LINEの一言(ステータスメッセージ)を活用した恋愛テク3選。英語や記号に対するみんなのホンネ

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

今回は、「LINEで使える一言恋愛テク」をご紹介します!「LINEの一言(ステータスメッセージ)機能」とは、LINEを交換したときに、アイコンの下に表示されるメッセージのことです。うまくメッセージをつけることで、相手に「この人とLINEしてみよう」と思わせることができるので、とても効果的。

「LINE一言」をうまく使えば、相手から連絡が来るかもしれませんし、そこから交際に発展する可能性もあります。そこまで至らなくとも、相手に良い印象を残すことができるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINEの一言で使える恋愛テク①:元気な一言で明るさをアピール

LINEの一言で、あなたの明るさを全力アピールしてみましょう。「毎日楽しい!」「笑顔でハッピー」などポジティブな一言を設定していると、相手は興味を持ちやすくなります。とても簡潔な言葉ではありますが、なんだか勝手に相手に対して爽やかで活発なイメージを持ってしまいませんか?

ポジティブな言葉は、自分の性別に関係なく異性を惹きつけるので、LINEの一言機能を使って発信することでも相手に好印象を与えることができます。「ちょっと子供っぽいかな」と思ってしまうかもしれませんが、ポジティブな言葉であれば、多少子供っぽくてもかわいさでカバーできます。ネガティブな言葉よりも、断然ポジティブな言葉の方が良いので、自分なりのポジティブワードを考えてみましょう。

ただ、あまりにも軽過ぎる言葉はやめておきましょうね。明るい言葉とパリピの言葉は全く違います。派手すぎるアイコンに、パリピ過ぎるLINE一言が入っていれば、相手にチャラい遊び人と思われてしまう可能性があります。あくまでも、前向きで真面目な言葉を選ぶことが大切ですよ。

出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18)

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。20代〜30代を中心に320万人以上が利用しています。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

また、withではビデオ通話を使ったオンラインデートの機能も利用できるので、コロナウイルスが心配で外出したくないけど、出会いを探してみたいという人も安心してパートナー探しができますよ。

▼withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

▼クロスミーを無料ダウンロード


サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

▼タップル誕生を無料ダウンロード


他には、厚生労働省が利用を推奨している「COCOA」というアプリもおすすめです。

COCOAはスマホのBluetooth機能を利用して、新型コロナウイルスへの感染が判明した人との出会い・濃厚接触の可能性を確認することが可能で、ウイルスの感染拡大、クラスターの発生を防止できるんです。

上で紹介した他のアプリとは異なり、顔写真やプロフィールなどの登録をしなくても使うことができ、非常に手軽で、さらに18歳未満でも利用可能です。

もし自分が陽性になってアプリから情報を登録しても、個人情報は公開されないので安心。

ただし、このアプリはみんなで使わなければ効果も期待できないので、「どうせみんな使ってないでしょ」などと言わず、まずはあなたがダウンロードして使ってください。

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare - Japan無料posted withアプリーチ


LINEの一言で使える恋愛テク②:夢や目指している職業を語る

自分の夢や、目指している職業についてさりげなくアピールする手段としても、LINEの一言機能はとても便利です。「看護師見習い中!」や「フレンチシェフの卵」など、あなたが今頑張っていること、熱中していることをさりげなくアピールしてください。そうすることで、相手から何かしらのアクションをもらえる可能性が高まります。

「夢や目指している職業を語る」相手には、不思議と「この子のことを応援したい」という気持ちが芽生えてくるもの。それによって、相手から「看護師になるの?」などの質問メッセージが来るかもしれません。

「LINE一言」がきっかけで、メッセージのやりとりをするようになり、デートや交際にまで発展する可能性もあります!自分の夢を応援する人がメッセージをくれる可能性が高いので、あなたとの相性もいいかも!?

LINEの一言で使える恋愛テク③:尊敬する偉人の名言で考えを伝える

自分が尊敬している偉人の名言をLINE一言に設定するのも、アリです。しっかりと意味があるのであれば、相手に素敵なイメージを持ってもらえることができますし、自分に対して興味を惹きつけることができます。

ここで、おすすめの名言を紹介しましょう。「天才とは努力する凡才のことである」「強い人が勝つとは限らない。素晴らしい人が勝つとも限らない。私ができると考えている人が結局は勝つのだ」など、心に突き刺さるような名言であれば、相手に好印象を与えられます

しかし、偉人の名言をLINE一言に設定する場合は、注意しなければいけないこともあります。上記のように、みんなの心に突き刺さるような一言であれば良いのですが、ウケを狙った一言だと、逆にドン引きされる可能性があります。「なんだ、ウケ狙いで書いているのか」「この人、かまってちゃんなのではないか」と思われてしまうので気をつけてくださいね。

例えば、「ときどき雲のような人がいる。どこかに行ってしまうと美しい日になるんだ」とか、「女性は過去を持った男が好き。でも、プレゼントを持った男はもっと好き」など、意味不明なことをつぶやいていたり、あざとさが見えまくりの一言は逆効果。

相手からしたら何も楽しくないですし、違和感や不快感を与えてしまう可能性もあるので、偉人の名言を選ぶのはなかなか難しいのです。自分が感銘を受けたからといって、必ずしも相手も同じとは限らないので、その気持ちを強要しないようにしましょうね。

意味がしっかりあればLINEの一言に英語はアリ

意味がしっかり通っているのであれば、LINE一言に英単語や、英文を書いても問題ありません。少し難しい英文が書いてあれば、「この人、なんだかかっこいいな」「知的な人なのかな」と思わせることができます。

ただし、中には興味を持って、その英文の意味を調べる人がいます。そのとき、意味不明な日本語訳が出てきたら、「この人、大丈夫なのかな」と印象が変わってしまう可能性があるので要注意。

一言を英語で設定すると、相手に「かっこいい」と思われる確率は高くなりますが、その反面、意味がわかった途端に引かれてしまう可能性も高いということ。考えに考えて、英文を使いましょう

参考までに、おすすめの英文を紹介しておきますね。

“I walk slowly, but I never walk backward”
(私の歩みは遅いが、歩んだ道を引き返すことは無い)

“Failure is a detour, not a dead-end street”
(失敗は回り道である、行き止まりの道ではない)

このように意味がしっかりしている文章であれば、相手に興味を持ってもらうことができますよ。

意味深な暗号は使わないのがベター

暗号のような、よくわからない記号や言葉は使わないようにしましょう。何が書いてあるのかもわかりませんし、興味を惹きつけることはできません。

例えば、一昔前に流行ったポケベル暗号です。「14106」→「愛してる」や、「4649」→「よろしく」など、このような暗号が書いてあっても、現在では意味が通じませんし、相手は間違いなくスルーです。

よくカップルでLINE一言を暗号でお揃いにしている人もいますが、それはカップルだから許されること。お一人様で暗号を設定しても、誰からも返事は来ませんし、逆に虚しい思いをするだけですよ。というわけで、意味深な暗号や謎な言葉は、なるべく設定しないようにしましょうね。

いかがでしたでしょうか? 上記でご紹介した「LINE一言」を活用した恋愛テクニックを使って、あなたもモテモテになりましょう! 例文も紹介させていただきましたので、ぜひ使ってみてくださいね!