女心は複雑!恋愛を成功させるために知っておくべき女性の本音と建て前6選

片思いの恋を実らせたり、念願の彼女との恋愛を長続きさせるためには、女心を理解する必要があります。しかしながら、女心は非常に複雑。建て前として思ってもいない言葉を並べ、心の中に本音を隠していることがよくあるのです。

そこで今回は、女性が本音と建て前を使う理由や、恋愛の場面で多くの女性が口にする本音と建て前についてご紹介します。

女心が明らかに!女性が本音と建て前を使う4つの理由

男性に比べて、女性は本音と建て前をよく使います。しかしながら、なぜ多くの女性たちは本音と建て前を使おうとするのでしょうか。その理由として以下の4つが考えられます。

①自分の気持ちを伝えたいけど相手の気分を害すのも嫌

女性はお喋りな上に自分が思っていることを伝えるのも大好きです。自分の思ったことにも自信を持ちます。しかしながら、自分の思ったままの本音を相手に伝えてしまうと、相手が傷ついてしまったり、相手が困惑してしまうこともあります。この場合、本音と建て前を使い、相手へ自分の本心を遠回しに伝えようとします。

たとえば、変わった髪型の男性がいたとして、本音では「変な髪型だな」と思っていても、それを言ってしまうと相手を不愉快にさせて嫌われてしまう可能性があるため、建て前で「個性的でおしゃれだね」なんて言葉に言い換えたりするわけです。一種の社交辞令といえるでしょう。

②男性の前では良い女でいたい

意外かもしれませんが、男性が女性にモテたいように、女性も男性からモテたいと思っています。女性が服装やメイクにこだわるのも、男性ウケを意識しているからです。

そして、多くの女性は見た目だけでなく中身でも男性ウケを狙い、清楚で慎ましく男性を立てるような大和撫子を演じようとします。本音では厚かましく強引なことを考えていても口にせず、建て前で謙虚な姿勢を見せて男性に好印象を与えようとするのです。

女性が同性と異性の前で違う顔を見せるのも、こういった女心が関係しているといえます。

③人間関係に支障をきたさないため

人間関係に支障をきたさないためにも、多くの女性は本音と建前を使い分けます。

たとえば、好きでもない異性から食事に誘われた場合や告白された場合、本音では「行きたくないなぁ」「付き合うなんて無理」と思っていても、それを言うと今後の人間関係に支障をきたしてしまうため、建て前で「予定があって…また今度でもいい?」「今は誰とも付き合う気がないの」なんてことを言うのです。

④恋の駆け引きとして

恋愛中の女性は、好きな男性に対して正直な気持ちを隠そうとする傾向があります。「単純に恥ずかしいから」という女性もいますが、中には遠回しな脈ありサインなどを見せて、あわよくば男性のほうからアプローチしてくるように仕向ける女性もいます。

こういった女性は、恋の駆け引きとして本音と建て前を使い分けるのが上手です。

よく恋愛漫画や恋愛ドラマのでヒロインの女性が「さようなら」なんてセリフを恋人役の男性に言って店を出ていくようなシーンがありますが、これもこの女心に当てはまる本音と建て前。建て前で「さようなら」と言っているものの、本音では「私を引き留めてよ」なんて思っているわけです。

女性が恋愛の場面でよく使う本音と建て前6選

ここからは、多くの女性が恋愛の場面でよく口に使う本音と建て前を6つご紹介していきます。もし女性から以下6つの台詞を聞いたら、その台詞の中には建て前とはまた違った意味の怖い本音が隠されているはずです。女心を理解するためにも是非知っておきましょう。

①「今は彼氏いらない」

この女性は「今は彼氏いらない」と言っていますが、本音では彼氏が欲しいと思っています。好きな男性ができてその男性からアプローチを受ければ、すぐに付き合うでしょう。

相手の男性に遠回しに脈なしを伝えたいため、または恋愛以外でも充実した生活を送っている自分をアピールしたいために、わざわざ「今は彼氏いらない」という建て前を使うのです。

②「私に興味ないでしょ?」

女性から「私に興味ないでしょ?」と言われると、ついドキっとしてしまいますよね。これも女性が恋愛の場面でよく使う本音と建て前です。「私に興味ないでしょ?」というのは男性に意見を求めているようで、本音は「私に興味持ってよ」という要求なのです。

つまり、この台詞を口にする女性は、男性に対して好意を抱いている可能性が高いといえます。

③「何でもいいよ」

「どこ行く?」や「何が欲しい?」などと聞いたときに女性が言う「何でもいいよ」も建て前です。本音では「何でもいい」なんて思っておらず、「私の満足する場所に連れてって」「私の欲しいものを考えて買って」が本音です。

正直な女性の場合は「じゃあ〇〇は?」と提案したら「それは嫌かも」とはっきり答えてくれますが、建て前を突き通す女性の場合は「うん、別にいいよ」といった微妙な態度を見せるのが特徴です。

「何でもいいよ」と言われたら、非常にプレッシャーではありますが、女性のニーズを満たした場所・物を提供してあげる必要があります。

④「怒ってない」

「怒ってない」と言う女性も本音と建て前を使い分けています。「怒っていない」は建前であり、実際は怒っているのです。そして、自分が怒っていることを男性に気付いてほしいと思っています。

本当に怒っていなければ、わざわざ「怒っていない」なんて言わないのが女心。女性から「怒ってない」と言われたら、女性の機嫌が良くなるまで謝り続けるのがベストです。

⑤「最近忙しそうだね」

女性が彼氏や付き合う前の段階にある男性に「最近忙しそうだね」と言うのも建前。一見、仕事を応援してくれているかのように思えますが、遠回しに「私に全然構ってくれない…」という寂しさを伝えているのです。

「最近忙しそうだね」と言う女性が男性に求めているのは「最近構ってあげられなくてごめんね。寂しくない?」と言う回答。女性を気に掛けてあげることが大切です。

⑥「終電大丈夫?」

「終電大丈夫?」という帰りの時間を気に掛けてくれているかのような台詞ですが、女性が男性に言う「終電大丈夫?」は建前です。

本音では早く家に帰りたいと思っているため、終電のことを男性に切り出して解散を早めようとしているのです。つまり、「終電大丈夫?」と言ってくる女性は脈なしであることが多いです。

反対に、脈ありの女性は男性とできるだけ長い時間を過ごそうとするため、終電のことが頭によぎっても、あえて終電の話を切り出さない傾向にあります。

女性の本音と建て前を見抜く方法は?

女性の本音と建て前を見抜くには、女性の表情と声をチェックするのが一番です。女性が建て前で言うことは事実ではないため、本音を隠している後ろめたさやもどかしさから、表情や声に違和感が出ます。

「嬉しい」と言っても声のトーンが低かったり顔が無表情だったり、「嫌い」と言っても声のトーンが明るかったり顔が笑顔であれば、その「嬉しい」や「嫌い」の裏には別の本音が隠されていることになるのです。

女性が本音と建て前を使うのは複雑な女心によるもの

女性の言葉をストレートに受け取ってしまう男性は多いかもしれませんが、女性は無意識のうちに本音と建て前を使って会話するため、女性の言葉を100%真正面から受け取るのは禁物です。女性の表情と声に注目して本音を探り、複雑な女心を読み取ってあげてくださいね。