男の性格は好きなセックスの体位&プレイで丸わかり!

この記事を書いた人
Josa

フィリピン生まれ日本育ちのミレニアル女子。 事務員時代にマーケティングを学び、その魅力にハマって取り組んだ結果業績が向上。営業事務からEC部主任へ抜擢される。現在はフリーランスライターとして活動中。 好きなものは心理学とインスタ映え。


セフレを探すならこのアプリがおすすめ!


あなたはどんなセックスの体位やプレイが好きですか?

「セックスの体位はいつも流れに任せている」「そんなに変わったプレイはしてない」という人でも、好みの1つや2つくらいはあるはずです。

実は、セックスの体位やプレイの好みでその人の性格がわかります。今回は男性の好きな体位&プレイからわかる、自分では気付かない性格をご紹介しましょう!

男性が好きな体位ランキングTOP5

あんな体位やこんな体位、ヤりたい体位はいっぱいありますが、男性が好きなセックスの体位は一体何でしょうか?

過去にMenjoy!が実施したアンケートを見てみると…

『Menjoy!』では、20代~30代の男女計497人を対象に、独自のアンケート調査を実施しました。実際にはどんな体位が好まれているのでしょうか。

男性が好きな体位(回答者数=200人)

5位:立ちバック・・・7人(2.9%)
4位:対面座位・・・13人(5.4%)
3位:バック・・・28人(11.6%)
2位:騎乗位 ・・・33人(13.7%)
1位:正常位・・・105人(43.6%)

引用:エッチの体位…みんなが好きなのは?男女別「好きなエッチの体位」 – Menjoy! メンジョイ

まずは、男性の好きな体位ベスト5はこちらです。

セックスには四十八手あるものの、やっぱりオーソドックスな体位が人気ですね。ダントツ1位は正常位なのも頷けます。

プレイにも言葉責めプレイや着衣プレイなどのソフトなものから、縛りプレイや首絞めプレイなどのハードコアなものまで様々。

この体位やプレイの好みの中に、自分の秘めたる性格が隠れているのです。

体位でわかる男性の性格

あの体位が好き!と思ったら、ズバリそれはあなたの性格が現れたもの。さて、あなたはどんな体位がお好みでしょうか?

正常位・対面座位

正常位や対面座位は相手の顔を見れるし、体を密着させることができます。こうした体位を好むということは、思いやりがあり、相手の女性に対する深い愛情を持っている証拠です。

「密着度が高くて深く愛し合っている感じがするし、彼女の感じている表情が間近に見えるから」(Aさん・26歳)

ロマンチックなシチュエーションを好んだり、イチャイチャをしたがる男性が多いでしょう。女性もロマンチストが多いため正常位を好む人が多く、こうした恋人を持てば安心感のあるセックスができそうですね。

騎乗位

男性の好きな体位ランキング2位に輝いた騎乗位ですが、実は2タイプの性格に分かれます。

1つはM気質。女性に上に乗っかられて、いろいろ虐められたいタイプです。女性に責められて幸せを感じているんですね。

もう1つは亭主関白タイプ。「お前が動け」「俺に奉仕しろ」と自分のために女性が尽くすことに優越感を感じる性格です。

男女がどちらかに偏ると面倒ですが、ちょうど良いバランスになると最高のセックスを楽しめるでしょう。

後背位(バック、立ちバック)

後背位(バック)も男性から人気の高い体位です。動物も後背位で生殖していますよね。後ろから力強くピストンする行為は男らしさの誇示。女性に自分の男らしいところを見せ、惚れさせたいと思っています。

また支配欲や征服欲も強いのが特徴。後背位はまさに「相手を支配している」感があるため、男性のこうした欲求を満たせる体位だということです。

「バックをしているときは、女性の胸から腰、お尻にかけてのシルエットが堪能できるので、他のポジションのときよりも興奮します」(Rさん・35歳)

他には、「女性の体のラインが美しく見えるから好き」という意見がありました。セックスは性器への刺激だけではなく、五感を使って楽しむものですからね。

側位

横向きで並び、男性が後ろから包み込むように挿入する体位です。この体位を好む男性は庇護欲が強いタイプ。相手の女性を守りたい、弱い立場の人を助けたいと思っているんですね。

そんな性格なので、普段から人に頼られることを好みます。お願いされれば断れない、気前の良い男性だと言えるでしょう。

駅弁

立ったまま女性を持ち上げ、パンパン突く駅弁は、そのハードルの高さから男性の憧れの体位です。駅弁が好きな男性は負けず嫌いな性格意地やプライドがあり、自分を認めてほしいという欲求があります。

セックスで駅弁をやるときはその女性に対し自分の筋肉や力強さを示したいとき。褒められたら伸びるタイプなので、どんどん女性に褒められちゃいましょう。ただしギックリ腰にはご注意を。

立位

立ったまま挿入しピストンする立位は、実は見た目よりも難易度が高い体位です。そんな立位でセックスする男性はチャレンジ精神が強く、好奇心が旺盛なタイプだと言えるでしょう。

そのため立位に限らず、いろいろな体位を試してみたいとも思っています。立位でのピストンをマスターしたら次は新たな体位に挑戦することでしょう。

体位を次々変える

特定の体位で長くするよりも、短時間で体位を次々と変える男性もいます。そんな男性は自己顕示欲が強いタイプ。

女性を「自分のしたいようにする」ということを好み、自分に合わせてもらおうとするのです。常日頃から他人に認められたい、人の上に立ちたいと思っています。

それに付き合う女性もいますが、実は女性にとってコロコロ体位を変えられるのは、せっかく気持ち良いところまで来たのにまたリセットされている状態なので、あまり好まれません。

プレイでわかる男性の性格

続いて、プレイでわかる男性の性格を見てみましょう。

前戯が長い

前戯を長くする男性には「他人を喜ばせたい」という優しい性格の男性と「自分の思い通りにしたい」という支配欲の強い男性の2タイプがあります。前者はただ前戯が長いだけでなく丁寧に。後者はとにかく前戯を激しくしているのが特徴です。

挿入すると自分も気持ち良くなるため、支配欲の強い男性は自分が押し負ける前に先に女性側をどうこうしてやろうという意識が働くんですね。

丁寧に前戯をする男性は優しさがある一方で、慎重すぎて、優柔不断になる傾向も。必要なときにはさっさと次の段階に進む決断力も必要です。

着衣のままセックス

洋服を着たままするセックスは何か悪いことをしているような罪悪感を感じませんか?そうしたスリルや刺激を求めたがる男性は着衣プレイを好む傾向があります。

普段着の着衣プレイに飽きたらコスプレ。コスプレに慣れてきたら青姦…などなど、どんどん過激なプレイにシフトしていく可能性も!?

言葉責め

自分の言葉で女性が顔を赤らめたり、女性にいやらしい言葉を言わせることで興奮するのが好きで、何度も言葉責めをする男性は隠れムッツリです。

普段は真面目でおくびにも出さないが、本当はエロいことが大好き。女性のおっぱいやおしりばかりを見ていることでしょう。

掴み・首絞めなどの激しいプレイ

女性の髪を掴む・挿入中に首を絞める・胸を痛いほど揉むなど、荒々しいプレイをしてくる男性はそのプレイからわかる通りドSな性格です。

これはドSの本能に従ったプレイとしか言いようがありませんが、ドMな女性じゃないと付き合いきれないかもしれませんね。

ただドSな人は普段は自分がドSであることを隠すクセがあるため、ドMが寄って来にくいのが難点。

(男性が)縛られる・罵られる

逆に自分が縛られたり、言葉責めにされたりするのを好む男性はドMな性格であることがわかります。

他にも目隠しされたがったり、「アンアン」と喘いだり、甘〜い声を出していたりするといった特徴も。男性ってセックスではあまり声を出さないので、声を出す男性ほどドM度は高いでしょう。

ドMすぎると女性からドン引きされるため、ドSな彼女を見つけるのが良いかもしれません。

ツバや精液を飲ませる

自分のツバや精液を飲ませたがる男性は、ドSまではいきませんが、俺様系の性格をしています。他人の意見より我が道を行くタイプですね。

「自分から出る液体を飲ませるってエロいな…」とは誰でも考えたことがあるものの、相手に遠慮して実行しない男性が多数。それを実行に移してしまう行動力の持ち主でもあります。

アブノーマルプレイ

SMプレイやカーセックスなどのアブノーマルなプレイを好む男性は執着心や独占欲が強いタイプです。ねっとりとしたセックスを好み、大勢でワイワイするよりも少数の人と過ごしたいと思っています。

ただ、ヤキモチ焼きの一面もあります。同じような性格の彼女なら問題はありませんが、そうでない彼女なら独占しすぎて苦しめないように注意しましょう。

セックスであなたの性格はバレている!?

セックスの好みの体位やプレイごとの、男性の性格について解説しました。あなたはどうでしたか?

そして最後に覚えておきたいのが、女性とセックスすると自分の性格が相手にバレる!ということです。

セックス中の女性って意外と冷静で「え?もう前戯終わり?」とか「また体位変えるのか…」とかめちゃくちゃ考えてます。そして終わったら「この人こんな性格だったのね」と裏側を見た気分に。

隠すのも大変ですから、やっぱりセックスは気を許せる相手と思いきりシたいものですね。

セフレを探すならこのアプリがおすすめ!