既婚女性が男友達を作る具体的な方法4つ|デメリットや注意点も解説

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

結婚したら、夫以外の男性とあまり話す機会がなくなってしまった…。そんな既婚女性も少なくありません。既婚女性であっても、男友達と飲みに行ったり、気兼ねなく会える相手が欲しいと思うことがあります。この記事では、既婚女性が男友達を作る方法をご紹介します。

既婚女性が男友達を作る具体的な方法①:趣味のサークルに入る

専業主婦など、ある程度趣味に費やせる時間やお金の余裕があるなら、趣味のサークルに入ってみるのもひとつの方法です。新しく男友達を作るためには、自ら出会いの場に足を運ぶことが重要です。
趣味のサークルには、大人になってから友達を新たに作りたいと思う人も、多く参加しているでしょう。それが大規模なサークルになるほど、より男友達を増やせる確率が増えます。

既婚女性が男友達を作る具体的な方法②:SNSで積極的に絡む

SNSといえば、主にTwitterやfacebook、Instagramなどを使っている人が多いのではないでしょうか。すでにアカウントを持っている人も多いので、知り合うチャンスとして使えます。しかし、SNSには身バレの可能性があることだけは覚えておきましょう。

もし、男友達を作るためにSNSの利用を検討しているのなら、プライベートアカウントを使わないことをおすすめします。なぜなら、プライベートアカウントはリアルの友人とつながっていることが多いからです。既婚のあなたが知らない男性と絡んでいることもすぐにバレてしまい、あらぬ誤解招くことになりかねません。
男友達を作る用のアカウントを作ることができない人は、ほかの方法を実践するのが良いでしょう。

また、SNSのアカウントを作ったとしても、ただ待っているだけでは男友達を増やすことができません。たとえば、「同じ趣味の人を検索する」、「近くに住んでいる男性を検索する」などして、自分から積極的に動くことが大事です。気になる投稿を見つけたら、最初は「いいね!」からはじめ、少しずつコメントをして、相手とやり取りをしましょう。
やり取りを続けていくうちに、話が合うなと思ったら、実際に会ってみてはいかがでしょうか。

既婚女性が男友達を作る具体的な方法③:ボランティアに参加

サークル同様、ある程度時間に余裕がある人は、ボランティアに参加してみるのもおすすめ。同じように友達を作る目的で参加している男性も多くいるため、自然と友達になれる可能性があります。

そのためには、まずどんなボランティアに入るのがいいか迷いますよね。そこで、異性との交流におすすめなのは、自然環境を守る環境ボランティアや、文化・芸術・スポーツボランティア。志を同じくする仲間とボランティア活動をしているうちに、気の合う仲間ができますよ。
ボランティアは気軽に始められるので、お住まいの市のHPなどをチェックしてみましょう。最初から一つに絞り込まずに、いくつか参加して雰囲気を見てから、どこで本格的に活動をするかを決めてもいいでしょう。

既婚女性が男友達を作る具体的な方法④:マッチングアプリを使う

普段は仕事で忙しい既婚女性や専業主婦、どちらでも簡単に出会えるのがマッチングアプリです。プロフィール欄にあらかじめ男友達を探していることを提示しておけば、目的に合った相手と出会える可能性が高まります。

すぐに会うことに抵抗がある場合は、まずマッチングしたあとにLINEやEメールでやり取りをして、お互いのことをある程度知ってから、会う段取りをするといいでしょう。
マッチング後のメッセージの内容としては、まず「おはよう!」や、「今日は○○行ってきたよ~」などの、何気ない日常会話で距離を縮めていくのがベスト。
さらに、趣味など共通の話題で盛り上がるのもいいですね。

既婚女性が男友達を作る際の注意点

既婚女性が男友達を作る際は、必ず注意しておくことがあります。
以下の3つのことを覚えておいて、トラブル回避や相手との温度差が出ないようにしましょう。

既婚女性が男友達を作る際の注意点①:男友達作りは積極性は必要

既婚女性は、新たな男友達を作るのが難しいとされています。それは、ある程度自分から動き出さないと、男性と出会うことすらできないからです。しかし、人によっては「夫がいるのに新たに男友達を作って、仲良くしてもいいのかな…」と後ろめたさを感じることも。
このように、男友達が欲しくても、なかなか行動に移せない人が多いのです。また、夫や周りの人に誤解されることを恐れて行動できない人もいますよね。

しかし、お互いにしっかりマナーを守れるのであれば、誰かに誤解されることなく、良好な友達関係を築けます。これらのことをしっかりと踏まえた上で、自分から積極的に出会いの場に顔を出すようにしましょう。

既婚女性が男友達を作る際の注意点②:友達であることを認識させておく

自分が友達として付き合っているつもりでも、男友達の方が「自分に好意を持ってくれている」と勘違いしてしまうこともあります。変に期待を持たせてしまうと、その後の友達としての付き合いも難しくなってしまいます。
男友達として付き合う際には、きちんと「友達として付き合いたい」と態度や言動で明確に伝えておくことが大切です。決して思わせぶりな態度や言動はしないように気を付けましょう。夫婦仲が良いことを話の中に入れながら会話をすれば、ある程度の予防線が張れるのでおすすめです。

既婚女性が男友達を作る際の注意点③:食事は割り勘と決めておく

女性だからといって食事をいつも奢ってもらうと、いつしか相手は彼氏気分になってしまうかもしれません。男友達にばかり負担をかければ、その分の見返りを求められることも少なからずあるでしょう。
お互い信頼し合える友達関係でいたいのなら、対等な立場でいることが大事です。

既婚女性が男友達を作ることのデメリット

既婚女性が男友達を作る際には、異性ゆえのデメリットもあります。しかし、そのデメリットをカバーする方法がありますので、合わせて参考にしてみてください。

まず、既婚女性が旦那以外の男性とふたりで会っている場合、周りから見たら真っ先に”不倫”だと疑われます。それは、たとえお互いが友達だと思っていてもです。絶対に不倫を疑われたくないなら、家族ぐるみで男友達と付き合うのがいいでしょう。

また、恋愛感情を持たれるのと同じように、突然「大人の関係にならないか?」と言われる可能性もあります。たった1度のことでも、いくら相手に「家庭を壊すつもりがない」と言われても、言い逃れのできない深い関係になってしまうのは危険です。“離婚”という最悪の事態もあるかもしれません。いくら気を許した男友達であっても、そこは絶対に踏みとどまりましょう。

さらに、マッチングアプリでの出会いに関しては、相手がどんな人かも分からないうちに会うことを決めるのは危険です。お互い顔が見えない相手だからこそ、会うときは慎重になりましょう。

既婚女性が男友達を作るための具体的な方法や、注意点などをご紹介してきました。既婚女性が男友達を作るためには、まず行動を起こすことが大事です。そして、男友達を作る際には相手にしっかりと友達関係でいたいことを伝える必要があります。
自分の交友関係を充実させて楽しい時間を過ごすために、良好な関係を築ける男友達を見つけてみてください。