聞き上手になる方法とは?相手の話を引き出すコツを解説

この記事を書いた人
DARL編集部

モテたいあなたの味方です。

あなたの周りにも、ついつい何でも話してしまう上手に話を聞いてくれる人はいませんか?このような人は特に目立つ訳ではないのですが、いつも人に囲まれ、頼りにされていることが多いです。人の話にじっくり耳を傾ける人は、同性、異性にかかわらず、多くの人から好かれています。
ここでは、話を聞くのが上手い人の特徴や、また話を聞く能力を高める方法について詳しく説明します。

聞き上手とはどんな人?

一般的に聞き上手な人とは、会話にじっくりと耳を傾け、話し手の心情を察し理解しようと努める人のことをいいます。人は、自分の話をしっかりと聞いてもらえると居心地がよく、自分を受け入れてもらえたような安心感を得ることができます。特に女性は、問題の解決方法がほしいのではなく、ただ話を聞いてもらい気持ちをわかってもらえると精神的に落ち着きます。

出会いを探すなら、マッチングアプリがオススメ!(R18)

いつでも好きな時に好きな場所で、異性との出会いを探せるマッチングアプリ。

数あるマッチングアプリの中でも、特にオススメなのが……


テレビや雑誌、インターネットなどで活躍中のメンタリストDaiGo氏が監修しているwith(ウィズ)。

アプリ内で利用者の性格診断や相性診断を行ってくれるのがポイントで、心理学観点から自分と相性ぴったりの異性とマッチング可能です。さらに、好きな食べ物や趣味が同じといった条件のお相手が探しやすいシステムになっているのもおすすめポイント。

緊急事態宣言の収束も発表され、出会いに積極的なユーザーが急激に増えているようです。自分と相性の良い相手を探してデートを思う存分楽しみましょう!

▼withを無料ダウンロード




東京周辺の人には「クロスミー」というマッチングアプリもおすすめです。

クロスミーはGPS機能を使って近くですれ違った異性とマッチング可能なため、活動圏内が一緒でデートなどもしやすい相手を探せるというメリットがあります。

首都圏以外では大阪、神戸、名古屋、福岡、札幌などでも利用者数は増えていますが、地方のユーザーはまだ少なくマッチングしにくいです。

▼クロスミーを無料ダウンロード


他には、サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」もまずは友達関係からスタートしてデートするのに適したマッチングアプリです。

withよりも会員数が多いので、首都圏以外の地方でもマッチングしやすいのがおすすめポイント。こちらも合わせてチェックしておきましょう。

▼タップル誕生を無料ダウンロード


どんなメリットがある?

どのようなときにも周りの人の話にしっかりと耳を傾ける人は、対人関係が自然とスムーズになり、公私ともに多くの人から信頼されるでしょう。周りの人からの信頼があれば、目標達成を応援してもらえたりとさまざまなメリットがあります。ここでは、5つのメリットについて例を挙げて説明しますね。

友達や家族とよい人間関係が作れる

人の話をじっくりと聞ける人は、友達や家族とよい関係を保つことができます。しっかりと子どもの話に耳を傾ける親であれば、子どもはさまざまな問題を抱えても相談しやすくなるでしょう。夫婦の間でも、お互いが時間をつくり、パートナーが抱えている問題をよく聞き把握しようと努力できれば、お互いに対する不満も少なくなります
友達や同僚の話をよく聞く人は、学校でも職場でも頼りにされ、まとめ役になる機会も多いことでしょう。家族や友達は、近い関係だからこそ話さなくてもわかってもらえると思いがちですが、そのような近い関係こそ、話をしっかりと聞くことが大切です。

異性からモテる

性別に関係なく人の話をよく聞く人は、周りの人からとてもモテます。恋の悩みはつきないもの。異性の考えていることがわからないと悩んでいるとき、悩みをじっくりと聞いてくれる異性は相談役として適任です。このような信頼感は好意に変わりやすく、いつの間にか好意を寄せられていたということもよくあること。人の話をしっかりと聞き、適切なアドバイスができる人は、異性にアプローチせずとも自然とモテるようになるのですね。

話す能力も高くなる

話を聞くのが上手な人は、人と話す能力も高くなります。話をじっくりと聞く人は、周りの人から頼りにされ悩みを聞く機会が増え、どのように話せば人に伝わるのかというテクニックが身に付きます。さらに、さまざまな人から話を聞くことで、たくさんの情報を得ることになり、話題も尽きず、聞き手を退屈させません。相談役としても、話し手としても、みんなの中心となることでしょう

自信がつき自己肯定感が高まる

話を聞く能力が高い人は、周りの人から信頼されるので「頼りにされている」と自己肯定感を抱くようになります。学校や職場でも信頼が厚く、先生や上司も「あの人なら」と仕事を任せられることがよくあります。人からいろいろなことを頼まれ、新たなことにもチャレンジする機会が多いので、さらに能力が高まり、いつしか自信へとつながるのです。
周りの人への派手なアピールはなくても、自信に満ち溢れた静かな態度に人は惹きつけられます

問題解決能力が高くなる

多くの人にとって、対人関係の悩みはつきないものです。相談役として人の話をよく聞く人は、さまざまなケースを知るようになります。多くのケースを知っているということは、その解決策や失敗談も耳にしているということ。そのような前例を知っているからこそ、複雑な問題も解決できるようになるのです。
また、解決できないような問題に直面してもひとりで悩むことなく、他の人の力を借りて問題を解決していくことでしょう。さらに、情報の豊富さや人間関係のネットワークの広さにより、問題解決能力はより高まります

聞き上手になるための5つの方法

それでは、話を聞く能力を高めるためには、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?ここでは、5つの方法を詳しく紹介します。

話す相手を心から尊重する

人の話を聞くときは、話し手の気持ちを察し内容に関心を持ちながら聞くことがとても重要です。聞き手の真摯な態度は話し手にも伝わり、ふたりの信頼関係はより強まります。相手の目を見てじっくりと話を聞いてくれる姿勢に、話す相手は「わかってもらえた」と感じるのです。

相槌だけでも相手は気持ちよく話せる

相手の話を聞くときは、話を遮らず聞くことに専念します。人は、話の途中でついつい自分の意見を言ってしまいがち。しかし、聞く能力の高い人は、自分の意見で相手の話を遮ることはありません。「うん、うん、そうだね」と言葉をかけながら話を聞きます。それだけでも、話し手は理解してもらえたと嬉しく感じます。

質問を織り交ぜる

会話をするときは、話の途中で相手へ質問をしながら、内容を要約して理解するといいでしょう。相手が話している最中に気持ちが高ぶり、何を話していたのか迷子になることがあります。このような場合でも、話の流れを理解していれば、論点がわからなくなることはありません。話を聞くのが上手な人は、相手の辛さや憤りを理解しても、冷静に話を聞くように努めているのです

相手の使ったワードを繰り返す

話を上手に聞くために、相手が使ったワードを繰り返すバックトラッキングというテクニックがあります。バックトラッキングとは、日本で言うオウム返しのことを指します。相手の言った言葉をそのまま繰り返すことです。このようなテクニックを使うことで、相手は聞いてもらえてるという満足感を感じながら話すことができるので、会話が一層盛り上がります

話がそれた時の対処法

話が長くなってくると、話の核心からずれてしまうことがよくあります。聞いている人は、話を元に戻すために話を遮ることも時として必要。遮る時は、「否定された」と相手に感じさせないように注意をはらうことが大切です。
例えば、話題の核心をさり気なく質問したり、手を挙げたり体を動かすことで相手の注意を引いてみましょう。話し手の意識が途切れたら、「ところで…」と元の話題に戻します。自分なりに最適なコミュニケーションが図れるよう、さまざまなテクニックを使ってみましょう。

話を上手に聞けるようになると、周りの人との関係がぐっとよくなり、頼りにされていると自分への肯定感も高まり満足できるようになります。この記事で取り上げたテクニックを参考にしながら、周りの友達や家族の話を興味を持って聞いてみてくださいね。多くの人の話を聞くうちに、少しずつ聞く能力が高まってくることを実感できるでしょう。