別れを伝えるポイント②:会いたくない理由はきちんと述べる

さて、ポイントの2つ目は、なぜあなたが「会って話ができないのか」を、しっかりと相手に伝えましょう。LINEで淡々と別れ話をしても、相手からしたら「なぜ直接言ってくれないんだろう」という気持ちが大きくなっていきます。

LINEで別れを伝えても、相手から「直接会って話をしよう」という連絡が来る可能性がありますし、会いたくないのであれば、その理由をしっかり伝えておくことが大切。会えない理由を伝え、なぜLINEで別れ話をすることにしたのかを相手に納得してもらいましょう。

LINEであれば、自分の考えをさえぎられることなく、気持ちを伝えることができます。そして、なかなか自分の気持ちを伝えられない人にとっては、相手に伝えたいことを考えてメッセージを送る時間があるのは、LINEのありがたい点です。

LINEで別れを伝えるポイント③:別れたい理由を伝える

また、なぜ別れたいと思ったのかも、しっかり伝えましょう。どんなに些細なことがきっかけでも、あなたからしたらそれがきっかけで「もうこの人とは付き合っていけない」と思ったのですから、そこはハッキリ伝える方がいいですよ。

別れたい理由を相手に告げるのは、「相手を傷つけてしまう」、「怒らせてしまうかも」と思うかもしれません。しかし、あなたの本心を伝えることは、自分のためにも、相手のためにもなることなのです。別れの原因がわからなければ、相手が納得しないことも多く、むしろその後の関係性をこじらせてしまう可能性があります。

LINEに限らず、文章だけでは、相手が泣いているのか、怒っているのかわかりません。LINEは便利なツールですが、誤解のないように自分の気持ちを伝えることが、ここでも重要になってくるのです。

LINEで別れを伝えるポイント④:スムーズに話が進まないリスクを想定する

別れ話ということは、もちろんスムーズに話が進まない可能性が大いにあります。そのような状態になったとしても、ブレずに自分の気持ちをしっかり伝えられるよう、事前にそのリスクを想定しておきましょう。

「こう返信が来たら、こう返そう」など、事前にイメージしておくことが大切。LINEで別れ話をするとこじれやすく、なかなかスムーズに話が進まないことも多いので、その点は頭に置いておきましょうね。
最初からスムーズに話を進められないことを想定しておくことで、相手がどのような反応をしてきても柔軟に対応することができます。「こう言ったら、このように返事がくるのではないか…」など、相手の性格を考えて予め返事を予想しておきましょう。

お互いが納得して別れられるためにも、相手の話をしっかり聞いた上で自分の気持ちを伝えることが大切です。

LINEで別れを伝えるポイント⑤: LINEがベストな選択なのか考える

LINEは、直接会って話をする必要がないので、「相手と会うのが気まずい」「会って話をするのがめんどくさい」場合には、とても便利です。

しかし、LINEで別れ話をすると、なかなかスムーズに話が進まない可能性が高まります。だからといって、別れ話を一方的にして、その後すぐjに相手をブロックしたり、音信不通にして、相手をシャットアウトしてしまうのは言語道断。

そのようなことをしてしまうと、後々のトラブルを招きかねないので、相手からの返事は怖いかもしれませんが、ブロックするのはやめてください。相手が「あの人は最低だ!」と言いふらす場合もあります。

自分の気持ちを伝えたとしても、必ずしも相手が納得して別れに応じてくれるわけではありません。文章だけでは、相手の表情や気持ちをはかるのは難しいものですし、直接会って伝えたほうが、自分の気持ちが伝わりやすいということは間違いないでしょう。

円満に別れるためにも、「本当に別れを切り出すのがLINEで良いのか」を、まず最初に考えましょう。自分の話をしっかり聞いてくれる相手であれば、直接会って話した方が、円満に別れられる可能性は高まるのですから。

LINEで別れ話を切り出す例文

次に、LINEで別れを伝えるための例文を4つ紹介します。相手が納得してくれるような例文をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

価値観の違いでの別れ

今日もお疲れ様。今から自分の気持ちを伝えるけど、直接会って話ができなくてごめんね。会うと言い出せなくなりそうなので、LINEで伝えます。実は、最近◯◯との価値観の違いが気になって、これからやっていけそうにないと思ってしまいました。
一緒にいてもお互いのためにならないだろうし、自分勝手で本当に申し訳ないと思ってるけど、別れて欲しい。◯◯は本当に優しかったし、落ち込んでるときも慰めてくれて嬉しかった。
今度はいい人と出会って、幸せになってね。大切な話をLINEでして、本当にごめんなさい。ありがとう

相手の暴力での別れ

今日もお疲れ様。今から自分の気持ちを伝えるけど、直接会って話ができなくてごめんね。会うと言い出せなくなりそうなので、LINEで伝えます。実は、最近◯◯との価値観の違いが気になって、これからやっていけそうにないと思ってしまいました。
一緒にいてもお互いのためにならないだろうし、自分勝手で本当に申し訳ないと思ってるけど、別れて欲しい。◯◯は本当に優しかったし、落ち込んでるときも慰めてくれて嬉しかった。
今度はいい人と出会って、幸せになってね。大切な話をLINEでして、本当にごめんなさい。ありがとう

他に好きな人ができた

今日もお疲れ様。実は他に好きな人ができて、別れたいと思っている。
相手は、とても誠実な人で、自分にも優しく誠実に向き合ってくれる人です。相談に乗ってもらううちに、好きになってしまいました。
あなたがいるから、あの人への気持ちを何度も諦めようと思ったけど、自分の気持ちに嘘をついてまで、このまま付き合い続けることはできないし、◯◯にも悪いから、別れて欲しいです。本当に自分勝手で申し訳ないし、こんな大切な話をLINEで伝えてしまって、ごめんなさい。◯◯はとても面白かったし、一緒にいてとても楽しかったです。でも、あなたの私を否定する言葉に傷ついていました。あの人は私を認めて受け止めてくれました。その心にも惹かれたんだと思う。ごめんね。

仕事に専念したい

実は、自分に大きなプロジェクトが回ってきて、転勤することに決まったんだ。これは本当に大きなチャンスだし、自分としても絶対に無駄にはしたくない。
◯◯と付き合っていて本当に楽しかったけど、時間のすれ違いも出てくるだろうし、仕事に専念したいから、連絡も全然取れなくなってくると思う。ほんとに自分勝手なことだと思うけど、別れて欲しい。きちんと会って話せなくてごめん。今は転勤が決まって忙しくて、時間も取れないんだ。
今までの事は絶対に忘れないよ。ありがとう。あなたの未来が幸せになりますように

このように別れの原因によって、伝える内容は違ってきます。どの例文にも共通して言えることは、LINEで別れ話をすることや直接会えないことを謝罪すること、別れたい原因をはっきり伝えることです。

LINEは、相手の顔を見なくても良いので気軽にメッセージが送れます。しかし文章のみなので、相手がどのような反応をしているのかもわかりませんし、相手も自分がどのような表情でメッセージを送ったのか知る由もありません。顔の表情が読めないからこそ、LINEで別れ話をするのであれば、理由もしっかり伝えることが大切です。トラブルにならないためにも、自分の思いをしっかり伝えて円満な別れ方ができるといいですね。