シネマ男子必見!映画館の出会いで彼女を作る方法3つ

この記事を書いた人
マッスル北川

筋肉と愛の戦士。某格闘漫画にハマったことをキッカケに体を鍛え始める。「脂肪が筋肉に変わる」「腹筋だけしていれば痩せる」そう思っていた時期もありました。間違った知識で時間を無駄にしたことを教訓に、効率的に痩せる&鍛える方法をお届けします!

映画好きの男性なら、映画鑑賞が趣味の女性と知り合えたらと思いますよね?

同じ映画の話題で盛り上げれたらどれだけ楽しいでしょう。

そこで、シネマ男子必見!映画館で女性と出会い、彼女を作るための方法を3つ後紹介します!

映画館は彼女を作りやすい出会いの場所!

映画館は出会いが多く、彼女を作る場所として最適なんです。映画館と言うと、映画を楽しむだけの場所と考えてはいませんか?多くの人は「当然」と答えるはず。

映画館には人がたくさん集まります。その人達は、当たり前ですが映画を見に来ていますよね?

実際、あなたも映画館を利用するのは、自分好みの映画が上映される時くらいではないでしょうか?

でも、考え方を変えてみてください。女性が多く集まるということは、出会いのチャンスも増えるということ。男性のアプローチ次第では、彼女を作る場所にだってなるんです。

映画館で出会いで彼女を作る方法3つ

映画館で女性と出会うための方法を3つご紹介します。

これを押さえておけば、普段は映画を見るだけの映画館も、あなたにとって女性との出会いの場になるはずです!

清潔感のある格好をしていく

映画館に行く際は、必ず清潔感のある格好をしていきましょう。

女性と仲良くなりたいなら、身だしなみを整えるのは基本中の基本といっても過言ではありません。

いくら会話が面白かったりイケメンであっても、不潔な男性は嫌われます。モテる男性は、例外なく身だしなみを整え、清潔感があるんです。

身だしなみには常に気を配ろう!

映画という共通の話題があり、気が合いそうな女性と出会ったとしましょう。身だしなみを整えていかなかったという理由で、彼女を作るチャンスを逃すのは悔しいですよね。

いつ女性と巡り会えるかわかりません。いざというときのために、映画館に行く際は清潔感のある格好をしていきましょう。

清潔感を勘違いしている人も多い

「女性にモテたいなら清潔感は必須!」お約束のように書かれることが多いですよね。

では、あなたは『清潔感』の意味をちゃんと理解していますか?「毎日お風呂に入っている」、「洗った服を着ている」と思ってはいませんか?それは間違った認識です。

誰だって毎日入浴していますし、外出する時はちゃんとした服を着るはず。その程度のことをして女性にモテるなら、誰も苦労はしません。

「清潔感のある男性」と女性に認められるには、最低でも以下の条件をクリアーする必要があります。

清潔感のある男性の条件

1.顔が脂でテカっていない
2.肌荒れやニキビのケアをしている
3.ムダ毛を処理している
4.爪をちゃんと切っている
5.口臭や体臭のケアをしている
6髪の毛や眉毛を整えている
7.自分の容姿や年齢にあった服装をしている
8.服にシワが寄っていたりシミがついていない
9.靴を綺麗にしている
10.財布やバッグは綺麗なものを使っている
11.財布やバックにレシートなどを詰め込んでいない

どれも男性から見ると面倒なことばかりに思えます。でも、これは他人に不快感を与えないためのマナーでもあります。

職場でも、脂ぎっている人は敬遠されていませんか?

口臭や体臭のキツい人に近づくのは苦痛のはず。自分を魅力的にみせるなら、眉毛や髪をセットするのは当然のことです。

意外と女性に見られているのが爪の伸び具合。爪の手入れがされていないと、不潔に見えるだけでなく、女性との交際経験が少ないこともバレてしまいます。

女性との出会いを逃さないためにも、今度からはこれらに気を配りましょう。

女性好みの映画を狙う

女性との出会いを求めるなら、女性が好きな映画を放映している時間に映画館へ行きましょう。

そもそも女性がいなければ、出会いなんて望めません。

男性が好むジャンルの映画を放映している時間に言って「女性がいない!」と愚痴るのはお門違い。

話題のアニメ映画をやっている時間帯なら、子どもたちは大勢いますが、好みの女性がいる可能性は低いはずです。

女性と出会う可能性を高めるためにも、女性が好むジャンルの映画を放映している時間帯を狙いましょう。

「映画が終わったあとに声をかけて、そのまま食事に誘う」という流れを自然にできるので、昼過ぎから午後にかけてがおすすめです。

映画のジャンルは意外と重要

女性が集まっていないと出会いはありません。

でも、せっかく彼女と一緒に映画を見るなら、お互いに興味のあるジャンルの方が良いですよね?

恋愛映画に興味が無いのに、彼女が好きだからと付き合わされるのは苦痛に感じるものです。

「誰でも良いから彼女が欲しい!」というなら構いません。でも、自分と同じ趣味の女性と出会いたいなら、映画館で放映されているジャンルに注意してください。

ある程度映画に詳しくなっておく

映画館で女性と出会いたいというのですから、ある程度映画に詳しいんじゃないでしょうか?

映画好きの女性と付き合うなら、やはり映画の知識がなければいけません。

気になる女性に声をかけたら、必ず映画の話題に広がっていきます。

女性が好きだという映画の内容は当然、その映画の監督が手がけた作品と、どんどん話題が盛り上がるはず。そこで、実はあまり映画に詳しくなかったとなったら、女性もがっかりするでしょう。

映画館で女性に声をかける最大のメリットは、お互いに映画に興味があることです。

自分と共通の趣味を持っている男性に、女性は共感を覚えるのです。それがなかったら、街でナンパしているのと何ら変わりません。

絶対に作品を批判しないこと!

プロの映画評論家でも、自分の好きな映画を低く評価されたらイラッときませんか?

それは当たり前の反応です。プロであっても嫌な気持ちにさせられるのですから、素人に批判的なことを言われたら、もっと嫌な気分になるはず。

女性との出会いを台無しにしたくなければ、たとえ女性の好きな映画が気に入らなくても、絶対に批判しないようにしましょう。

映画館で彼女を作るための方法まとめ

・清潔感のある格好をするのは基本中の基本!

・女性が好む映画の放映時間を狙う

・映画の話ができるようにある程度詳しくなる

ミニシアターも狙い目!

大きい映画館に比べて、規模の小さいミニシアターも狙い目です。あまり有名ではない作品が多いからこそ、サブカル女子が集まりやすいんです。

大きい映画館で放映されているのは、話題になっているものが大半。サブカル女子は多くの女性が興味のあるものよりも、ちょっと脇にそれた作品を好みます。

そのようなマニアックな作品を好むサブカル女子を彼女にしたいなら、ミニシアターに繰り出してみましょう。

女性の承認欲求を刺激

サブカル女子に限らずですが、女性は強い承認欲求を持っています。

あなたは「映画に詳しくないため、色々教えて欲しい男」というポジションを意識。

サブカル女子の中には、スイッチが入ると得意分野について意気揚々とプレゼンする女性がいます。

興味深そうにリアクションをとったあと、「たくさん教えてくれて、ありがとう!」とお礼を伝えてください。

そして「また知らない映画があったら教えてくれない?」と、お願いしましょう。そうすれば次も映画デートできる可能性が上がります!

映画のような恋をしよう!!

映画館で共通の趣味を持つ女性と出会うなんて、まるで映画のようで憧れますよね。

女性だって、そんな恋愛をしてみたいと思っているものです。理想の女性と出会うためにも、準備を整えて映画館に出向きましょう!

ぜひ意識してもらいたいスタンスがあります。それは『傾聴』すること。

映画に詳しいからと、自分の知識をひけらかす男性は嫌われます。言葉のキャッチボールができず、自分の意見を相手にぶつけるようなことをすれば、女性だってうんざり。

もう関わりたくないと思うかもしれませんよ。

映画館に行かないけど映画好きな女性は多い

もし映画館で出会いがなくても、映画に詳しいだけで女性との会話に事欠きません。

最近では自宅でもインターネットで映画を見ることができます。自宅で誰の目も気にせず、好きなだけ映画を見れるなんて、すばらしい時代ですよね。

映画館には行かないけど、実は洋画や邦画が好きな女性は意外と多いんです。

例えひとりで映画を楽しめても、やっぱりいい作品なら誰かと語り合いたいもの。映画が好きなら、興味の方向性が近い女性との会話が盛り上がります。

もしかしたら、これまで接点のなかった職場の女性と、意気投合するかもしれません。それがきっかけで交際が始まり、一緒に映画館に行けたら最高だと思いませんか?